業界初!端末さえあれば基本料金無料
国内外どこでも好きな時に使えるお手軽WiFi

ベルギーの国旗

ベルギー旅行で使える!グローバルなWiFiならTrip WiFi

ベルギーの観光地【ブリュッセルエリア】

【ブリュッセルエリア】

グラン・プラスの写真

グラン・プラスの写真

世界遺産

グラン・プラス
La Grand-Place

1998年に世界遺産に登録されたベルギーで一番人気のある観光スポットです。

続きを読む

中世の建物に囲まれた石畳の広場で11~12世紀には市場の開かれる場所として栄え、組合(ギルド)の建物が並んだことからこれらの建物はギルドハウスと呼ばれています。またこの広場は19世紀の作家ヴィクトル・ユゴーが「世界でもっとも美しい広場」と称賛したと言われています。「グランプラス」周辺には、15世紀に建てられた「ブリュッセル市庁舎」や、市立博物館として利用されている通称「王の家」があるので、時間がある方はぜひ見学してみてくださいね♪

 

小便小僧の写真

小便小僧の写真

小便小僧
Manneken Pis

「小便小僧」の本家がブリュッセルにあります!

続きを読む

像の由来については諸説ありますが、ブリュッセルが敵軍に包囲された際、敵の火薬の導火線におしっこをかけて火を消し、町を救ったブラバン公の王子が由来になっているとも言われています。実は小便小僧、ブリュッセル最長老市民でもあり「ジュリアン君」という名前まであるんです。このジュリアン君はかなりおしゃれさんで世界各国から贈られたコスチュームは今では900着以上!中には日本の消防士のコスチュームもあるんですよ♪

アトミウムの写真

アトミウムの写真

アトミウム
Atomium

鉄の結晶を1,650億倍に拡大した形をしており、各ボールの直径は18m、「アトミウム」の高さは102mです。

続きを読む

1958年の国立万博会の際に造られたモニュメントで、内部に入ることも可能なんですよ♪博覧会終了後も建物は保存され、今ではブリュッセルの街並みを一望できる観光スポットとしてとても人気が高いのです♪

ギャルリー サンチュベールの写真

ギャルリー サンチュベールの写真

ギャルリー サンチュベール
Les Galeries Royales Saint-Hubert

1847年完成のヨーロッパでもっとも古いショッピングアーケードの1つです。

続きを読む

チョコレートショップやカフェ、高級ブランド店を中心に全長213mのアーケードが続いています。完成当時の19世紀は富裕層限定のアーケードだったため、当時の富裕層の優雅な暮らしを垣間見ることができます。

サンミッシェル大聖堂の写真

サンミッシェル大聖堂
Saint Michael and Saint Gudula Cathedral

縦幅114m、横幅57m、高さ64mという壮大な教会は、1226年に着工し、約300年後の15世紀に完成しました。

続きを読む

首都ブリュッセルの市街中心部にある、高さ69mの2つの塔を持ったゴシック様式の聖堂です。
1516年にローマ皇帝カール5世の戴冠式が行われたほか、ベルギー王室との繋がりも深く、第5代国王ボードゥアン1世とファビオラ王妃、近年ではフィリップ国王とマティルド王妃の結婚式も行われました。王家、国民がともに集うベルギー王国にとって大切な位置づけの教会なのです。また、内部の説教壇や1200にもおよぶステンドグラスは必見です。

芸術の丘の写真

芸術の丘
Mont des Arts

ブリュッセルの街を一望できるスポットです。

続きを読む

周囲にあるのは「古典美術館」や「世紀末美術館」など合わせて6つの美術館からなる「ベルギー王立美術館」、ベルギーの歴史について学べる「ベルギー国立公文書館」、ベルギーの映画史を学べる「ベルギー王立映画資料館」など。アート好きにはたまらないスポットです。

