業界初!端末さえあれば基本料金無料
国内外どこでも好きな時に使えるお手軽WiFi

お役立ちコラム

【メルボルン】WiFi情報・グルメ・スポットを一挙ご紹介!

公開日:2022/02/15

オセアニア

オーストラリア

この記事では、オーストラリアの人気観光都市である「メルボルン」をご紹介♪

メルボルンに限らず、海外旅行時にポケットWiFiを持参することは必須ですが、現地のインターネット状況などもできる限り調査してみました。

おすすめグルメ、おすすめスポットと一緒に併せてご覧いただければと思います。

因みに、Trip WiFiなら、メルボルンを含むオーストラリア全土で「1GB/1,100円」でご利用可能。

他社ポケットWiFiと比較した料金比較については、以下の記事から飛んでいただけます。

【オーストラリア】WiFiは必要?海外ポケットWiFi【7社比較】

「メルボルンの情報を先に知りたい」という方は、このまま本文へとお進みください♪

メルボルンってどんな所?

  • 都市名   :メルボルン市
  • ローマ字表記:Melbourne
  • 位置    :オーストラリア南東部
  • 面積    :9,992 km²
  • 人口    :507.8万 (2019年)

 ※情報出典元:Wikipedia

メルボルンは、「ガーデンシティー」と呼ばれる豊かな緑が有名な、オーストラリアの第二都市。

オーストラリア都心部からのアクセスも容易なので、オーストラリア旅行を計画している方の殆どが、メルボルンを訪れていることでしょう。

グルメやファッション、スポーツ、アートなどの発信地としてだけではなく、歴史的な建築物が立ち並ぶクラシカルな街並みもメルボルンに訪れる人々を魅了します。

また、英誌「エコノミスト」が選出する「世界で最も暮らしやすい都市ランキング※1」でも、堂々の1位を獲得したことでも有名です。

※1:世界140都市を対象に政治・社会的安定、犯罪率、医療の質、文化活動、環境、教育、インフラの整備等を点数化してランク付けしたもの。

友人、恋人、家族、一人旅。

同じメルボルン内でも、目的によって場所を変えて、何度でも楽しむことができるでしょう。

メルボルンのインターネット事情を知ろう

メルボルンでは、街中の至る所に無料で使えるWiFiスポットが設置されており、インターネット環境はとても充実しています。

カフェやレストラン、ホテルなど、観光客が訪れる様々な場所にフリーWiFiがあり、その場所は年々増加しています。

また、メルボルン内には政府が提供しているフリーWiFiサービスがあります。

メルボルンのあちこちでよく見かける「Vic Free WiFi」というフリーWiFiです。

メルボルン内だけしか観光しないという方は、このVic Free WiFiを利用すれば、主要観光場所でWiFiへの接続が可能になります♪

しかし、これらのWiFiスポットは、速度が遅かったり、通信が不安定だったりするのが特徴です‥‥‥。

常に安定した回線を使いたい方や、不特定多数の方と同じ回線を使用するセキュリティ面に不安が残る方は、日本から事前にポケットWiFiを用意して持参しましょう。

Vic Free WiFi

  • 「Vic Free WiFi」の目印を見つける
  • 「Vic Free WiFi」のSSIDを選択
  • ログイン画面に移行
  • Acceptをタップして使用開始

上記が、Vic Free WiFiを利用するための主な手順になります。

2016年9月より提供されているフリーWiFiサービスで、メルボルン市内やベンディゴ、バララットの各所でフリーWiFiに繋げることができます。

フリーWiFiが使用できるスポットの地図は、公式サイトよりご確認ください。

繋ぎ方はとても簡単で、Vic Free WiFiというSSIDを指定してAcceptをタップするだけ。

電話番号やメールアドレスなど、入力作業が発生しないのでとても使いやすいと思います。

しかし、デバイスごとに一日あたり1GBまでの利用限度が設けられているので注意が必要です。

メルボルンのおすすめグルメならココだ!

メルボルンでは、おすすめのレストランが沢山あります♪

食の都ならではの、新しいスタイルの料理が次々に生まれているのです。

中でも、Southbank(サウスバンク)のヤラ川沿いが、新しいスタイルの料理を探しに訪ねるのにも最適の場所。

各国料理の長所を融合した、「オーストラリアンキュイジーヌ」を存分に味わえるでしょう。

今回は、数あるレストランの中から絶対外さない一押し店舗をピックアップ!

