業界初!端末さえあれば基本料金無料
国内外どこでも好きな時に使えるお手軽WiFi

ボリビアの国旗

ボリビアで使える海外WiFiならレンタルと比較して安いTrip WiFi

ボリビアのWiFi事情(フリーWiFiなどの設備状況など)

エル・アルト国際空港ではフリーWiFiが提供されていて5~10分程の利用が可能です。
空港にはカプセルホテルがあり、利用される場合は専用WiFiがあるので快適に通信できます。

ラパスの街中でもカフェやレストラン・ホテルでフリーWiFiが提供されています。
他都市になると通信環境はあまり良くないのでフリーWiFiが提供されていても不安定なことが多いです。

現地SIMカード2GB20ボリビアーノ~
空港のショップで購入可能です。

ボリビアで使える海外WiFiブランド

ブランドキャンペーン・商品情報

宅配送料0円
クラウドSIM搭載
海外マルチキャリア

空港受取手数料0円
宅配送料0円

空港受取手数料0円
宅配送料0円
直前申し込みOK!

空港受取手数料0円
宅配送料0円
商品手配手数料0円

レンタル携帯電話料金10日間無料
キャンペーン実施中。

空港受取手数料0円
宅配送料0円
無料返却パック付

早割10%OFF
※1ヵ月前の予約

現地でのWiFi使用料金プラン

1GB:1,900円

400MB:1,580円
※3Gプランのみ

300MB:1,970円
※3Gプランのみ

1GB:1,880円

無制限:1,990円/日
※3Gプランのみ

500MB:1,180円

7日間
⇒1,900円

7日間
⇒11,060円

7日間
⇒13,790円

7日間
⇒13,160円

7日間
⇒13,930円

7日間
⇒8,260円

アメリカエリア内での周遊料金

0円/7日

周遊可能国

  • ペルー
  • チリ
  • コスタリカ
  • エクアドル

1,880円/3日
※400MB
プランのみ

2,180円/日〜

1,880円/日
※国により3G回線

1,990円/日
※3Gプランのみ

1,180円/日
※500MB
プランのみ

ボリビアでおすすめのWiFi

ボリビアへ行く際、ポケットWiFiをレンタルする人は多いと思いますが、海外でネットを使う手段の一つとしておすすめしたいのが
「クラウドSIM搭載のポケットWiFi」を購入することです。


「クラウドSIM」とは、今話題になっているWiFiサービスで、SIMカードが不要で全世界100カ国以上で使用することが可能となっています。


比較表でご紹介しているTrip WiFiなら、クラウドSIMなので回線の自動最適化で、国内以外の海外のどこでも快適に利用することができます。


「電波の受信強度」「通信の安定性」「使用データ量」などのあらゆる条件をふまえたうえで、その場所・時間帯・利用状況における最適な回線を自動割当してくれます。


初回に端末を購入する必要があるので、初期費用が高いと思う方もいるかもしれません。


しかし、他社の海外WiFiで日毎にWiFi利用料がかかることや、手続きの煩わしさ、一度購入してしまえば海外だけに止まらずに国内でも利用できるという点をみれば、とても魅力的なWiFiではないでしょうか?

ボリビアでの利用可能都市

Trip WiFiが利用できる、ボリビアのメインエリアは以下の通りです。

  • ラパス
  • ウユニ
  • etc

※ボリビアに属する島や標高が高い山以外であればご利用が可能ですが、ご利用になりたい都市が上記項目になく事前に確認したい場合はお問い合わせをいただけますようよろしくお願いいたします。

メールでのお問い合わせ

チャットでのお問い合わせ

端末申し込みから利用開始までの手順について

1お申込み・決済

まずはTrip WiFiの公式サイトへアクセスしお申込みを完了させてください。
各項目に従って必要情報を入力するだけなので、そこまで手間はかからないでしょう。
お支払方法はクレジットカード決済のみとなっています。
取扱いカードは比較表にも記載させていただいておりますが、 「VISA」「Mastercard」「JCB」「AmericanExpress」「DinersClub」となっています。

