業界初!端末さえあれば基本料金無料
国内外どこでも好きな時に使えるお手軽WiFi

デンマークの国旗

デンマークで使える海外WiFiならレンタルと比較して安いTrip WiFi

デンマークのWiFi事情(フリーWiFiなどの設備状況など)

デンマークでは空港や、ホテル、カフェ、ファストフード店でフリーWifiの利用が可能です。お店の外にFree Wifiと書かれている場合が多いのでチェックしてみてください。また、フリーWifiを利用する際は、パスワード入力を求められることがほとんどなので、お店の人にパスワードを教えてもらいましょう。最近では、図書館や美術館でもフリーWifiが使えるようになっています。設置スポットも年々増えてきているので基本的にはそんなに困ることはないと思いますが、天候によってフリーWifiが使えない場合もあるので、常にインターネット環境が必要な方は日本からWifiをレンタルしていくことをおすすめします!

デンマークで使える海外用ポケットWiFi

ブランドキャンペーン・商品情報

宅配送料0円
クラウドSIM
搭載
海外マルチ
キャリア

空港受取
手数料0円
宅配送料0円

空港受取
手数料0円
宅配送料0円
直前申し込みOK!

空港受取
手数料0円
宅配送料0円
商品手配
手数料0円

レンタル携帯電話料金10日間無料
キャンペーン実施中。

空港受取
手数料0円
宅配送料0円
無料返却
パック付

早割10%OFF
※1ヵ月前の予約

空港受取
手数料0円
宅配送料0円
無料返却
パック付

早割10%OFF
※1ヵ月前の予約

現地でのWiFi使用料金プラン

1GB:1,000円

1GB:1,880円

1GB:1,870円

1GB:1,480円

無制限:1,150円
※3Gプランのみ

500MB:880円

500MB:1,180円

7日間
⇒1,000円

7日間
⇒13,160円

7日間
⇒13,090円

7日間
⇒10,360円

7日間
⇒8,050円

7日間
⇒6,160円

7日間
⇒8,260円

ヨーロッパエリア内での周遊料金

0円/7日

周遊可能国

  • フランス
  • スペイン
  • オランダ
  • ベルギー
  • オーストリア
  • ロシア
  • ハンガリー
  • スウェーデン
  • アイルランド

…etc 計35カ国

2,080円/日

1,980円/日

1,680円/日

1,150円/日
※3Gプランのみ

880円/日
※500MB
プランのみ

1,180円/日
※500MB
プランのみ

デンマークでおすすめのWiFi

デンマークへ行く際、ポケットWiFiをレンタルする人は多いと思いますが、海外でネットを使う手段の一つとしておすすめしたいのが
「クラウドSIM搭載のポケットWiFi」を購入することです。


「クラウドSIM」とは、今話題になっているWiFiサービスで、SIMカードが不要で全世界100カ国以上で使用することが可能となっています。


比較表でご紹介しているTrip WiFiなら、クラウドSIMなので回線の自動最適化で、国内以外の海外のどこでも快適に利用することができます。


「電波の受信強度」「通信の安定性」「使用データ量」などのあらゆる条件をふまえたうえで、その場所・時間帯・利用状況における最適な回線を自動割当してくれます。


初回に端末を購入する必要があるので、初期費用が高いと思う方もいるかもしれません。


しかし、他社の海外WiFiで日毎にWiFi利用料がかかることや、手続きの煩わしさ、一度購入してしまえば海外だけに止まらずに国内でも利用できるという点をみれば、とても魅力的なWiFiではないでしょうか?

