業界初!端末さえあれば基本料金無料
国内外どこでも好きな時に使えるお手軽WiFi

エジプト

エジプト旅行で使える!グローバルなWiFiならTrip WiFi

エジプトの観光地【カイロエリア】

カイロエリアの地図

三大ピラミッドの写真

三大ピラミッドの写真

三大ピラミッドの写真

世界遺産

三大ピラミッド
Giza pyramid complex

世界7大ミステリーの1つとされているエジプトのピラミッド

続きを読む

ギザの砂漠にある「クフ王」「カフラー王」「メンカウラー王」の3大ピラミッド!
未だに解明されていない不思議の宝庫です。例えば、ピラミッドの内部にはすすなどが付いていない事から明かりをつかった形跡がなく一部のレリーフにはこの時代ではあり得ない電気を使用している様な描写があったりと・・・謎が謎を呼ぶ仮設がたくさんたてられています。小さな頃から教科書などで何度も目にしているピラミッドですが是非実際に見てスケールの巨大さを感じてみて下さい♪

巨大なピラミッドを手づかみする写真

巨大なピラミッドを手づかみする写真

巨大なピラミッドを
手づかみ!?

ピラミッド見物は近くだけではありません。少し離れてみると3つ並んだピラミッドが鑑賞できます!

続きを読む

そこではピラミッドを手づかみしているような写真も撮れます♪おすすめです!

ピラミッドを形成している岩は下層ではとても巨大ですが上層に行くにつれて大きさも少しづつ小さくなっていきます。また、普段は正三角形の4面で成り立つピラミッドが1年に2回だけ2等辺三角形の8面体になることがあるのをご存じでしょうか?太陽が真東から上り真西に沈む日だけ起こる現象なんです!エジプトの多くの遺跡で起こる自然との正確な融合。これもまた大きなミステリーの1つですね。

ガーマ・ムハンマド・アリの写真

ガーマ・ムハンマド・アリの写真

ガーマ・ムハンマド・アリ
Mohammad Ali Mosque

カイロ市内のランドマーク的存在の巨大なモスク

続きを読む

こちらのモスクは、ムカッタムの丘の上にあるシタデル(城塞)の敷地内に建てられています。イスタンブールのモスクを模して造られたと言われる巨大なモスクは、丘の上でひと際存在感を放っています!丘の上なのでモスクからはカイロ市内を見渡すことができ、見晴らしのいい日ならピラミッドも一緒に見る事ができる絶景スポットです!
回廊や中庭はとてもエジプトらしく、装飾も細かくとても豪華です♪

ランプが作る幻想的な内部の写真

ランプが作る幻想的な内部の写真

ランプが作る幻想的な内部

モスクの内部はとても美しいですが中でも・・・

続きを読む

訪れた人々がまず感動するのが、シャンデリアと無数のランプの美しさではないでしょうか!?
このエキゾチックな灯りが祈りの場にふさわしい荘厳で幻想的な雰囲気を作り出しています。写真を撮るのにふさわしいインスタ映えスポットですね♪

スルタン・ハサン・モスクの写真

スルタン・ハサン・モスク
Sultan Hasan Mosque

マムルーク王朝時代の最高傑作建築物とされる威容を誇っているモスクです!

続きを読む

約400人ほどの学生を収容できるほどのマサドラ(イスラム教神学校)も兼ね備えた巨大なモスクです。

FISH BOAT ABOUZEIDの写真

FISH BOAT ABOUZEID

水上レストラン

続きを読む

ナイル川に停泊している配船を利用したレストランもあります。エジプトらしく母なるナイルを感じながらのお食事も素敵ですね!

エジプト考古学博物館の写真

エジプト考古学博物館
Museum of Egyptian Antiquities

ツタンカーメンの黄金のマスクで有名な古代エジプト学の総本山!

続きを読む

カイロにある収蔵点数約20万点ともいわれる巨大な博物館です。この歴史ある博物館ですが老朽化によってギザで建設中の「大エジプト博物館」に有名な収蔵品は引き継がれる予定となっています。
見どころは数え切れませんが、中でもツタンカーメンの黄金のマスクを主とする埋葬品の数々や、エジプトを代表するファラオ「ラムセス2世」のミイラは必見です!生前の身長は180cmほどと言われており同時ではかなりの高身長、そして死亡推定年齢は90歳を超えるとも言われている生命力あふれる偉大なファラオらしく、数千年の時を経たとは思えない程リアルな保存状態に驚きです!

