業界初!端末さえあれば基本料金無料
国内外どこでも好きな時に使えるお手軽WiFi

インドの国旗

インドで使える海外WiFiならレンタルと比較して安いTrip WiFi

インドのWiFi事情(フリーWiFiなどの設備状況など)

インドの主要な空港では無料WiFiを利用できます。但しSMS認証が必要(登録後30分間利用できます)
鉄道や一部の飲食店でもフリーWiFiを利用できますがパスワードは店員さんに聞かなければならなかったり…
言葉やセキュリティーを考えると…△

ホテルやゲストハウスでもWiFiを設置している所もありますが、有料だったりロビーだけといったようにフロアを限定されていたりするようです。

価格的に一番リーズナブルと言われる現地SIMは、だいたい1000円~購入できるものが多いです。
※現地電話番号での認証が必要な場合があります。

インドで使える海外用ポケットWiFi

ブランドキャンペーン・商品情報

宅配送料0円
クラウドSIM
搭載
海外マルチ
キャリア

空港受取
手数料0円
宅配送料0円

安心パック割引
オプション充実 大容量プラン実施 早割最大20%OFF
※1ヵ月前の予約

空港受取
手数料0円
宅配送料0円
直前申し込みOK!

空港受取
手数料0円
宅配送料0円
商品手配手数料0円

レンタル携帯電話料金10日間無料キャンペーン実施中。

空港受取
手数料0円
宅配送料0円
無料返却パック付

早割10%OFF
※1ヵ月前の予約

空港受取
手数料0円
宅配送料0円
無料返却パック付

早割10%OFF
※1ヵ月前の予約

空港受取
手数料0円
宅配送料0円
無料返却パック付

早割10%OFF
※1ヵ月前の予約

現地でのWiFi使用料金プラン

1GB:1,400円

1GB:1,580円

1GB:1,470円

1GB:1,280円

無制限:1,250円

500MB:780円

500MB:880円

500MB:1,180円

7日間
⇒1,400円

7日間
⇒11,060円

7日間
⇒10,290円

7日間
⇒8,960円

7日間
⇒8,750円

7日間
⇒5,460円

7日間
⇒6,160円

7日間
⇒8,260円

アジアエリア内での周遊料金

0円/7日

周遊可能国

  • 中国
  • 韓国
  • 香港
  • アラブ首長国連邦
  • カタール
  • ヨルダン
  • バングラデシュ
  • モンゴル
  • ネパール

1,880円/日

1,980円/日

1,580円/日

1,990円/日
※3Gプランのみ

880円/日
※500MBプランのみ

1,180円/日
※500MBプランのみ

インドでおすすめのWiFi

インドへ行く際、ポケットWiFiをレンタルする人は多いと思いますが、海外でネットを使う手段の一つとしておすすめしたいのが
「クラウドSIM搭載のポケットWiFi」を購入することです。


「クラウドSIM」とは、今話題になっているWiFiサービスで、SIMカードが不要で全世界100カ国以上で使用することが可能となっています。


比較表でご紹介しているTrip WiFiなら、クラウドSIMなので回線の自動最適化で、国内以外の海外のどこでも快適に利用することができます。


「電波の受信強度」「通信の安定性」「使用データ量」などのあらゆる条件をふまえたうえで、その場所・時間帯・利用状況における最適な回線を自動割当してくれます。


初回に端末を購入する必要があるので、初期費用が高いと思う方もいるかもしれません。


しかし、他社の海外WiFiで日毎にWiFi利用料がかかることや、手続きの煩わしさ、一度購入してしまえば海外だけに止まらずに国内でも利用できるという点をみれば、とても魅力的なWiFiではないでしょうか?

インドでの利用可能都市

Trip WiFiが利用できる、インドのメインエリアは以下の通りです。

  • デリー
  • ムンバイ
  • チェンナイ
  • バンガロール
  • ハイデラバード
  • グルガオン
  • コルカタ
  • プネー
  • アーメダバード
  • トリバンドラム
  • カルカッタ
  • バラナシ
  • ゴア
  • etc

※インドに属する島や標高が高い山以外であればご利用が可能ですが、ご利用になりたい都市が上記項目になく事前に確認したい場合はお問い合わせをいただけますようよろしくお願いいたします。

メールでのお問い合わせ

チャットでのお問い合わせ

端末申し込みから利用開始までの手順について

1お申込み・決済

まずはTrip WiFiの公式サイトへアクセスしお申込みを完了させてください。
各項目に従って必要情報を入力するだけなので、そこまで手間はかからないでしょう。
お支払方法はクレジットカード決済のみとなっています。
取扱いカードは比較表にも記載させていただいておりますが、 「VISA」「Mastercard」「JCB」「AmericanExpress」「DinersClub」となっています。