デンマークでの利用可能都市

Trip WiFiが利用できる、デンマークのメインエリアは以下の通りです。

  • コペンハーゲン
  • etc

※デンマークに属する島や標高が高い山以外であればご利用が可能ですが、ご利用になりたい都市が上記項目になく事前に確認したい場合はお問い合わせをいただけますようよろしくお願いいたします。

メールでのお問い合わせ

チャットでのお問い合わせ

端末申し込みから利用開始までの手順について

1お申込み・決済

まずはTrip WiFiの公式サイトへアクセスしお申込みを完了させてください。
各項目に従って必要情報を入力するだけなので、そこまで手間はかからないでしょう。
お支払方法はクレジットカード決済のみとなっています。
取扱いカードは比較表にも記載させていただいておりますが、 「VISA」「Mastercard」「JCB」「AmericanExpress」「DinersClub」となっています。

お申込み・決済

2宅配で端末を受取

TripWiFiは、レンタルではなく端末の購入なので、空港などでの受け取りは行なっておりません。
ご自宅や、指定した場所へ宅配でお届けいたします。
送料は無料で、当日15時までのご注文で当日発送をしています。
スピーディな対応を行なっていますが、宅配業者側での遅れなどを考慮して、
出発日までには余裕をもった注文を行ないましょう。

宅配で端末を受取

3アプリインストール

  1. TripWiFiを箱から出す
    1. TripWiFiの電源を入れてください。
      (電源ボタン3秒間長押し)
    2. ※電源が入ってすぐの動作が遅い場合があります。最大10分程度かかります。



  2. アプリのダウンロード
    1. Trip WiFiのホーム画面にあるQRコードをスマートフォンでスキャンして「Trip WiFiアプリ」をダウンロードしてください。
    2. ※QRコードをスキャンしてもアプリがダウンロードできない場合は、アプリストア「TripWiFiアプリ」を検索してダウンロードしてください。




    3. アプリを開いて「携帯電話番号」または「メールアドレス」を登録してください。

    4. 携帯電話で登録した場合は、SMSに届く認証番号を入力してください。
      メールアドレスで登録した場合は、メールアドレスに届くリンクをクリックして、アカウントをアクティベートしてください。
    5. ※リンクや認証コードのメッセージが届かない場合
      メールアドレスで登録する場合、まずメールの受信トレイや削除済みアイテムなどにメールが届いていないか、またメールボックスの利用可能容量を超えていないかどうかをご確認ください。
      携帯電話のSMSで登録する場合、迷惑メッセージを受信しない機能が設定されていないかどうか、またスマートフォンにて、海外ローミングサービス中の場合はSMSを受信できる環境になっているかどうかをご確認ください。



  3. スマホにTrip WiFiを登録する
    1. TripWiFiアプリにログインして「TripWiFiを登録する」をクリックしてください。

    2. 液晶画面にあるQRコードを、スマートフォンでスキャンすると登録完了です。
    3. ※注意
      Trip WiFiを2台以上お持ちの場合、同一のTrip WiFiアカウントを設定することはできません。
      (1アカウントでの利用は1台まで)
      Trip WiFiを切り替える場合は、まず使用中のTrip WiFiからアカウントを削除し、切り替えたいTrip WiFiでアカウントにログインし直してください。
      切り替え後には、Trip WiFiの再起動が必要です。
      複数のTrip WiFiを同時に使用する場合は、それぞれに対応しているアカウントで別々にログインする必要があります。



  4. Trip WiFiを再起動
    1. 初回のみ、ペアリングした後はTrip WiFiを再起動する必要があります。
      電源ボタンを3秒長押しして、再起動を行なってください。

  5. WiFiへの接続
    1. TripWiFiの電源を入れます。
      スマートフォンのWiFi設定をオンにして「TripWiFi×××」を選択し、パスワードを入力するとインターネットに接続できます。

    ※パスワードは端末の液晶画面に表示されています。

アプリインストール

4WiFiへの接続

TripWiFiのアプリのトップページから、ご利用になりたいプランを選択してください。
国内プランではGB量によって金額が変わるのみで、国内エリアによって金額が変動することはありません。
しかし、海外では利用したいエリアによって金額が変わりますので目的地の料金を確認して購入してください。
公式サイトのご利用料金から各料金プランをご確認していただけます。
プランが購入できれば、後は電源を入れるだけでインターネットが利用できます。
また、万が一チャージしたGBを使い切ってしまった場合も、自動的に課金されることもないので安心して利用することができます。
Trip WiFiのご利用方法を動画でも説明しておりますので、さらに細かく詳細を知りたい方はこちらからご覧くださいね。

チャージしてご利用開始

よくあるご質問

Q

デンマークで利用できるエリアはどこですか?

