業界初!端末さえあれば基本料金無料
国内外どこでも好きな時に使えるお手軽WiFi

ガーナの国旗

ガーナ旅行で使える!グローバルなWiFiならTrip WiFi

ガーナの観光地【グレーター・アクラエリア】

【グレーター・アクラエリア】

クワメ・エンクルマメモリアル公園の写真

クワメ・エンクルマメモリアル公園の写真

クワメ・エンクルマメモリアル公園
Kwame Nkrumah Memorial Park

初代大統領クワメ・エンクルマを記念した公園です

続きを読む

きれいに整備された公園で初代大統領のクワメ・エンクルマが埋葬されています。
1957年にガーナが独立し現代までの重要な初代大統領はいかに重要な仕事をしたか、国民に慕われていたのかがよくわかる資料が公園内の資料館にあります。

 

インデペンデンススクエアの独立記念アーチの写真

インデペンデンススクエアの独立記念アーチ

1957年のガーナ独立を祝うために造られた広場です。

続きを読む

凱旋門アーチがあり、ガーナ独立戦争を指揮した初代大統領クワメ・エンクルマを追悼する銅像や灯明があります。黒い星はガーナを表しており、そのデザインから独立広場はブラックスター広場とも呼ばれています。

ガーナの観光地【ノーザンエリア】

ノーザンエリア

モレ国立公園の写真

モレ国立公園の写真

モレ国立公園
Mole National Park

モレ国立公園といえばウォーキングサファリ!

続きを読む

約90種類の哺乳類、約30種類の爬虫類、約10種類の両生類、約300種の鳥類が暮らしており、サーベルキャット、レオパード、ハイエナなどレアな野生動物にも会えるチャンスがあります。
また、モレ国立公園はアフリカのサファリでは珍しく、ウォーキングサファリが楽しめるのが特徴です。そこまで凶暴な肉食動物がいないからなせるウォーキングサファリ。1日2回実施されていて、約2時間のウォーキング!
ウォーキングサファリの他にも、カーサファリやカヌーサファリ、夜になるとナイトサファリも楽しむことができます。

ララバンガのモスクの写真

ララバンガのモスク
Larabanga Mosque

不思議な形の真っ白な建造物!

続きを読む

その正体は、モスク。ララバンガは、ガーナで最も崇拝されている8つの古代モスクの1つであり、最も古いモスクでもあります。「西アフリカのメッカ」と呼ばれています。長年、人々から崇められてきた、歴史ある建造物であり、モスクは今現在も礼拝所として使用されています。

ガーナの観光地【セントラルエリア】

【セントラルエリア】

ケープ・コースト城の写真

ケープ・コースト城の写真

世界遺産

ケープ・コースト城
Cape Coast Castle

15世紀にヨーロッパ人によって建設された42の城や要塞の中で最も保存状態が良く、世界遺産にも登録されています。

続きを読む

青い海と空の間にそびえ立つ白く美しい外観、ギニア湾に面して並べられた大砲、多くの奴隷収容施設など見所がたくさんあります。2009年にアメリカ合衆国オバマ大統領家族が訪れた際にも注目されました。
また、奴隷貿易の公立博物館にもなっているので、ガーナを訪れた際にはその国の歴史を知るチャンスとしてもってこいです♪

エルミナ城の写真

世界遺産

エルミナ城
Elmina Castle

世界文化遺産に登録されている西アフリカ最古のお城です

続きを読む

有名な奴隷貿易の拠点として活用されることとなります。
奴隷ももちろんですが、当時は、金・銀・テキスタイル・ラム酒など貿易の拠点としても活用していました。
エルミナ城だけではなく、エルミナの町中に銅像が建てられていたり、当時の欧州の文化が入り込んでいます。町のいろんなスポットにモニュメントが立っているので、 お城の中はもちろんですが、エルミナの町を探検するのもとてもオススメです。

その他の観光地

  • カクム国立公園

ガーナの観光地【アッパー・イーストエリア】

アッパー・イーストエリア

パガクロコダイルパークの写真

パガクロコダイルパーク
Paga Crocodile Park

国内だけでも多くのワニ園がありますがパガ・クロコダイルパークは国内最大級!

続きを読む

ワニといえば凶暴なイメージがありますが、クロコダイルパークのワニはすごく大人しく、観光客慣れしています。ワニに噛まれた被害は今のところ出ていないそう。パガの先住民たちは、ワニを人間の魂の象徴として崇められていたため、ワニと人が共存して今まで暮らしてきたのです。

直接餌をあげたり、しっぽを触ったり、ワニにまたがって記念写真も取れるので、インスタ栄え間違いなしですね♪勇気のある方には是非チャレンジしてほしいところです!

