業界初!端末さえあれば基本料金無料
国内外どこでも好きな時に使えるお手軽WiFi

ブルガリアの国旗

ブルガリア旅行で使える!グローバルなWiFiならTrip WiFi

ブルガリアの観光地【ソフィアエリア】

【ソフィアエリア】

アレクサンダル・ネフスキー寺院 Храм-паметник Свети Александър Невскиの写真

アレクサンダル・ネフスキー寺院 Храм-паметник Свети Александър Невскиの写真

アレクサンダル・ネフスキー寺院
Храм-паметник Свети Александър Невски

バルカン半島で1番美しい教会!

続きを読む

ソフィアの街中でひと際目を引くアレクサンダル・ネフスキー寺院は、バルカン半島で最も美しいといわれる教会です!収容人数約5,000人、12もの黄金のドームを携えたこの教会は、1882年に着工し、完成までに40年もの歳月を費やした豪華な教会なんです。美しいのは外観だけではなく内部も大理石などを使った豪華なモザイク画も必見です。

イヴァンヴァゾフ国立劇場 Ivan Vazov National Theaterの写真

イヴァンヴァゾフ国立劇場 Ivan Vazov National Theaterの写真

イヴァンヴァゾフ国立劇場
Ivan Vazov National Theater

市民の憩いの場!

続きを読む

ソフィアの中心部に位置している「イヴァンヴァゾフ国立劇場」は、ソフィア市民の憩いの場としても重宝されています!劇場の正面は広い公園が広がっていてミュージシャンなどが集まり音楽を楽しんでいたり皆さんのんびりと思い思いに過ごしています。日が落ちてからの劇場のライトアップもロマンチックですね。

バーニャ・バシ・ジャーミヤの写真

バーニャ・バシ・ジャーミヤ
Bagna Bashi Jermiya

オスマン朝時代の歴史ある寺院!

続きを読む

ソフィアにはオスマン朝時代に作られたイスラム寺院も残されています!こちらの「バーニャ・バシ・ジャーミヤ」はドームと尖塔が美しいイスラム寺院です。内部を見学することも可能ですので街歩きの際には是非立ち寄ってみて下さい。

バーニャ・バシ・ジャーミヤの温泉施設の写真

バーニャ・バシ・ジャーミヤの温泉施設

かつては公衆浴場でした!

続きを読む

バーニャ・バシ・ジャーミヤの近くにある、おしゃれで可愛らしい外観のこの建物は20世紀初頭から中央浴場として使用されてきたもので、現在は歴史博物館となっています!

聖ニコライ・ロシア教会 St. Nicholai Russian Churchの写真

聖ニコライ・ロシア教会 St. Nicholai Russian Churchの写真

聖ニコライ・ロシア教会
St. Nicholai Russian Church

ソフィアのロシア正教会!

続きを読む

ソフィアにある聖ニコライ教会は、通称「ソフィアのロシア教会」と呼ばれています!玉ねぎのように可愛らしい球体は街中からみてもすぐ目につきますね。

ブルガリアの観光地【リラエリア】

リラの地図

リラ修道院の写真

リラ修道院の写真

リラ修道院の写真

リラ修道院
Rila Monastery

ブルガリアが誇る世界遺産「リラの僧院」

続きを読む

ソフィアから南へ約66kmほどの所にある、リラ山脈の奥深くに「リラ修道院」はあります!山間ののどかなリラの村から観光はスタートです。リラ修道院は外観もとても特長的ですが、なんといっても内部の影一面に描かれた壮大なフレスコ画が目玉です!絶対見逃せないブルガリアが誇る世界遺産です。

ブルガリアの観光地【シプカエリア】

【シプカエリア】

シプカの写真

シプカの写真

シプカの写真

シプカ
Shipka

バラ祭りぼ舞台「シプカ」

続きを読む

ブルガリアと言えば・・・ヨーグルトのイメージが強いですが、ブルガリアはローズオイルやローズウォーターなどローズ製品の生産がとても盛んです!ここシプカ峠のある「シプカ」は「バラの谷」と呼ばれていて、ローズオイル生産世界一を誇る名所なんです。

ブルガリアの観光地【ネセバルエリア】

ネセバルの地図

島の玄関口の写真

世界遺産

島の玄関口

世界遺産の島!

続きを読む

黒海に浮かぶセネバルは古い街並みと歴史的建造物が評価され街全体が世界遺産に登録されています!この島は、トラキア人が居を構えたことから始まり、ギリシャ、ローマ帝国、ビザンチン帝国、ブルガリア帝国、オスマン帝国と様々な国の支配下に置かれた歴史があります。半島の入口にある城壁はビザンチン帝国時代に築かれたものです。島に訪れた観光客を今でも迎え入れてくれています!

聖パントクラトール教会 Church of Christ Pantocratorの写真

聖パントクラトール教会 Church of Christ Pantocratorの写真

聖パントクラトール教会
Church of Christ Pantocrator

保存状態はとても良好です!

続きを読む

13~14世紀に建てられたこの教会は、ブルガリア全体でも最も保存状態が良い教会の一つと言われています!縞模様がとても美しいの教会はネセバル観光の外せないスポットとして人気です。

島は大きさは!?の写真

島は大きさは!?の写真

島は大きさは!?

1周30分ほど!