A

デンマークに属する島や標高が高い山以外であればご利用が可能です。詳しくは利用料金ページをご覧ください。

Q

デンマークで利用する為にはいつまでに入金が必要ですか?

A

アプリから前払で事前にチャージしていただく必要がございます。詳しくはデータ購入画面でご確認ください。

Q

初めてデンマークで利用する際、事前申請や設定は必要ですか?

A

事前申請や設定は必要ございません。プラン購入後、現地で電源を入れるだけでご利用いただけます。

Q

別途購入したSIMを利用することはできますか?

A

SIMカードスロットから SIMカードを挿入し、選択すればご利用いただけます。(Nano-SIMのみ)

Q

デンマークでWiFiに関するトラブルが発生した場合はどうしたらいいですか?

A

日本語対応のカスタマーセンターにてサポートをさせていただきます。詳しくは、アプリ内の会社概要をご覧ください。

サポートについて

Trip WiFiは海外からでも安心のサポート体制!
日本語対応のカスタマーセンターにて、Trip WiFiをご利用いただいているお客様のサポートをさせていただきます。
海外でトラブルが発生した場合でも気軽にお問い合せください。

渡航前・帰国後のお問い合わせ

050-5358-5834

受付時間  平日:10時?20時  土日祝:10時?20時

渡航中のお問い合わせ

+815-05358-5834

受付時間  平日:10時?20時  土日祝:10時?20時

デンマークでのWiFi活用方法

気になるWiFiの活用方法は、快適な旅を送るための方法と同じです。
現地で気になるお店やメニューを調べることも、翻訳アプリを使うときにも、
ホテルや観光スポットまでの地図を利用する際にもインターネットは欠かせませんよね。

現地の無料WiFiのみだと、通信の不安定さやセキュリティ面でも不安があります。

さらに、無料WiFiは屋内で提供していることが多いので、いざ屋外で調べ物をしたいと思ってもインターネットを使うことができません。

そんな時にもWiFiがあれば、「いつでも」「どこでも」「何にでも」活用していただけます。

さらにTrip WiFiは、アプリでのチャージ制を採用しているため、「使いたい時に」「使いたい分だけ」計画的にGBを購入して利用することができます。

無駄なく、安全性も高く、快適にインターネットへ接続し、あなたの旅行をサポートしてくれます。
また、1台のルーターを複数人で共有できるので、友人や家族、恋人などと一緒に使用できるというのも大きな魅力です。

Trip WiFiと一緒に、デンマークでも日本と変わらない快適な1日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

1GBで出来ること

YouTube

500分(8時間20分)の視聴が可能

Yahoo(トップページ)

4,339回の閲覧が可能

Gmail(文字のみ)

204,800通の送信が可能

Gmail(500万画素撮影の画像添付)

341通の送信が可能

Google Map

約1399回の閲覧が可能

LINE(文字送信のみ)

約50万回の送信が可能

音声通話

55時間30分の通話が可能

※上記はあくまでも目安です。

デンマークの国旗

デンマーク Danmark

成田から直行便あり

デンマークとの時差は-7時間

首都

コペンハーゲン 

最大都市

コペンハーゲン 

人口

約580.6万人

通貨

1デンマーク・クローネ(DKK)=16.04円(2020年6月22日現在)※ミネラルウォーター500ml=15DKK(240円ぐらい)

言語

デンマーク語

ヨーロッパ中世祭り
(8月)

ヨーロッパの国々からアーティストが参加し、世界中から10万人の人たちが訪れる国際的なお祭りです。市の中心部は北欧の大きな中世の市場と変身し280におよぶ露店が並びます。会場内に設置されたステージでは音楽の演奏があったり、子供向けのワークショップや、さまざまなアクティビティがあります。

世界サンタクロース会議
(7月)

試験に合格した世界の公認サンタさんが一同に集う会議で、各国約120人ものサンタさんとのふれあいや、パレードなど様々なアトラクションが開催されます。実は日本の公認サンタさんもいるんですよ!