その他の観光地

  • マグリット美術館

ベルギーの観光地【ブルージュエリア】

ブルージュエリア

ブルージュ歴史地区の写真

ブルージュ歴史地区の写真

ブルージュ歴史地区の写真

世界遺産

ブルージュ歴史地区
Historic Centre of Brugge

水の都・古都ブリュージュの中世ヨーロッパの街並みが美しい歴史地区です。

続きを読む

13世紀から14世紀にかけて交易で栄えていましたが、運河が土砂で埋まったことにより交易が途絶え、時が止まったかのように当時の風景がほぼそのまま残っています。
ブルージュの魅力を堪能する方法の1つとして「運河クルーズ」があります。市内に5か所あるボート乗り場から約30分の運河クルーズを楽しむことができます。春から秋にかけての季節限定運航なのでぜひ体験してみてくださいね☆

マルクト広場の写真

マルクト広場の写真

マルクト広場
The Markt

ヨーロッパで五指に入る美しい広場と言われています。

続きを読む

広場の目印とも言える高さ83mの「鐘楼」からはブルージュの町を一望することができます。366段のらせん階段をのぼるのは大変ですが、のぼる価値のある景色です。切妻屋根のレストランやカフェがずらりと並び、天気の良い日は花壇のあるテラス席が多くの人で賑わいます!

ベギン会修道院の写真

ベギン会修道院の写真

世界遺産

ベギン会修道院
The Princely Beguinage Ten Wijngaarde

中世のヨーロッパでは、女性は結婚するか修道女になるほか生きていく術はありませんでした。そこで12世紀のベルギーで、女性の自立支援のために女性だけで組織された共同体がベギン会でした。

続きを読む

彼女たちは修道女として勤めつつ、一方では俗世と接することで、半聖半俗の共同生活を送る新しい生き方を実践していました。日中はレース編みをしたり、街に出て家事労働や家庭教師などで働き、夜は再び修道院での共同生活に戻りました。修道院内にある小さな博物館では当時の女性の暮らしぶりを実際に見ることができます。春には庭に水仙が咲き乱れ、美しい風景を楽しめますよ。

愛の湖公園(ミンネワーテル公園)の写真

愛の湖公園(ミンネワーテル公園)の写真

愛の湖公園(ミンネワーテル公園)の写真

愛の湖公園
(ミンネワーテル公園)
Minnewater Lake

社会の掟に阻まれて結ばれなかった若い男女が、最後に湖に身を投げて心中するという伝説があります。

続きを読む

この「愛の湖」を現地では「Minnewater」と呼びます。「Minne」にはもともと古いオランダ語で「愛」と「共有」のふたつの意味があります。そしてこの湖には、もともと「共有の水」の方の意味で使われていましたが外国語に訳された際に誤訳で「愛」の意味で訳され、観光業者もせっかくだからと、そのまま意図的に使っていったようなのです。白鳥が羽を休める姿が見られ、今では恋人たちのデートスポットとしても人気があります♡

ベルギーの観光地【アントワープエリア】

【アントワープエリア】

ノートルダム大聖堂の写真

ノートルダム大聖堂の写真

ノートルダム大聖堂

「フランダースの犬」のラストシーンの舞台にもなったことでも知られています。主人公のネロが見たがっていた、画家ルーベンスの名画も飾られています。

続きを読む

日本では有名な『フランダースの犬』ですが、ベルギーでは最近まであまり広く知られた物語ではなかったそうです。『フランダースの犬』の作者がイギリス人で、ベルギーでは本になっていなかったのだとか。また、あまりにも悲しい結末であるがゆえに、ベルギーの人々にはあまり好まれていないのだそうです。大聖堂の中はとても広く、美術館であるかのような多くの絵画が飾られています。ルーベンスの傑作とされる祭壇画の前にはいつも多くの人が集まっています。

グローテ マルクトの写真

グローテ マルクトの写真

グローテ マルクト
Grote Markt

続きを読む

広場の中心にある噴水の像は、悪事をくりかえす巨人を倒した青年ブラボーが、巨人の手を切り落とし川に投げいれたというワンシーンを描いたものです。このエピソードから、「手(ant)を投げる(werpen)」というオランダ語が由来して「アントウェルペン(“アントワープ”のオランダ語読み)」になったという説もあります。