お申込み・決済

2宅配で端末を受取

TripWiFiは、レンタルではなく端末の購入なので、空港などでの受け取りは行なっておりません。
ご自宅や、指定した場所へ宅配でお届けいたします。
送料は無料で、当日15時までのご注文で当日発送をしています。
スピーディな対応を行なっていますが、宅配業者側での遅れなどを考慮して、
出発日までには余裕をもった注文を行ないましょう。

宅配で端末を受取

3アプリインストール

  1. TripWiFiを箱から出す
    1. TripWiFiの電源を入れてください。
      (電源ボタン3秒間長押し)
    2. ※電源が入ってすぐの動作が遅い場合があります。最大10分程度かかります。



  2. アプリのダウンロード
    1. Trip WiFiのホーム画面にあるQRコードをスマートフォンでスキャンして「Trip WiFiアプリ」をダウンロードしてください。
    2. ※QRコードをスキャンしてもアプリがダウンロードできない場合は、アプリストア「TripWiFiアプリ」を検索してダウンロードしてください。




    3. アプリを開いて「携帯電話番号」または「メールアドレス」を登録してください。

    4. 携帯電話で登録した場合は、SMSに届く認証番号を入力してください。
      メールアドレスで登録した場合は、メールアドレスに届くリンクをクリックして、アカウントをアクティベートしてください。
    5. ※リンクや認証コードのメッセージが届かない場合
      メールアドレスで登録する場合、まずメールの受信トレイや削除済みアイテムなどにメールが届いていないか、またメールボックスの利用可能容量を超えていないかどうかをご確認ください。
      携帯電話のSMSで登録する場合、迷惑メッセージを受信しない機能が設定されていないかどうか、またスマートフォンにて、海外ローミングサービス中の場合はSMSを受信できる環境になっているかどうかをご確認ください。



  3. スマホにTrip WiFiを登録する
    1. TripWiFiアプリにログインして「TripWiFiを登録する」をクリックしてください。

    2. 液晶画面にあるQRコードを、スマートフォンでスキャンすると登録完了です。
    3. ※注意
      Trip WiFiを2台以上お持ちの場合、同一のTrip WiFiアカウントを設定することはできません。
      (1アカウントでの利用は1台まで)
      Trip WiFiを切り替える場合は、まず使用中のTrip WiFiからアカウントを削除し、切り替えたいTrip WiFiでアカウントにログインし直してください。
      切り替え後には、Trip WiFiの再起動が必要です。
      複数のTrip WiFiを同時に使用する場合は、それぞれに対応しているアカウントで別々にログインする必要があります。



  4. Trip WiFiを再起動
    1. 初回のみ、ペアリングした後はTrip WiFiを再起動する必要があります。
      電源ボタンを3秒長押しして、再起動を行なってください。

  5. WiFiへの接続
    1. TripWiFiの電源を入れます。
      スマートフォンのWiFi設定をオンにして「TripWiFi×××」を選択し、パスワードを入力するとインターネットに接続できます。

    ※パスワードは端末の液晶画面に表示されています。

アプリインストール

4WiFiへの接続

TripWiFiのアプリのトップページから、ご利用になりたいプランを選択してください。
国内プランではGB量によって金額が変わるのみで、国内エリアによって金額が変動することはありません。
しかし、海外では利用したいエリアによって金額が変わりますので目的地の料金を確認して購入してください。
公式サイトのご利用料金から各料金プランをご確認していただけます。
プランが購入できれば、後は電源を入れるだけでインターネットが利用できます。
また、万が一チャージしたGBを使い切ってしまった場合も、自動的に課金されることもないので安心して利用することができます。
Trip WiFiのご利用方法を動画でも説明しておりますので、さらに細かく詳細を知りたい方はこちらからご覧くださいね。

チャージしてご利用開始

よくあるご質問

Q

ボリビアで利用できるエリアはどこですか?