マスジド・イマーム・フサインの写真

マスジド・イマーム・
フサイン
Al-Hussein Mosque

メンフィス博物館の写真

メンフィス博物館の写真

メンフィス博物館の写真

メンフィス博物館
Menphis Museum

15mを超える巨大なファラオ像は圧巻です!

続きを読む

古代エジプト最初の首都であるメンフィスにあるオープンエアーの博物館です。ここでの見どころは、15mを超える巨大な巨大な「ラムセス2世」の像です。こちらは屋内に展示されており、1階では間近に見学する事ができ、2階からは巨大な全体像を見学する事が出来ます。また、屋外に展示してあるアラバスタ製のスフィンクスはエジプトで2番目も大きなスフィンクスとも言われています。

エジプトの観光地【ルクソールエリア】

ルクソールエリアの地図

ルクソール神殿の写真

ルクソール神殿の写真

世界遺産

ルクソール神殿
Luxor Temple

テーベの都の巨大遺跡「ルクソール神殿」

続きを読む

古代エジプト帝国時代、「テーベの都」と呼ばれて栄華をたたえた首都ルクソールに建つ「ルクソール神殿」
この神殿は「ムート神」を祀った神殿で、約2.5km北にはムート神の夫である「アモン神」を祀った「カルナック神殿」もあります。多数の石柱は巨大すぎてお昼でも太陽の光をさえぎってしまうほどで当時の繁栄ぶりを見せつけられ、訪れた人々を驚かせます!ですが度々の侵略によって1枚岩から切り出される巨大なオベリスクは世界各地へ運ばれて行ってしまいました。現在はパリのコンコルド広場で片方のオベリスクを見る事が出来ます。繁栄と衰退を感じる事ができるとてもノスタルジックな遺跡ですね!

エジプトの観光地【アスワンエリアエリア】

アスワンエリアエリアの地図

アブシンベル神殿の写真

世界遺産

アブシンベル神殿
Abu Simbel Temple

古代エジプト人の歴史的偉業の賜物「アブシンベル神殿」

続きを読む

砂漠の中に突如現れる巨大な岩窟遺跡です!発見当初は3/4は砂に埋もれており、さらにアスワンハイダムの建設により水没の危機にさらされた何度も危機を脱した遺跡なんです。ユネスコの協力もあり現在は水没の危険がない位置に移設されました。このことがきっかけで歴史的価値のある遺跡や自然を守る「世界遺産」という制度が出来ました。

この遺跡の最大の見どころは、何といっても大神殿の光のショーですね!神殿の奥部に鎮座する4体の像。こちらは左から「冥界の神プタハ」「王の守護神アメン・ラー」「神格化されたラムセス2世」「太陽神ラー」と並んでいますが、春分の日と秋分の日の年2回だけ入口から差し込む太陽の光がこの像の顔を順番に照らしていくのです!ただし光を嫌うとされている冥界の神プタハにだけは光があたらないように設計されています!古代エジプト人の知恵と技術に圧倒される天然のショーです!現在は神殿の場所が移動した為、こちらの現象が見られる日が1日ズレてしまいました。

エジプトのグルメ

コシャリの写真

コシャリ

エジプトの国民食である「コシャリ」、日本人にも食べやすいエジプト料理ですね!

お米やパスタ、マカロニやレンズ豆などをフライオニオンとトマトソースをかけた料理です。お店によって味付けや具材の変化はありますが基本的にはお酢とクミンなどのスパイスで味付けされています。街中のあちこちで口にする事が出来ます♪♪

モロヘイヤスープの写真

モロヘイヤスープ

日本で言うと「お味噌汁」のような存在のエジプトの「モロヘイヤスープ」

続きを読む

エジプトでよく栽培されている「モロヘイヤ」かの有名なクレオパトラの時代から神秘の健康野菜として親しまれてきました。エジプトではスープにして頂くのが定番で栄養満点なこの料理は砂漠の国ではスタミナ満点の「薬」とされてきました。

エジプト人の主食「アエーシ」という薄いパンと一緒に召し上がれ♪

エジプトの
お土産・ショッピング

ハーン・ハリーリ市場の写真

ハーン・ハリーリ市場の写真

ハーン・ハリーリ市場
Khan Al-Khalili

アラビアンナイトの世界観そのものの巨大スーク「ハーン・ハリーリ市場」

続きを読む

女性物の衣服や、民芸品、食料品など様々な物が売っている市場です!カイロ市民と観光客で活気溢れるスポットです!通りによって売っている物や雰囲気が全然違うので色々な所を見て回るのも楽しいですね!ただし、大変な混雑なので貴重品の管理には注意して下さい!また迷路の様になっている所もあるので迷子にならない様にして下さいね。

アラクの写真

アラク

エジプトで伝統的に造られている、ナツメヤシやブドウを原料としてつくられる蒸留酒です。水を加えるとミルク状に白濁するので「獅子の乳」とも呼ばれています!アルコール度数は10%の物から60%の物まであります!珍しい物好きな方へのお土産にいかがでしょうか?