アントワープ中央駅の写真

アントワープ中央駅の写真

アントワープ中央駅
Antwerpen-Centraal

1895年から1905年にかけて建設された、「鉄道の大聖堂」の異名をとるほど世界でもっとも美しいと言われる駅です。

続きを読む

1998年には、高速列車が折り返し運転をせずに済むよう、通過式の駅にするための大規模な改良工事が始まり、2007年からは地下にも列車が通るようになりました。現在のアントワープ中央駅は、近郊線や都市間鉄道、高速列車などが地上階と地下1階、地下2階に分かれたホームを列車が行き来するという珍しい構造になっています。また、プラットフォームの真下にはいくつかのカフェやショップが立ち並び、簡単な軽食やお土産の買えるお店もあります。中でも王室をイメージしたといわれる「ロイヤル・カフェ」は高い天井と白を基調とした装飾が美しくとても人気のあるカフェです。ちょっと豪華な朝食セットも8.5ユーロ程で食べることができるので気になる方はぜひ立ち寄ってみてくださいね♪

ベルギーの観光地【アルデンヌエリア】

アルデンヌエリア

アンヌヴォワ城の写真

アンヌヴォワ城
Château d'Annevoie

庭園で有名なお城で、フランス式、イタリア式、イギリス式の3つの異なる方式で造営されています。広大な敷地には、扇のように開く噴水、自然を模した滝、優雅な水階段、湧き出る泉、大水路など水を駆使したさまざまなスタイルの庭が組み合わされ、美しい統一感を見せています。春から夏にかけて庭園はさまざまな花で埋め尽くされます。この庭園のすごいところは、250年以上にわたり水が自然の姿で流れている点です。機械装置に頼ることなく、自然にできた土地の起伏で流れを作っており、噴水も機械装置に頼らず、当時の仕組みで吹き上がっているんです。

ディナンの写真

ディナンの写真

ディナン
Dinant

サックスの発明者「アドルフ・サックス」や日本でも人気のビール「Leffe」の発祥地であり、渓谷に囲まれたまるで絵のような美しい街です。

続きを読む

ムーズ川沿いを少し歩いたところにあるアドルフ・サックス通りでは、サックスのオブジェが立っていたりと、街の人々の「アドルフ・サックス」に対する誇りを感じることができます。また、「アドルフ・サックス」がサックスを持ってベンチに腰掛けている銅像も置いてあったりと、ディナンの街中にはいたるところにサックスが飾られています。
サックスだけではありません。ディナンは『クック・ド・ディナン (couques de Dinant) 』という古代ローマ人が好んだというライ麦粉にハチミツと羊のチーズなどを加えて作った平たいビスケットが名物でもあります。中世になりディナンのパン職人が改良し、小麦とハチミツのみで作るようになりました。サックスやお花、動物、景色‥色々な形のクック・ド・ディナンがあるのでお土産にも喜ばれそうですね!ぜひ味わってみてください♪

デュルビュイの写真

デュルビュイ
Durbuy

世界一小さな街として、ギネスブックにも認定されています。石造りと石畳が特徴のこの町は、まるでおとぎ話の絵本の中にいるような気分になれます。

続きを読む

デュルビュイの街の面積はたった2ヘクタールほど。15分もあれば町全体を一周することができます!そんな山奥の街に多くの人が訪れるのは深い森の中にひっそりと佇む、中世から持つ変わらない美しさが多くの人の興味を惹きつけているからなんです。また、街中には皇太子夫妻も訪れた名門レストラン「ル・サングリエ・ザルデンヌ(Le Sanglier Des Ardennes)」があります。おすすめは日によって変わるコース料理!デュルビュイに行った際はぜひ立ち寄ってみていただきたいレストランです♪