お申込み・決済

2宅配で端末を受取

TripWiFiは、レンタルではなく端末の購入なので、空港などでの受け取りは行なっておりません。
ご自宅や、指定した場所へ宅配でお届けいたします。
送料は無料で、当日15時までのご注文で当日発送をしています。
スピーディな対応を行なっていますが、宅配業者側での遅れなどを考慮して、
出発日までには余裕をもった注文を行ないましょう。

宅配で端末を受取

3アプリインストール

  1. TripWiFiを箱から出す
    1. TripWiFiの電源を入れてください。
      (電源ボタン3秒間長押し)
    2. ※電源が入ってすぐの動作が遅い場合があります。最大10分程度かかります。



  2. アプリのダウンロード
    1. Trip WiFiのホーム画面にあるQRコードをスマートフォンでスキャンして「Trip WiFiアプリ」をダウンロードしてください。
    2. ※QRコードをスキャンしてもアプリがダウンロードできない場合は、アプリストア「TripWiFiアプリ」を検索してダウンロードしてください。




    3. アプリを開いて「携帯電話番号」または「メールアドレス」を登録してください。

    4. 携帯電話で登録した場合は、SMSに届く認証番号を入力してください。
      メールアドレスで登録した場合は、メールアドレスに届くリンクをクリックして、アカウントをアクティベートしてください。
    5. ※リンクや認証コードのメッセージが届かない場合
      メールアドレスで登録する場合、まずメールの受信トレイや削除済みアイテムなどにメールが届いていないか、またメールボックスの利用可能容量を超えていないかどうかをご確認ください。
      携帯電話のSMSで登録する場合、迷惑メッセージを受信しない機能が設定されていないかどうか、またスマートフォンにて、海外ローミングサービス中の場合はSMSを受信できる環境になっているかどうかをご確認ください。



  3. スマホにTrip WiFiを登録する
    1. TripWiFiアプリにログインして「TripWiFiを登録する」をクリックしてください。

    2. 液晶画面にあるQRコードを、スマートフォンでスキャンすると登録完了です。
    3. ※注意
      Trip WiFiを2台以上お持ちの場合、同一のTrip WiFiアカウントを設定することはできません。
      (1アカウントでの利用は1台まで)
      Trip WiFiを切り替える場合は、まず使用中のTrip WiFiからアカウントを削除し、切り替えたいTrip WiFiでアカウントにログインし直してください。
      切り替え後には、Trip WiFiの再起動が必要です。
      複数のTrip WiFiを同時に使用する場合は、それぞれに対応しているアカウントで別々にログインする必要があります。



  4. Trip WiFiを再起動
    1. 初回のみ、ペアリングした後はTrip WiFiを再起動する必要があります。
      電源ボタンを3秒長押しして、再起動を行なってください。

  5. WiFiへの接続
    1. TripWiFiの電源を入れます。
      スマートフォンのWiFi設定をオンにして「TripWiFi×××」を選択し、パスワードを入力するとインターネットに接続できます。

    ※パスワードは端末の液晶画面に表示されています。

アプリインストール

4WiFiへの接続

TripWiFiのアプリのトップページから、ご利用になりたいプランを選択してください。
国内プランではGB量によって金額が変わるのみで、国内エリアによって金額が変動することはありません。
しかし、海外では利用したいエリアによって金額が変わりますので目的地の料金を確認して購入してください。
公式サイトのご利用料金から各料金プランをご確認していただけます。
プランが購入できれば、後は電源を入れるだけでインターネットが利用できます。
また、万が一チャージしたGBを使い切ってしまった場合も、自動的に課金されることもないので安心して利用することができます。
Trip WiFiのご利用方法を動画でも説明しておりますので、さらに細かく詳細を知りたい方はこちらからご覧くださいね。

チャージしてご利用開始

よくあるご質問

Q

インドで利用できるエリアはどこですか?

A

インドに属する島や標高が高い山以外であればご利用が可能です。詳しくは利用料金ページをご覧ください。

Q

インドで利用する為にはいつまでに入金が必要ですか?

A

アプリから前払で事前にチャージしていただく必要がございます。詳しくはデータ購入画面でご確認ください。

Q

初めてインドで利用する際、事前申請や設定は必要ですか?

A

事前申請や設定は必要ございません。プラン購入後、現地で電源を入れるだけでご利用いただけます。

Q

別途購入したSIMを利用することはできますか?