ロスキレ・フェスティバル
(6月下旬~7月上旬)

1971年から現在まで一度も休むことなく行われている老舗フェスで、2020年の開催で50周年を迎えます!このフェスにはヨーロッパ中から13万もの人が参加し北欧最大級の野外フェスとなっています。飲食の持ち込みは可能ですが、会場内には多くの飲食店が立ち並び、音楽を楽しみながら地元飯や北欧料理も楽しむことができますよ。

コペンハーゲン市庁舎の写真

コペンハーゲン市庁舎の写真

コペンハーゲン市庁舎
København Rådhuset

館内を見学する際は、天井や壁画、柱や壁面に設けられた彫刻、ステンドグラスなどの細かな装飾にも注目してみてください。

続きを読む

天にそびえる塔の高さはなんと約105.6メートルもあり、コペンハーゲンで2番目に高い建物です。実は、コペンハーゲンには「市庁舎の塔より高い建物を建ててはならない」という条例があるため、高層ビルなどはなく、歴史的な町並みが守られているのです。館内の見学は、月~金曜の15時と、土曜の10時に開催される市庁舎のガイドツアーへの参加がおすすめです!これに参加すると300段以上もの階段を登らなければいけませんが、塔の上まで昇ることができ、コペンハーゲンの街を一望することができます。そしてコペンハーゲン市庁舎といえば入ってすぐのところにある天文時計が有名です。時計職人のイェンス・オルセンによって、50年以上もかけて設計された、100年で1000分の1秒しか誤差が発生しないというとても精密な天文時計なのです!

チボリ公園の写真

チボリ公園の写真

チボリ公園の写真

チボリ公園
Tivoli Gardens

1843年オープンの世界最古の遊園地で、コペンハーゲン市庁舎のすぐそばにあります。入場口のかわいらしい門が目印ですよ☆

続きを読む

「公園」と名がついていますが、かなり本格的なアトラクションが多数あり遊園地のような場所です。1843年、ゲオ・カーステンセンによって造られた娯楽施設で、「階級の違いなく誰でもが楽しめる場所」というコンセプトで、現在でも国内外問わずに親しまれている歴史ある公園です。園内には花や木々、噴水など眺めることができる大きな庭園もあり、なんとクジャクが放し飼いにされています!その他フードコーナーや飲食店、お土産店も充実しているので飽きることなく園内を楽しむことができます!絶叫系のアトラクションも幅広く揃っているので大人も子どもも1日中楽しめる本格的な娯楽スポットとなっています♪

ニューハウンの写真

ニューハウンの写真

ニューハウン
Nyhavn

色とりどりで可愛らしい建物が運河沿いに立ち並んでいます。コペンハーゲンを訪れたなら絶対に行っておきたいスポットです!

続きを読む

このカラフルな建物には、おしゃれなカフェやレストラン、土産物店、アンティークショップがたくさん入っており、食事やショッピングを楽しむ場所としても人気です。ニューハウンとは「新しい港」という意味です。新しいといってもその歴史は古く、北欧では最も古い人工的に造られた港です。この街は「みにくいアヒルの子」「マッチ売りの少女」などで有名な童話作家アンデルセンが愛した街としても知られていて、運河沿いには今も、アンデルセンが暮らした赤い家が残っています。のんびり散策しながら楽しむのも良いですが、運河クルーズや水上バスのツアーもおすすめですよ♡

人魚姫の像の写真

人魚姫の像
The statue of The Little Mermaid

当時王立劇場で上演されていたバレエ「人魚姫」を観たカール・ヤコブセンが、この像を制作することを思いつき、1913年にアンデルセン童話「人魚姫」をモデルに、彫刻家エドワード・エリクセンによって作られました。

続きを読む

当初はプリマドンナのエリン・プリースをモデルにしたかったのですが、裸体になることを嫌がった為、彼女は人魚姫像の顔だけのモデルになりました。人魚姫の体は、彫刻家エドワード・エリクセンの奥様がモデルになったのですが、なんとその方は、俳優の故岡田真澄さんと、司会者の故E.H. エリックさんのおばさまに当たる方なのだそうです!アンデルセン童話では、人魚姫は腰から下が魚なのですが、この像は二本足で足首の辺りまで人間のまま。これは、エリーネの脚があまりに美しく、鱗で覆うのがしのびなかったためだと言われています。
制作されて以降、盗難や切断、落書きや爆破などの被害に遭って可哀そうな歴史を持つ人魚姫ですが、2013年には生誕100周年を迎え、今ではコペンハーゲンを訪れる人々を温かくお出迎えしてくれる存在となっています♪