A

ボリビアに属する島や標高が高い山以外であればご利用が可能です。詳しくは利用料金ページをご覧ください。

Q

ボリビアで利用する為にはいつまでに入金が必要ですか?

A

アプリから前払で事前にチャージしていただく必要がございます。詳しくはデータ購入画面でご確認ください。

Q

初めてボリビアで利用する際、事前申請や設定は必要ですか?

A

事前申請や設定は必要ございません。プラン購入後、現地で電源を入れるだけでご利用いただけます。

Q

別途購入したSIMを利用することはできますか?

A

SIMカードスロットから SIMカードを挿入し、選択すればご利用いただけます。(Nano-SIMのみ)

Q

ボリビアでWiFiに関するトラブルが発生した場合はどうしたらいいですか?

A

日本語対応のカスタマーセンターにてサポートをさせていただきます。詳しくは、アプリ内の会社概要をご覧ください。

サポートについて

Trip WiFiは海外からでも安心のサポート体制!
日本語対応のカスタマーセンターにて、Trip WiFiをご利用いただいているお客様のサポートをさせていただきます。
海外でトラブルが発生した場合でも気軽にお問い合せください。

渡航前・帰国後のお問い合わせ

050-5358-5834

受付時間  平日:10時?20時  土日祝:10時?20時

渡航中のお問い合わせ

+815-05358-5834

受付時間  平日:10時?20時  土日祝:10時?20時

ボリビアでのWiFi活用方法

気になるWiFiの活用方法は、快適な旅を送るための方法と同じです。
現地で気になるお店やメニューを調べることも、翻訳アプリを使うときにも、
ホテルや観光スポットまでの地図を利用する際にもインターネットは欠かせませんよね。

現地の無料WiFiのみだと、通信の不安定さやセキュリティ面でも不安があります。

さらに、無料WiFiは屋内で提供していることが多いので、いざ屋外で調べ物をしたいと思ってもインターネットを使うことができません。

そんな時にもWiFiがあれば、「いつでも」「どこでも」「何にでも」活用していただけます。

さらにTrip WiFiは、アプリでのチャージ制を採用しているため、「使いたい時に」「使いたい分だけ」計画的にGBを購入して利用することができます。

無駄なく、安全性も高く、快適にインターネットへ接続し、あなたの旅行をサポートしてくれます。
また、1台のルーターを複数人で共有できるので、友人や家族、恋人などと一緒に使用できるというのも大きな魅力です。

Trip WiFiと一緒に、ボリビアでも日本と変わらない快適な1日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

1GBで出来ること

YouTube

500分(8時間20分)の視聴が可能

Yahoo(トップページ)

4,339回の閲覧が可能

Gmail(文字のみ)

204,800通の送信が可能

Gmail(500万画素撮影の画像添付)

341通の送信が可能

Google Map

約1399回の閲覧が可能

LINE(文字送信のみ)

約50万回の送信が可能

音声通話

55時間30分の通話が可能

※上記はあくまでも目安です。

ボリビアの国旗

ボリビア多民族国 Plurinational State of Bolivia

アメリカ内にて乗継

約25~30時間

ボリビアとの時差は-13時間

首都

スクレ(事実上はラパス)

人口

1,135万人

通貨

1ボリビアーノ(Bs)= 15.46 円(2020年6月現在)ミネラルウォーター500ml=5~10ボリビアーノ(77~155円)ぐらい

言語

スペイン語、ケチュア語、アイマラ語、グアラニー語

オルーロカーニバル

南米三大祭りの一つです。様々な民族衣装に身を包んだパレードが毎年2月頃に開催されます。中でもディアブラーダ(悪魔の踊り)は特に派手なので必見です。泡をかけ合うパフォーマンスもあるので、泡まみれになってもいい服装で行きましょう。