ガーナの観光地【イースタンエリア】

【イースタンエリア】

テテクワシ カカオ農園の写真

テテクワシ カカオ農園の写真

テテクワシ カカオ農園

実はカカオは昔からガーナにあった訳ではありません。テテ・クワシという人が1879年にこちらのカカオ農園を始めたことがきっかけでこの名がついたそうです!通りにも名前がつけられるほどの国民的英雄なんですよ。

続きを読む

ガーナは日本に輸入されているカカオ豆の生産国として断トツの一位を誇っています。
カカオはガーナではココと呼ばれ、別名ゴールデンツリーと名のつくほどガーナ人にとっては大切な植物です。テテクワシカカオ農園では農園ツアーも実施されているので、カカオの実がどのようになるのかや、生のカカオの実の様子などを見学することが出来ますよ。生のカカオの実の中はライチのような味・・是非試してみてください♪

その他の観光地

  • アブリ植物園

ガーナの観光地【アシャンティエリア】

  • ケジェティアマーケット

ガーナのグルメ

ジョロフライスの写真

ジョロフライス
Jollof rice

ガーナで家庭の味といえば、ジョロフライス。お米を玉ねぎやスパイスなどといっしょにいため、スープでたきこんだピラフのような料理です。トマトベースの味付けで、スパイスのピリ辛味がポイント。日本人にも親しみやすい味です♪

ココナッツを使ったお菓子の写真

ココナッツを使ったお菓子

実はガーナにはココナッツを使ったお菓子がたくさんあります。中でもクベ(ココナッツ)ケーキが代表的で、作り方はココナッツの果肉をけずってトロトロにとかした砂糖の中に入れ、ココナッツミルクを加えて煮つめるだけ。また、コンデンスミルクやカカオを使ってグラナットというキャンディのようなお菓子や、乾燥したココナッツを使ってポロオと呼ばれるココナッツビスケットも作ったりします♪

その他のグルメ

  • フフ
  • バンクー
  • ケンケ
  • ツオザフィ
  • ワチェ

ガーナの
お土産・ショッピング

チョコレートの写真

チョコレートの写真

チョコレート

ガーナと言えばチョコレートですよね!本物のガーナチョコレートは王道中の王道土産!メイド・イン・ガーナのチョコレートはGolden Tree社の「Kingsbite(キングスバイト)」が人気で、味にはオレンジチョコ、レモン風味チョコ等の数種類があります。
ただし、日本のように口に入れたらとろけるようなチョコレートではなく、カリカリとかじって食べる物です。ですので口の中で溶けません(笑)日本のチョコレートとは完全に別物と思っていただいたほうが良いかと思います。

アフリカ布の写真

アフリカ布

アフリカ特有の配色に珍しい柄の奇抜な布は、アフリカ旅行のお土産に最適です。ぜひ、お気に入りの1枚をガーナで見つけてみてくださいね♪いろんな種類の布を見たい方や、できるだけ安く購入したい方は、マーケットに行きましょう。130円程度から購入できます。逆にブランド物の、洗練されたデザインの布が欲しいという方は、ショッピングモールにてお求めください。500円~から購入できます♪

アフリカンビーズの写真

アフリカンビーズ

ガーナではビーズの生産が2000年も前から始まったと言われています。結婚式やお祭りなどのイベントでは、主役の女性は伝統的なアフリカンビーズのアクセサリーを身に付けます。ブレスレット、ピアス、ネックレス等さまざまな種類のビーズアクセサリーが販売されていますよ♪

ケンテの写真

ケンテ
kente

ガーナのアカン族特有の民族衣装です。アカン族の中でも王族のための、極めて神聖な民族衣装として生まれました。今では身分に関係なく多くの人が洋服として身にまとっています。お土産として購入する場合はインテリアに使うのがベストかと思います♪

その他のお土産・ショッピング

  • シアバター

ガーナの行事

独立記念日
(3月6日)

ガーナの人々にとって独立記念日はとても大切な日。この日は首都アクラをはじめ、各地で盛大パレードが行われます。レセプションやパーティーなどが開かれ、夜通し音楽やダンスも楽しみます。子どものためのパーティーもあるので、子どもたちにとっても楽しみな一日になります。

アボアチレ
(毎年5月の第一土曜日)

「鹿追い祭り」のこと。全速力で鹿を追う、気迫に満ちた男たちの迫力に圧倒されること間違いなし!鹿を捕まえた男たちを先頭に、住民がそのあとに続いての現地の楽器を演奏し、踊りながら街を練り歩きます。

ファンシー・ドレス
(毎年1月1日)

仮面を纏い、派手な衣装で仮装した4つのグループが、ダンスパフォーマンスを競う大会です。

ガーナの基本情報

ガーナの国旗

ガーナ共和国 Republic of Ghana

直行便なし
※ドバイ、ヨーロッパなどで乗り継ぎ

25時間~40時間

ガーナとの時差は-9時間

首都

アクラ

最大都市

アクラ

人口

約3,042万人

通貨

1セディ(₵)=約18.63円(2020年4月現在) ※補助通貨はペセワ (Pesewa)1セディ=100ペセワ
※ミネラルウォーター500ml=10~20ペセワ(3円)ぐらい

言語

英語

ガーナのWiFi事情(フリーWiFiなどの設備状況など)

ガーナは、フリーWiFiスポット自体が少ないので、現地ではWi-Fiレンタルが必要となるでしょう。事前に日本でお申し込みを済ませていれば、ガーナについてすぐに使うことが可能です。

ガーナでのWiFi利用料金

  TripWiFi 有名WIFIレンタル会社B社 国内有名キャリアA社
料金・日数 1GB 1,200円/7日間 400MB 1,580円/1日×7日間 24.4MB 1,980円/1日×7日間
合計 1,200円 11,060円 13,860円

ガーナ旅行のベストシーズン

比較的雨の少ない7~9月がおすすめです♪

※横にスクロールできます

アクラ

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(最高) 32 33 33 32 31 29 29 28 29 31 32 32
平均気温(最低) 23 24 24 24 24 23 23 22 22 24 24 23

Page Top