ローゼンボー城の写真

ローゼンボー城
Rosenborg Slot

1606年に夏の離宮として28年もの歳月をかけて建設された後、王室の方々が住む居城として使われました。

続きを読む

ローセンボー城には王家の歴史やエピソードを知ることができる貴重な展示品がたくさんあります。特に、地下の宝物殿には重要な晩餐会で提供されることもあるという400年前のワインの蔵や、王冠や琥珀、象牙でできた彫刻など、王族らしいきらびやかなアクセサリー類の展示もされています。また、ローゼンボー城は庭園も素晴らしく「王様のお庭」と呼ばれていて、コペンハーゲン市民の憩いの場となっています。夏期には、ピクニックや日向ぼっこを楽しむ人達や、誕生日会まで開催され多くの人達で賑わっています。

アマリエンボー宮殿の写真

アマリエンボー宮殿の写真

アマリエンボー宮殿の写真

アマリエンボー宮殿
Amalienborg Slot

現在のデンマーク女王マルグレーテ2世が住んでいる宮殿です。それぞれの建物が内側を向くように建てられていて、敷地は綺麗な八角形を作っています。屋根に王室の旗が掲げられている時は、女王がいる合図なのです。

続きを読む

実は元々貴族のために建設されたのですが、1794年に当時王族が住んでいたクリスチャンスボー宮殿で火事が発生し、ほとんどが焼失して住めなくなってしまったため、このアマリエンボー城を買い取って自分たちの家にしたのです。
アマリエンボー宮殿が、真ん中の広場を中心に4つの宮殿で構成されていて、それぞれに庭があるのも特徴的です。もちろん女王の宮殿には入れませんが宝物殿には入れますので、ぜひ覗いてみてください。また、宮殿では毎朝衛兵交代式が行われるので、眺めの良い場所を確保して、衛兵が目の前を通り過ぎる様子を見てみてください♪途中にあるカフェの椅子に座って、のんびりと眺めるのもおすすめですよ。デンマークの衛兵は青い制服が印象的ですが、頭の帽子はイギリスの衛兵によく似ています。

フレデリクス教会の写真

フレデリクス教会
Frederiks Kirke

大理石がふんだんに使われた「大理石の教会」とも呼ばれる大きなドームが美しいロマネスク・バロック様式です。グリーンのドームと真っ白な外壁の組み合わせがロマンチックな建物です。

続きを読む

とても美しい教会なのですが、実は大理石を使い過ぎて予算オーバーになったり、設計者が死亡したりといった事情が重なり、建設が中止となった時期があるんです。竣工は遅れに遅れ、完成したのはなんと着工から150年後の1894年のことでした。現在では地元市民から「マーブル教会」の別名で親しまれていて、絵葉書などでもおなじみのコペンハーゲンを代表するランドマークとなっています。ドームの頂上部分は展望台になっており、ツアーに参加すればコペンハーゲンの町並みを楽しむこともできますよ♪

聖クヌート教会の写真

聖クヌート教会
St Canute's Cathedral

童話作家アンデルセンの故郷オーデンセにあるゴシック様式教会で、アンデルセンが洗礼を受けた教会としても有名です。

続きを読む

ドイツの職人クラウス・ベルクが作った300個の像が並ぶ金箔の祭壇は見どころの一つです。また、地下室には1086年にオーデンセの農民に殺されたクヌート2世の遺骨が安置されていて、白骨化した王の姿が展示されています。現在も多くの観光客が訪れ、地元の人々にも愛され続けている教会です。

アンデルセン公園の写真

アンデルセン公園の写真

アンデルセン公園

続きを読む

聖クヌート教会の裏手に広がる緑豊かな公園で、オーデンセ市民の憩いの場としても親しまれています。
園内にはオーデンセ川という小川が流れ、アンデルセンの像が建っています。当時、住民が利用していた洗濯場があり、アンデルセンの母親もここで洗濯をしたといわれています。池にある「折り紙の船」も観光ポイントの一つですよ。