続きを読む

穏やかな黒海に囲まれたネセバルは、歩いて島を一周しても30分ほどの小さな島です!ですので歴史的建造物をゆっくり見学した後はのんびり過ごすのがネセバル流です。ブルガリアからだけでなく世界中から観光客が訪れる人気の島です。

ブルガリアのグルメ

バニツァの写真

バニツァ
баница

ブルガリアの国民食です!そして朝ごはんの定番とも言われている「バニツァ」。パイ生地の中に白チーズやホウレン草などの具材を入れて焼き上げます。焼き立ては生地がサクサク、していますが、少し時間が経つとしっとりしてキッシュのような食感になります。どちらの食感も美味しいので食べ比べてみたいですね。

ヨーグルトの写真

ヨーグルト

続きを読む

ブルガリアと言えば・・・「ヨーグルト」。ブルガリアではもちろんそのまま頂く事も多いですが、ヨーグルトサラダ「スネジャンカ」として頂くのも日常的です!

ムサカの写真

ムサカ
musakka

トルコやギリシャでもよく食されている「ムサカ」ですが、ブルガリアでもよく食べられています!野菜やお肉を重ねてオーブンで焼くのですがブルガリアではヨーグルトを入れて焼く事もあるそうです。

サルミの写真

サルミ

続きを読む

トルコやギリシャでは「ドルマ」と呼ばれる、ブルガリア風ロールキャベツの「サルミ」はブドウの葉やキャベツでご飯などを包んた料理です!

サチの写真

サチ

ブルガリアで日本の味が恋しくなったら…「サチ」はいかがでしょうか?サチとは野菜やキノコやお肉を鉄板で炒めた料理で、鉄板焼きの様な料理です。ですので日本人の口にもよく合いますね。

ブルガリアの
お土産・ショッピング

セントラル・ハリの写真

セントラル・ハリ
Central Hari

「バーニャ・バシ・ジャーミア」の向かいにある歴史ある建物ですがこちらは「ソフィア中央市場」です!お土産や日用品、食材にフードコートなど様々なお店が建ち並んでいます。お昼ご飯や休憩と合わせてお土産探しに最適なスポットですね。

ロクムの写真

ロクムの写真

ロクム
локум

ロクム(локум)はブルガリアを代表する甘いお菓子です!寒天やしっかりとしたゼリーのような食感で箱も可愛いのでバラマキのお土産にいいですね。

ローズ製品の写真

ローズ製品の写真

ローズ製品

ブルガリアンローズを使用した「ローズウォーター」や「石鹸」「ローズオイル」など、日本ではあまり見かけない製品も多くあります!自分へのお土産、女性へのお土産に最適ですね。

チーズの写真

チーズの写真

チーズ

ブルガリアの国民的チーズ「シレネ」を代表するほど、ブルガリアではチーズが豊富にあります!日本ではあまり口にすることのない山羊のチーズなどチャレンジしてみたいですね。

民族衣装

とても色鮮やかで可愛らしいブルガリアの民族衣装「スクマーン」。旅の思い出にいかがでしょうか?

ブルガリアの行事

クケリ

ブルガリアの先住民族トラキア人が、ワインの神を祀って春を呼ぶ祭りをしていたのが由来となったお祭りです!ブルガリア全土で羊や山羊の毛皮を着て少し怖い仮面をつけた人々が街を練り歩き無病息災を願うそうです。日本でいう「なまはげ」に似ていますね。

バラ祭り

5月中旬〜6月上旬にかけて行われるブルガリアを代表するバラ祭り!街全体がバラ一色に包まれるこのお祭りは観光客にも大人気のお祭りです。

ヨーグルト祭り

毎年7月末ごろに行われる「ヨーグルト祭り」伝統衣装に身を包んだ人々が自家製ヨーグルトを料理で競うイベントなども行われます!

ブルガリアの基本情報

ブルガリアの国旗

ブルガリア共和国 Република България

直行便なし
※ヨーロッパ諸国で乗継

約17時間~
※乗継による

ブルガリアとの時差は-6時間

首都

ソフィア

人口

約710万人

通貨

1レフ(BGL)=61.40 円(2020年6月現在)※ミネラルウォーター500ml=0.5レフ(約30円)

言語

ブルガリア語

ブルガリアのWiFi事情(フリーWiFiなどの設備状況など)

ブルガリアではインターネットは普及しているので、空港や街中のレストラン、カフェやショッピングモールなどで無料のフリーWiFiを利用する事が出来ます!ですが郊外や移動が多い観光の場合はエリア外になる事も多いので、日本からグローバル対応のポケットWiFiを持っていくことをおススメします。

現地SIMは、空港や街中のショップで約1,000円ほどで購入する事が出来ます。

ブルガリアでのWiFi利用料金

 TripWiFi有名WIFIレンタル会社B社国内有名キャリアA社
料金・日数 1GB 1,000円/7日間 500MB 1,880円/1日×7日間 約24.4MB 1,980円/1日×7日間
合計 1,000円 13,160円 13,860円

ブルガリア旅行のベストシーズン

ブルガリアは、東西に延びるバルカン山脈を境に北部は大陸性気候に属し、南部は地中海性気候に属しているので、北部は冬寒く夏が暑いですが、南部は年間を通じて温暖です。
ですので旅のベストシーズンはバラの開花時期も合わせて、過ごしやすい5月~10月がおススメです!

※横にスクロールできます

ソフィア

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(最高) 2 5 10 15 20 24 26 26 23 17 10 4
平均気温(最低) -5 -3 0 5 9 12 14 14 11 6 1 -3

Page Top