ベルギーの観光地【ゲントエリア】

  • 神秘の子羊

ベルギーのグルメ

ベルギーワッフルの写真

ベルギーワッフル

ベルギーワッフルには「リエージュ風」と「ブリュッセル風」の2種類があります。リエージュ風は、日本でもお馴染みの”丸くてしっかりした生地のワッフル”。砂糖のつぶの食感があり、トッピング無しで食べ歩きするのにぴったりです。そしてブリュッセル風は、”四角くサクサク、中はふんわりした優しい味のワッフル”。たっぷりトッピングしてもペロリと食べられてしまいます♡ブリュッセルの老舗「Maison Dandoy」ギャルリー・サンチュベール店ではリエージュ風とブリュッセル風ワッフルの両方を楽しむことができます。人気のお店なのでいつも混み合っていますが、日本語のメニューもあるので気軽に注文することができます♪

フリッツの写真

フリッツ
Frietjes

フリッツとはフライドポテトのことで、実はベルギーはフライドポテト発祥の国なんです!ベルギーポテト用に作られたじゃがいもを使い、二度揚げされたポテトは外はサクサク、中はホクホク♪ベルギーではマヨネーズをつけて食べるのが一般的で、レモンマヨネーズやトリュフマヨネーズなど、種類もさまざま。街のいたるところでフリッツスタンドを発見することができますが、特にオススメはグランプラスのすぐ近くにある「Fritland」!いつも行列の絶えない人気店です☆値段もリーズナブルなので、ぜひ揚げたてのフリッツを味わってみてください!

ムール貝の白ワイン蒸しの写真

ムール貝の白ワイン蒸し

ベルギー料理の代表は、なんと言ってもムール貝の白ワイン蒸し。ベルギーは北海と隣接していることから、獲れたての新鮮なムール貝を味わうことができます。なんとベルギーの人は1人で小鍋1つ分(1キロほど)食べてしまうそうなんです!ボリューム満点に見えますが、食べ始めると止まらなくなる美味しさ☆ベルギーのムール貝は1年中楽しむことができますが、秋と冬が一番美味しい時期です。

カルボネード・フラマンドの写真

カルボネード・フラマンド
Carbonade flamande

水は使わず牛肉をビールだけで煮込んだベルギーの郷土料理です。見た目はビーフシチューのようですが、とろみはあまりなく、ビールの芳醇な香りと、時間をかけてゆっくり煮込んだ牛肉は、口の中でほろほろにとろけます。有名な料理なのでベルギーのほとんどのレストランで見つけることができますよ。

アンギーユ・オ・ヴェールの写真

アンギーユ・オ・ヴェール
anguilles au vert

小さく切ったうなぎを、パセリ、セルフィーユ、エストラゴンなどのハーブ類や、ほうれん草と一緒に白ワインなどで長時間煮込んだ料理です。

フィレ・アメリカンの写真

フィレ・アメリカン
filet américain

ベルギー風のタルタルステーキのことです。生の牛肉にスパイスやマヨネーズなどを混ぜてタタキ(ペースト状)にした料理。フランス料理のタルタルステーキと違い、マヨネーズが入っているところがベルギー流です。さまざまな食べ方がありますが、おすすめはフランスパンの上にのせる食べ方です♪

クロケット・オ・クルベットの写真

クロケット・オ・クルベット
Croquettes aux crevettes

クロケット・オ・クルベットとは小エビの入ったクリームコロッケのことです。さくさくのクリームコロッケの中に、小エビの旨味がぎゅっとつまっていて、濃厚な美味しさ。エビ以外の具材はほとんど入っておらず、小さなコロッケにエビが丸ごとゴロゴロ詰まっていて、エビの美味しさを十分に楽しむことができます。日本ではコロッケにはソースやケチャップをつける人が多いですが、小エビの味自体が濃厚なので、ソースは必要有りません。

その他のグルメ

  • ワーテルゾーイ
  • ブレ・ア・ラ・リエジョワーズ

ベルギーの
お土産・ショッピング

チョコレートの写真

チョコレートの写真

チョコレート

ベルギーといえば、世界トップクラスのチョコレート大国で、日本人におすすめの人気チョコレートショップが数多く立ち並んでいます。有名どころでいえば、高級チョコレートの代名詞である「GODIVA」やチョコレートの中に詰めるプラリネというクリームを発明した王立御用達ブランド「ノイハウス」、超有名店「レオニダス」など。日本ではあまり知られていないチョコレートもたくさんあります。いろいろ食べ歩いて、お気に入りのチョコレートを見つけてみてくださいね♪