オーデンセ市庁舎の写真

オーデンセ市庁舎
Odense Raadhus

世界的に有名作家となったアンデルセンがオーデンセに戻った1867年12月6日に、この場所でオーデンセ市栄誉市民が授与され、市民が松明の灯を持って市庁舎前に集まりアンデルセンに敬意をしめしたとされています。

続きを読む

3階まで吹き抜けのホールがあり、コンサートやイベントなどオーデンセ市民に利用されています。ホールをめぐる通路には、さまざまな芸術作品が掛けられていてとても華やかです。7・8月には個人では入ることができない王室用の部屋などに案内してもらえる市庁舎の見学ツアーとシティーウォークガイドツアーの2種類のミニツアーが開催されるのでお時間のある方はぜひ参加してみてください♪

アロス・オーフス美術館の写真

アロス・オーフス美術館
Aros Aarhus Kunstmuseum

頂上にレインボーの物体がある美術館です。シュミット・ハラー・ラッセンによる建築物で、110の案のなかから選ばれました。10階建で敷地面積は6775㎡、北欧最大規模といわれます。

続きを読む

頂上にあるレインボーの物体は「Your Rainbow Panorama」という展望台として開放されており、オーフスの街を虹色のガラスを通して一望できるようになっています。虹色が一周しているので、中を歩いていくと色がどんどん変わり、不思議な感覚に包まれます。また、4つの大きなギャラリーで構成されているこの美術館内には、国内外のアーティストの作品が多数展示されていますが、注目はなんといっても「巨大少年像」。オーストラリアの芸術家ロン・ミュエックの作品で、高さ4.5メートル、重さ500キロは館内の展示物で最大規模です。

アイスバーグの写真

アイスバーグ
The iceberg

続きを読む

海の上に白い氷山のようなものが立ち並んでいます。これはオーフス湾のオーフス・イーストというハーバーフロントに造られた「アイスバーグ」という集合住宅なんです。建築家集団・JDSアーキテクツが古いコンテナやターミナルを活用して建設したものです。すべての建物が「自然光の確保」と「芸術性」を両立した最新鋭の造りとなっており、夜になると部屋に灯る室内灯が夜景と相まって、幻想的な風景を作り出しています♡

デン・ガムレ・ビュの写真

デン・ガムレ・ビュの写真

デン・ガムレ・ビュ
Den Gamle By

屋外建物博物館で、日本の「日光江戸村」のようなスポットです。

続きを読む

3つの年代別に分けられ、1700年代、1920年代、1970年代とそれぞれ時代により移り変わっている建築で特徴を楽しめるようになっています。200~400年前のデンマーク各地の民家・商店などを集め、当時の様子を忠実に再現した博物館です。当時の文化や生活様式までもが詳細に展示され、体験することもできるので、昔にタイムスリップしたような気分で楽しむことができます☆

オーフス大聖堂の写真

オーフス大聖堂
Århus Domkire

12世紀に建てられた、美しいグリーンの屋根が特徴的な外観はデンマークで一番奥行きがある(93m)大聖堂です。

続きを読む

館内では多数のフレスコ画やパイプオルガン、ドイツ人の彫刻家ベアント・ノトケにより造られた祭壇、海で命を落とした人々へ祈りを捧げる船の模型、など多彩なアイテムが展示されています。ルウェーの彫刻家によって造られたステンドグラスも必見ですよ♪

その他の観光地

  • クロンボー城(ヘルシンゲル) 世界遺産

スモーブローの写真

スモーブローの写真

スモーブローの写真

スモーブロー
Smørrebrød

デンマークの国民食で、薄切りにした白パンや黒ライ麦パンにバターを塗り、豚肉や野菜、チーズやサーモンなどを乗せたオープンサンドイッチです。具材がたっぷりはいったサンドイッチは、お手軽な店から高級店まで幅広い層で親しまれています。ウォークとナイフで食べるのがデンマーク流です♪