A

SIMカードスロットから SIMカードを挿入し、選択すればご利用いただけます。(Nano-SIMのみ)

Q

インドでWiFiに関するトラブルが発生した場合はどうしたらいいですか?

A

日本語対応のカスタマーセンターにてサポートをさせていただきます。詳しくは、アプリ内の会社概要をご覧ください。

サポートについて

Trip WiFiは海外からでも安心のサポート体制!
日本語対応のカスタマーセンターにて、Trip WiFiをご利用いただいているお客様のサポートをさせていただきます。
海外でトラブルが発生した場合でも気軽にお問い合せください。

渡航前・帰国後のお問い合わせ

050-5358-5834

受付時間  平日:10時?20時  土日祝:10時?20時

渡航中のお問い合わせ

+815-05358-5834

受付時間  平日:10時?20時  土日祝:10時?20時

インドでのWiFi活用方法

気になるWiFiの活用方法は、快適な旅を送るための方法と同じです。
現地で気になるお店やメニューを調べることも、翻訳アプリを使うときにも、
ホテルや観光スポットまでの地図を利用する際にもインターネットは欠かせませんよね。

現地の無料WiFiのみだと、通信の不安定さやセキュリティ面でも不安があります。

さらに、無料WiFiは屋内で提供していることが多いので、いざ屋外で調べ物をしたいと思ってもインターネットを使うことができません。

そんな時にもWiFiがあれば、「いつでも」「どこでも」「何にでも」活用していただけます。

さらにTrip WiFiは、アプリでのチャージ制を採用しているため、「使いたい時に」「使いたい分だけ」計画的にGBを購入して利用することができます。

無駄なく、安全性も高く、快適にインターネットへ接続し、あなたの旅行をサポートしてくれます。
また、1台のルーターを複数人で共有できるので、友人や家族、恋人などと一緒に使用できるというのも大きな魅力です。

Trip WiFiと一緒に、インドでも日本と変わらない快適な1日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

1GBで出来ること

YouTube

500分(8時間20分)の視聴が可能

Yahoo(トップページ)

4,339回の閲覧が可能

Gmail(文字のみ)

204,800通の送信が可能

Gmail(500万画素撮影の画像添付)

341通の送信が可能

Google Map

約1399回の閲覧が可能

LINE(文字送信のみ)

約50万回の送信が可能

音声通話

55時間30分の通話が可能

※上記はあくまでも目安です。

インドの基本情報

インドの国旗

インド India

直行便で約10時間、成田・関空から直行便あり

インドとの時差は-3.5時間(ニューデリー)

首都

ニューデリー(New Delhi)

最大都市

ムンバイ

人口

12億1,057万人

通貨

1ルピー=1.58円(2019年7月29日)※ミネラルウォーター500ml=25ルピー(40円)くらい

言語

ヒンディー語,英語,その他複数の各州公用語

インドの行事

ホーリー祭の写真

ホーリー祭
Holi

ヒンドゥー教の春祭りで、春の訪れを祝い、誰彼無く色粉を塗りあったり色水を掛け合ったりして祝います。

続きを読む

ホーリー祭はもともと豊作祈願の祭りでしたが、その後クリシュナ伝説などの各地の悪魔払いの伝説などが混ざって、現在みられる形になりました。

合言葉はハッピー・ホーリー!
カースト制度が人々の根底に根付いているインドですが、この日は宗教や階級、立場に関係なく人々と交流することができます。
参加時の注意点としては服装です。捨ててもいい服装で参加する様にしましょう。

インドの観光地【アグラ】

アグラの地図

タージ・マハルの写真

タージ・マハルの写真

タージ・マハルの写真

世界遺産

タージ・マハル
Taj Mahal

世界で最も美しいお墓とも言われるほど、インド観光のメインになる世界遺産『タージ・マハル』

そして美しいのは外観だけではありません!
タージマハルが建てられるまでの恋の逸話も美しいんです。

続きを読む

ムガール帝国の王子様が町で出会った女性と恋に落ち、めでたく2人は結婚。
やがて王となってからも、たくさんの妻を持つこともハーレムを作ることもなく王妃ただ1人だけを生涯愛し続けました。
王妃は14人目の子供を出産した後、36歳という若さで王を残し他界してしまいます。
悲しみに打ちひしがれた王様は、その後20年の歳月をかけ愛する王妃の為にこの美しいお墓を造ったのです。
そして生涯、王妃を想いこの霊廟を眺めながら一生を過ごしたと言われています。

これほどロマンチックな場所だから女性に人気のスポットなんですね。
インド北部の都市:アグラにあり、首都デリーからは電車で3時間ほどで到着します。
人生で1度は訪れてみたい場所ですね。

タージ・マハルのメインゲートの写真

タージ・マハルのメインゲートの写真

タージ・マハルメインゲート

初めての訪問なら誰しもがドキドキしながら向かうタージマハル… 正面のメインゲートは、真っ白なタージマハルとは対照的な色の立派なゲートなのです。 ここを通り抜けるとあの美しいタージマハルに出逢えます!