El Arosa teaの写真

El Arosa tea

エジプトで最もポピュラーな紅茶です!濃厚な香りと味の紅茶なのでエジプト風にミントを入れて頂きましょう♪女性に人気のお土産です!

香水瓶の写真

香水瓶

とても美しく繊細な香水瓶は女性に大人気のお土産です!アラジンの映画の世界に出てきそうなエキゾチックな香水瓶は、インテリアとしても使えますね!

エジプトの行事

ラマダーン(断食月)

ラマダーンの日は月の満ち欠けによって毎年決められていて一か月間あります。イスラム圏では各国ラマダンはありますが、エジプト固有の文化としてラマダーン中はファヌースというランプを飾ります。家の前や家の中、お店の軒先など、クリスマスリースやお正月飾りのような感じで飾りつけられます♪

イード・アルアドハー(犠牲祭)

神様への生贄として家畜の羊をささげたのが始まりのこのお祭り。かつては街中が家畜の血で染まるほどあちこちで解体されていましたが現在は公道での解体は禁止されています。それでもお肉屋さんなどでは生贄の解体を見る事ができます。勇気のある方は是非見てみて下さい。

エジプトの基本情報

エジプトの国旗

エジプト・アラブ共和国 Arab Republic of Egypt

成田から直行便あり
(約14時間)

エジプトとの時差は-7時間

首都

カイロ

最大都市

カイロ

人口

約1憶人

通貨

1ポンド£E(アラビア語でギニー)
=約15円(2014年2月現在)※ミネラルウォーター500ml=1.5ポンドほど(約20円)

言語

アラビア語

  • エジプトのイメージ写真

  • エジプトのイメージ写真

  • エジプトのイメージ写真

  • エジプトのイメージ写真

  • エジプトのイメージ写真

  • エジプトのイメージ写真

  • エジプトのイメージ写真

  • エジプトのイメージ写真

  • エジプトのイメージ写真

  • エジプトのイメージ写真

エジプトのWiFi事情(フリーWiFiなどの設備状況など)

エジプトでは意外とインターネット回線は普及していて、WiFiもホテルやカイロ国際空港はもちろん、町中のレストランやカフェ、公共のバスやショッピングモールでは無料のWiFiを利用する事ができます。ただし個人経営のお店での無料WiFiは個人情報を抜き取られたりとセキュリティーが万全ではないので利用しないようにしましょう!エジプトの観光と言えば屋外の遺跡巡りがメインになるのでやはり安心して利用するにはポケットWiFiやグローバル対応のWiFiを持っていきたいですね。

現地SIMは空港や街中のショップで購入する事が出来ます。900円ぐらいから購入可能です。

エジプトでのWiFi利用料金

 TripWiFi有名WIFIレンタル会社B社国内有名キャリアA社
料金・日数 1GB 1,000円/7日間 1GB 1,580円/1日×7日間 24.4MB 1,980円/1日×7日間
合計 1,000円 11,160円 13,860円

エジプト旅行のベストシーズン

夏は猛暑になり年間を通して雨はほとんど降りません。とても乾燥しているのでマスクやクリームなどの乾燥対策もしっかりしましょう!
また冬や夜間は意外に冷え込むので防寒対策をも注意しましょう!
旅のベストシーズンは寒暖差が少なく比較的過ごしやすい3月~4月、10月~11月がおススメです!

※横にスクロールできます

カイロ

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(最高) 19 21 24 28 32 35 35 35 33 30 26 21
平均気温(最低) 9 9 12 14 18 20 22 22 20 18 14 10

ルクソール

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(最高) 23 26 30 35 40 41 41 41 39 37 31 25
平均気温(最低) 5 7 10 15 21 21 23 23 21 19 12 7

アスワン

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(最高) 24 26 30 35 39 42 41 41 39 37 31 25
平均気温(最低) 10 11 15 19 24 26 26 26 24 22 17 12

Page Top