Ludlow Bar & Dining Room

Photo by @ludlowbar

モダンヨーロピアンを楽しめるリバーサイドのダイニング、「Ludlow Bar & Dining Room(ラドロー・バー・ アンド・ ダイニングルーム)」

季節の食材を目や舌で堪能できる、モダンヨーロピアンなオリジナルスタイル料理を提供しています。

ヤラ川と広がる街並みを眺められる、テラス席は事前予約がおすすめ

お酒にぴったりの軽食からコースまで、様々な食事のシーンを楽しめますよ。

Vue De Monde

Photo by @vuedemonde

グルメ誌でトップに選ばれた、「Vue De Monde (ヴュー・デ・モンド)」

洗練されたインテリアが特徴的で、大人でシックな雰囲気のフレンチレストランです。

リトルタワー展望台にあり、メルボルンの全景を楽しみながら食事を満喫できます。

アラカルトメニューを始め、テイスティングスタイルのコースメニューも充実。

大切な人や自分へのご褒美に、訪れてみてはいかがでしょうか?

ドレスコードはフォーマルに決めて行くのが望ましいです。

No.35

Photo by @no35restaurant

メルボルンで一番高い位置にある、「No.35 (ナンバー35)」

Sofitel Hotel(ソフィテルホテル)の35階にあり、高層フロアからメルボルン市街を一望できます。

毎週日曜には「ジャズブランチ」を楽しむことができ、季節の食材を使用するメニューがおすすめ。

大きな窓から光が注ぎ、日中のメルボルン市街を楽しめるランチ。

ロマンチックに煌びやかな夜景を堪能できるディナーなど、どちらの時間帯に行っても思い出に残るレストランです。

メルボルンの定番・おすすめスポットは?

メルボルンには、訪れるべき観光スポットが沢山あります。

ヨーロッパ調の歴史的建造物や、緑豊かな公園施設。

都会でありながらも穏やかな雰囲気が流れる、魅力溢れるスポットばかりです。

全てを紹介することができないので、今回は筆者おすすめのスポットをピックアップ。

是非、メルボルン旅行の参考にしてください♪

Great Ocean Road

Photo by @greatoceanroad

世界一美しい海岸道路、「Great Ocean Road(グレート・オーシャン・ロード)」

メルボルン郊外にある、世界で最も眺めの良い海岸道路の一つです。

有名なサーフビーチや、綺麗な海の景色は勿論、コアラやカンガルーなどの様々な動物の生息地としてもよく知られています。

また、この道を車が駆け抜ける姿があまりにも美しいことから、世界中の自動車メーカーがCM撮影に訪れているのだとか。

メルボルンに訪れた際は、レンタカーを借りて駆け抜けてみてください。

特に夕暮れ時のドライブは、息を飲むほどの美しさです。

Eureka Skydeck 88

Photo by @wendywonderstruck

メルボルンを360度眺望できる、「Eureka Skydeck 88(ユーレカ・スカイデッキ88)」

297mを誇る超高層ビル、「EurekaTower(ユーレカ・タワー)」の88階にあります。

南半球で一番高い展望デッキとして知られ、見晴らしのよい昼間の景色からロマンチックな夜景まで、街の様々な表情が。

また、展望台には「ジ・エッジ」という前面ガラス張りのエッジに入るアトラクションがあります。

足も竦むほどのスリルですが、そこから眺める絶景を味わってみては?

Flinders Street Station

Photo by @schtiviesnaps

メルボルンのシンボル、「Flinders Street Station(フリンダース・ストリート駅)」

国内初の駅として知られ、エドワード王朝風の豪華な駅舎で作られています。

エントランスに掛けられた9つの時計は、フリンダースストリート駅を発車する各線の出発時刻を指しており、現在も使われています。

夜のフリンダースストリート駅はライトアップもされ、さらに迫力が増します。

メルボルンに滞在中は、是非沢山利用してくださいね。ワイヤ0

メルボルンに必要な持ち物リストを公開!

メルボルン旅行前は、持ち物のチェックリストを作って確認しよう!

必要な持ち物には人それぞれ差が出ると思いますが、一般的に必要とされる持ち物をピックアップしてみました。

海外旅行時は、国内旅行時よりも事前準備が大切ですから、参考にしてみてください。

貴重品類

  • パスポート
  • ビザ
  • 航空券
  • 現金
  • クレジットカード
  • 海外プリペイドカード
  • 海外旅行保険証各種乗車券 etc

メルボルン以外でも、日本国外へ出る時は「パスポート」が必須!