ベルギービールの写真

ベルギービールの写真

ベルギービールの写真

ベルギービール

ベルギービールのレパートリーは世界一だと言われており、なんと800種類もの味があるんです。ベルギーは、ヨーロッパの他国に比べて良質ホップが少なく、これが奏功してさまざまなハーブ、フルーツなどが多用されてバラエティーに富んだビールが発展したと言われています。人気ブランドとしてデュベル(Duvel)、ヒューガルデン(Hoegaarden)などがあります。日本では手に入らない現地ならではのビールをお土産にするのも良いですよね♪

ベルギーレースの写真

ベルギーレース

「糸の宝石」と言われるほど美しい、ベルギーを代表する伝統工芸品です。ベルギーのブルージュはレースの街として有名で、街中にはたくさんのレース屋さんがあります。特にボビンレースが特産品で、職人による一針一針の丁寧な手仕事には圧巻されます。ブリーチなどに加工されて売られていたり、テーブルクロスもあります。こどものワンピースや可愛いレースを襟元につけるのもオススメです♡

その他のお土産・ショッピング

  • キュベルトン
  • トリュフ入りマヨネーズ

ベルギーの行事

オメガング
(毎年7月)

ベルギーの伝統的なコスチュームを着る約1400人の出演者と光、音、アニメーションにとって中世の世界が再現される盛大なお祭りです。さまざまなパフォーマンスもあり、フィナーレには花火が上がります!

トゥモローランド

世界中から有名DJやプロデューサーを集めて開催される、世界最大のエレクトロニカミュージックフェスです。

バンシュのカーニバル
(2月下旬)

カーニバルは3日間朝から深夜まで続きます。 最終日の夜明けに「ジレ」と呼ばれる仮面をかぶった男達が登場します。ジレが投げるオレンジにぶつかるのは豊潤と幸運の証と言われています。

ベルギーの基本情報

ベルギーの国旗

ベルギー王国 Kingdom of Belgium

成田から直行便あり

直行便で約12時間

ベルギーとの時差は-7時間

首都

ブリュッセル

最大都市

ブリュッセル

人口

約1,149.2万人

通貨

1ユーロ(€)=約116.34円(2020年4月現在) ※ミネラルウォーター500ml=1.5~2.5ユーロ(175~290円)ぐらい

言語

オランダ語(フラマン語)、フランス語、ドイツ語

ベルギーのWiFi事情(フリーWiFiなどの設備状況など)

空港には、フリーWi-Fiがありますが、登録が必要で、最初の1時間のみが無料でその後は、クレジットカードに課金されます。
その他ホテルやカフェ、多くの街の広場などで、市が運営するフリーWi-Fiにアクセスすることができるようになりつつあります。各行政区のホームページなどで、市などが提供するフリーWi-Fiの情報を閲覧できます。
ただし駅や、電車内、バスなどの交通機関ではフリーWi-Fiはほとんど利用できません。
ちなみに、フランス語やオランダ語では、Wi-Fiは、「ウィフィ」と発音され、英米語風に「ワイファイ」と言っても通じない場合もあるのでご注意ください!

ベルギーでのWiFi利用料金

  TripWiFi 有名WIFIレンタル会社B社 国内有名キャリアA社
料金・日数 1GB 1,000円/7日間 500MB 1,580円/1日×7日間 約24.4MB 1,980円/1日×7日間
合計 1,000円 11,060円 13,860円

ベルギー旅行のベストシーズン

6~8月がオススメ!日本ほど暑くならず、カラッとしていて過ごしやすいので観光には最適です。

※横にスクロールできます

ブリュッセル

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(最高) 5 5 9 12 17 19 22 22 18 14 8 6
平均気温(最低) 1 0 3 4 8 11 13 12 11 7 3 2

Page Top