ホットドッグの写真

ホットドッグ
hot dog

筒状の特徴あるパンに長いソーセージを挟みこみ、オニオンやピクルスなどのトッピング、仕上げにケチャップ・マヨネーズ・レムラードソースをかけて完成です。軽食として人気で、路上のホットドッグ屋さんやコンビニなどでも手軽に買えるので、小腹が空いたときに食べるのがおすすめです☆

フリカデラの写真

フリカデラ
Frikadeller

豚挽肉で作るミートボールのことで香辛料や玉ねぎのみじん切りを加えた優しい味の料理です。デンマーク定番の家庭料理で、各家庭では大皿に野菜の付け合わせと一緒に盛られ、取り分けながら食べるのが一般的です。じゃがいもやピクルスなどの野菜も付けあわせとして提供されるので、ぜひ一緒に味わってみてください。

フレスケスタイの写真

フレスケスタイ
Flaeskesteg

デンマーク風のローストポークです。クリスマスの料理としてローストチキンが有名ですが、デンマークではローストポークも一般的です。豚肉のブロックに切れ目を入れて、中はジューシーに、表面はカリカリになるまでオーブンでじっくりと焼き上げた料理です。食べる際には薄くスライスし、グレービーソースをかけて食べてみてください。紫キャベツの煮込みやゆでたジャガイモ、クランベリーソースをつけ合わせるのが一般的です。

エゲケーの写真

エゲケー
Æggekage

デンマーク語でエッグケーキという意味ですが、甘いケーキではなくスパニッシュオムレツやキッシュのような卵料理です。溶きほぐした卵に、牛乳を加え、トマト、玉ねぎ、ニシンなどを加え、塩で味付けをしてフライパンで焼きます。ニシンを入れることによって本場の味に近づくそうです。

ニシンの酢漬けの写真

ニシンの酢漬けの写真

ニシンの酢漬け

コースメニューの前菜として多く出るほか、色々な料理に加えられる形でもニシンはよく登場します。酢漬け以外にもフライ、グリルなどいろいろな料理法があり、カレー風味にアレンジしたものもよく見られます。デンマークに行ったら一度は食べておきたい定番メニューです。

その他のグルメ

  • エープルフラシュク
  • ミルヒライス

ロイヤルコペンハーゲンの写真

ロイヤルコペンハーゲン
Royal Copenhagen

デンマーク王室と親交がある各国の王室へ、贈り物を製作することを目的に設立されました。人気No.1は、何といってもコペンハーゲンブルーと呼ばれる独特の青を使った商品です。デンマークにはアウトレットもありますので、リーズナブルにロイヤルコペンハーゲンを購入することができます。また、6月から8月になるとBクラスの食器を購入することができますのでとてもお得です。ぜひ掘り出し物をゲットしてください♪

レゴのおもちゃの写真

レゴのおもちゃの写真

レゴのおもちゃの写真

レゴのおもちゃ
LEGO

意外と知られていませんが、実はレゴはデンマーク発祥なんです!デンマーク国内にはレゴランドもあり、日本にも近年テーマパークとして進出しましたよね♪街中にあるおもちゃ屋さんではもちろん、レゴ専門店では部品1つから購入することができるんです。人気の映画やキャラクターシリーズのレゴなどもあり買い集めたくなっちゃいますよ♡

チーズの写真

チーズ
cheese

デンマークは酪農王国なので、多くのチーズが販売されています。チーズはお土産としてもおすすめなのですが、帰りの空港で購入すると真空パックになっていますので空港で購入されるのがおすすめです。

その他のお土産・ショッピング

  • ラクリス
  • イルムス・ボーリフース
  • アンソンバーグ
  • スカンジナビスク

デンマーク旅行のベストシーズン

気温が15〜20度前後となり、半袖で過ごしてちょうどいいくらいの気候になる6月~8月がオススメ!
デンマークは、夏の日照時間がとっても長く、冬の日照時間がとっても短いんです。

※横にスクロールできます

コペンハーゲン

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(最高) 2 2 5 10 15 19 20 20 17 12 7 4
平均気温(最低) -2 -2 -1 2 7 11 13 13 10 7 3 -1

近隣の人気周遊エリア

ヨーロッパ

Page Top