有効期限が十分に残っているかどうか必ず確認しましょう。

また、旅行が決まってからパスポートを申請すると、申請のタイミングで間に合わない時も‥‥‥。

余裕を持って事前に発行しておくのがおすすめです。

ビザは渡航先によっては必要な場合があるので、事前によく確認しましょう。

現在、日本国パスポートを所持する日本人が観光目的で外国を訪問する際、多くの国ではビザの取得は免除されています。

しかし、メルボルンへの入国にはビザの取得が必要です。

3カ月以内の滞在であれば、通称【ETA】と呼ばれる、簡単な手続きで取得できる電子ビザを取得すれば問題ありません。

渡航目的によってビザの種類が異なるので、渡航前にはしっかりと確認しておきましょう!

服・鞄類

  • スーツケース
  • 観光用バッグ
  • エコバッグ
  • セキュリティポーチ
  • 羽織物(上着)
  • 着替え
  • 下着
  • 靴下 etc

メルボルンはわかりませんが、海外の一部空港では、開披検査が行なわれる場合があります。

アメリカではTSAロック以外の鍵がついたスーツケースの場合、ロックを切断、または破壊されることも‥‥‥。

そのため、渡航先によってはスーツケース選びが必要な場合があります。

また、観光用バッグには、防犯の為、ジッパー+αの留め金、内側にもジッパーのついた内ポケットのついているバッグがおすすめです。

リュックは貴重品を入れるのには不向きなので、服の下に身に着けられるセキュリティポーチも用意しておきましょう。

羽織物や靴は必需品ではないかもしれませんが、観光するスポットが多くなる方はスニーカーを持参するのもおすすめです。

羽織物は、メルボルンに渡航する際の気候・季節に合わせて用意してくださいね。

日用品類

  • 歯ブラシ、歯磨き粉
  • シャンプー、リンス、石鹸
  • 医薬品、サプリメント
  • ティッシュ(ウェットティッシュ) etc

歯ブラシや歯磨き粉などのオーラルケアグッズ、シャンプーやリンスなどのバスグッズは、海外のホテルでは備え付けられていない場合があります。

メルボルンで滞在するホテルに確認することも大事ですが、備え付けられていても海外製のものは成分が強いので身体に合わない可能性も‥‥‥。

そのため、普段から使い慣れているものを持参すると安心です。

また、医薬品・サプリメントなどの常備薬も必ず持参してくださいね。

電子機器類

  • スマートフォン
  • ポケットWiFi
  • 各種充電器
  • 海外用電源プラグ変換アダプター

スマートフォンは、連絡機能だけではなく、思い出を残すカメラや、旅行費用を計算する電卓、そして時計としても使用することができます。

しかし、海外旅行では、スマートフォンが盗難に遭う確率がグッと上がります‥‥‥。

スマートフォンを置き忘れた際、律儀に警察や施設の窓口などに届けてくれることはあまりないでしょう。

また、メルボルンでのインターネット事情の項目で少し記載していますが、メルボルンで日本と同じように快適なインターネットを利用する場合、ポケットWiFiが必須です。

観光地にある飲食店や、観光施設でもフリーWiFiを提供しているところがありますが、セキュリティという観点から見ても日本から持参することをおすすめします。

快適なメルボルン旅行には、「Trip WiFi」

いかがでしたか?

日本からも比較的近く、オーストラリアのなかでも人気の高い旅行地、「メルボルン」。

日本と同じように四季がありますが、日本の季節とは逆に季節が巡ります。

9〜11月が春、12月〜2月が夏、3〜5月が秋、6〜8月が冬だと覚えておきましょう。

おすすめの時期は、穏やかな春と紅葉が楽しめる秋です。

冬は日本ほど寒くありませんが、夏は夜に冷えることもあるので羽織物を持参するといいでしょう。

今記事でご紹介したグルメやスポット以外にも、魅力溢れる場所が沢山なので、気軽に海外旅行ができるようになった際は是非メルボルンを訪れてみてください。

そして、メルボルンに行く時に欠かせないポケットWiFiで、レンタルWiFiを選ぶのは卒業しよう!

これからの時代は、自分のWiFiを自由に使う時代です。

Trip WiFiは基本料金無料で、メルボルンだけに関わらず世界中の国や地域で利用することできる他、同一エリア内であれば、周遊しても追加料金がかかりません。

もちろん、日本国内でもお得に利用できますよ♪

「いつでも」「どこでも」「使いたい時に」「使いたい分だけ」

詳細が気になる方は、是非上記ページからご覧ください。

Trip WiFiがあなたの生活の一部となり、メルボルンでの時間を快適に過ごす必需品となれば幸いです。

お役立ちコラム TOP

お役立ちコラム

Page Top