グランポデール祭り

毎年5月か6月にラパスで開催される国内最大のお祭りです。多くのダンサーチームがパレードを行います。キリスト教や先住民族の風習が融合しており、衣装や踊りの違いが見どころです。

ウユニ塩湖 Salar de uyuniの写真

ウユニ塩湖 Salar de uyuniの写真

ウユニ塩湖
Salar de uyuni

一生に一度は訪れたい絶景の地。

続きを読む

ウユニの中心地からバスで約1時間の場所にあります。
天空の鏡と呼ばれる水鏡が見られるのは雨季の時期だけで、雨が降ったあと膜を張ることにより鏡のような現象が起きるのです。
ただし、前日に雨が降る・当日風がなく晴れているという条件をクリアしないと天空の鏡は見れませんので滞在日数を多めに取っておくことをおすすめします。
星空が映る景色もとても感動的です。ウエディングフォトを撮る方も多くなっています。
乾季になると塩一面で真っ白となり、また違った景色を楽しめます。
昼間は日差しが強く、朝晩は冷え込みますので対策はしっかりしておきましょう。

列車の墓場 Cementerio de trenesの写真

列車の墓場 Cementerio de trenesの写真

列車の墓場
Cementerio de trenes

平原に佇む列車たち。

続きを読む

ウユニ中心地から5-10分ほどで行ける場所にあります。
この地域は19世紀後半に鉱物資源が多く採れたこともあり、太平洋海岸の町まで資源を運んでいました。
その輸送手段として使われていたのがイギリスの会社が造った鉄道です。
しかしチリとの国土争いに敗れ、太平洋へ行く領土がなくなり資源を運ぶことが困難になったためこの鉄道は使われることがなくなりました。
何十年も放置され錆びついた列車が集まっている様から列車の墓場と言われるようになりました。
列車だけでなく線路もそのまま残されています。
現在ではアスレチックのように遊ぶことができ、地元の子供たちの遊び場にもなっています。

ラグナ・コロラダ Laguna coloradaの写真

ラグナ・コロラダ
Laguna colorada

赤色に染まる塩水湖。

続きを読む

ウユニより南下し、チリとの国境近くエドゥアルド・アバロア国立自然保護区にあります。
湖水が赤い理由は、藻類やプランクトンの色素によるためです。
この湖に生息しているフラミンゴはピンクのイメージが強いですが、元々は白いのをご存知でしょうか。
プランクトンを食べることで体がピンク色になるのです。
珍しい赤い湖をウユニに訪れた際にはぜひ行ってみてください。

その他の観光地

  • ラグナ・ベルデ

月の谷 Valle de la lunaの写真

月の谷
Valle de la luna

360度ボコボコの岩はまるで月面のよう!

続きを読む

ラパス中心地からバスで約40~50分の場所にあります。
長い年月をかけ、雨風によって岩が削られ現在の姿になったと言われています。
月面散歩ができるよう歩道が作られていて、15分と45分のコースがあり月面を歩いているかのような体験ができます。
まれにサボテンが生えていることもあるので、見つけられるとラッキーかもしれません。

◆入場料◆
15ボリビアーノ

チチカカ湖 Lago titicacaの写真

チチカカ湖 Lago titicacaの写真

チチカカ湖
Lago titicaca

琵琶湖の約12倍の面積の湖!

続きを読む

チチカカ湖と言えばペルーのイメージが強いかもしれませんが、ボリビアとの国境にまたがっている湖になります。
ペルーから見る湖とボリビアから見る湖はまた違った景色です。
ボリビア領にある太陽の島はインカ帝国発祥の地とされていて古代遺跡が点在しています。現在も先住民が暮らしており、伝統が継承されています。またこの島ではアルパカに出会うこともありますよ。
太陽の島へはコパカバーナから船で行くことができます。
ちなみにコパカバーナはブラジルの地名にもありますが名前が同じだけであって全く違う街になります。
この街はカラフルでショップも立ち並ぶので島に行く前後にでも立ち寄りたいスポットです。

ティワナク遺跡 Tiwanakuの写真

世界遺産

ティワナク遺跡
Tiwanaku

インカ帝国に多大な影響を与えた遺跡です。

続きを読む

ラパス中心地からバスで約1時間30分の場所にあり、2000年にユネスコの世界遺産に登録されました。
この遺跡はインカ帝国の前の時代プレ・インカ時代の遺跡になります。
インカ文明の原点となるのがティワナク文明でその起源は紀元前200年頃まで遡り、最盛期は6世紀から11世紀と考えられていて石造技術の高さを誇っていました。
現在の遺跡は1970年代に政府によって無理やり復元されたもので残念ながら本来の姿は失われてしまいました。
全体の発掘はまだまだ途中で、なぜこの地に誰が何のために作ったのか、謎は未だ解明されていないことが多いです。

その他の観光地

  • 太陽の島

チチャロン・デ・チャンチョ Chicharrón de chanchoの写真

チチャロン・デ・チャンチョ
Chicharrón de chancho

下味をつけた豚肉を素揚げしたもので日本でいうからあげに似ています。
外はカリッと中はジューシー、ボリュームがあるのでシェアするのがいいですね。
付け合わせはジャガイモとトウモロコシが一般的で油っこさを緩和してくれます。

サルテーニャ Salteñaの写真

サルテーニャ
Salteña

ボリビアでは朝食によく食べられているいわば惣菜パンです。
餃子を大きくしたような形をしていて、牛肉やチキン・野菜などを具にしてオーブンで焼き上げます。
中には熱々のスープも入っているので食べるときは注意が必要です。

コカ茶 Mate de cocaの写真

コカ茶
Mate de coca

コカの葉から作られるハーブティーです。
このコカは日本で麻薬及び向精神薬取締法で指定されているコカインですので日本への持ち込みは禁止です。
しかし、ボリビアでは伝統的なお茶で市場でも販売されていて違法にもなりません。
標高が高いボリビアは高山病になりやすく、症状の緩和に効き目があると言われています。

キヌアスープ Sopa de quínuaの写真

キヌアスープ
Sopa de quínua

スーパーフードでも有名なキヌア。
栄養価が高く、健康食品ともされています。
ボリビアでは盛んに栽培されていて、毎食スープで飲むことが一般的です。

その他のグルメ

  • クニャペ(チーズパン)
  • ピケマッチョ(肉料理)
  • ソパ・デ・マニ(ピーナッツベースのスープ)

アワヨ Awayoの写真

アワヨ
Awayo

ボリビアの伝統織物です。
元々は荷物を運ぶための布として使われていましたが、現在はこの生地でポーチやキーホルダー・ピアスなどが作られています。カラフルで柄もかわいく、おしゃれな雑貨として女性に人気です。
一つ一つの柄が違うのでお気に入りの柄を見つけるのも楽しいですね。

リャマのミイラ Momia llamaの写真

リャマのミイラ
Momia llama

日本ではラマで知られている動物です。
インカ帝国時代に生贄として捧げられていた名残からリャマの胎児のミイラを家や店などを新築する際に安全を祈願して埋めると良いという風習があります。
販売している市場は魔女通りと呼ばれていて魔除けのものが多く売られています。

その他のお土産・ショッピング

  • アルパカセーター
  • シンガニ(酒)
  • サンポーニャ(民族楽器)

ボリビア旅行のベストシーズン

ベストシーズンは12月~3月の雨季です。日本とは季節が逆なので春のような暖かさです。年間を通してあまり気温は上がりません。

※横にスクロールできます

ラパス

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(最高) 12 13 13 13 13 12 12 13 13 15 15 14
平均気温(最低) 3 3 3 2 0 -2 -2 -1 0 2 3 3

近隣の人気周遊エリア

アメリカ・中南米

Page Top