アグラ城の写真

アグラ城の写真

世界遺産

アグラ城
Agra Fort

古都アグラのアグラ城は、周囲2.5㎞に及ぶ巨大な赤い城塞。
16世紀からインドで繁栄を誇っていた、イスラム勢力のムガール帝国歴代皇帝の城で、帝国の強大な力と栄華の象徴と言われています。

続きを読む

赤砂岩でできた重厚な城壁で囲まれるため、「赤い城」と呼ばれており、当時赤色は力強さを表し、白色は純白を表しました。
アグラの内部はタージマハルを造った第5代皇帝シャー・ジャハーンがほとんどを造ったため、アグラ城塞の内部は真っ白の建物が多いです。

またタージマハルからとても近いため、朝はタージマハル、昼からアグラ城と観光するプランがおすすめです。
タージマハルとアグラ城は歴史的にも関わりの深い場所であり、それを知ってから行けば何倍も楽しめる場所だと思います。

インドの観光地【ジャイプール】

ジャイプールの地図

アンベール城の写真

アンベール城の写真

世界遺産

アンベール城
Amer Fort

インド北西部、砂漠地帯であるラジャスタン州の州都ジャイプール郊外にあるアンベール城。
1592年にマハラジャのマン・シンによって建設が始められ、何度かの改築を経て完成しました。

続きを読む

アンベール城の見どころは何といってもその様式美でしょう。
イスラムの影響を受けた建築様式は一見の価値アリです。
特にガネーシャ門は、イスラムとヒンドゥーの様式が入り混じった特有のラジャスタン様式で建てられており、世界一美しい門として人気があります。

アンベール城名物、麓から丘の上までの150メートルほどの急な坂道を登るときは象のタクシーがおすすめ☆
丘の上から見える景色も見晴らしがよく、映画の世界に入り込んだような素敵な空間です。

ジャンタル・マンタルの写真

ジャンタル・マンタルの写真

世界遺産

ジャンタル・マンタル
Jantar Mantar

ジャンタル・マンタルは、古代の天文台。
インド北部に5か所ある内、ジャイプールのものが最大で2010年に世界遺産となりました。

続きを読む

天体観測器具は、今から300年程前に造られたというのに現代でもほぼ正確に天体の観測が出来るのです。

そしてここジャイプールにある赤道日時計は、宗教暦上の日付を知るために造られたもので世界で最も正確だと言われており、石造りの二重赤道日時計は、記念碑も兼ねています。

その他の観光地

  • ガンジス川(Ganges)
  • レッド フォート(Red Fort)世界遺産
  • フマユーン廟(Humayun's Tomb, Delhi)世界遺産

インドのグルメ

インドカレーの写真

インドカレー

ヒンドゥー教徒は、牛を「神聖」な動物としているため、ビーフを食べることは宗教的にタブーとされています。(インド人口の83%はヒンドゥー教徒)
またイスラム教徒は、豚を「汚ないもの、けがれたもの」としているため、ポークを食べることは宗教的にタブーとされています。(世界のイスラム教徒数第2位はインド)

なのでインドでは、『ビーフ』と『ポーク』はあまりメジャーな食材ではないので、お肉料理と言えば、『チキン』か『マトン』が一般的です。

その他のグルメ

  • タンドリーチキン
  • ナンとチャパティ
  • チャイ

インドの
お土産・ショッピング

ヒマラヤ社のコスメの写真

プチプラ!

アユールヴェーダを取入れた
ヒマラヤ社のコスメ

本物志向なら老舗のカーマ アーユルヴェーダもおススメ!

ヒマラヤの岩塩の写真

お土産に大人気!

ヒマラヤの岩塩

CAさんにも人気!

ミッタル・ティーの紅茶

  • インドのイメージ写真

  • インドのイメージ写真

  • インドのイメージ写真

  • インドのイメージ写真

  • インドのイメージ写真

  • インドのイメージ写真

インド旅行のベストシーズン

北インドにあたるデリー・アグラ・ジャイプール・バラナシといった観光地は、乾季である11月~2月頃がおすすめ!
※乾季の日中は20℃前後で過ごしやすく、朝晩は冷えるので羽織りが必要です。
ムンバイなどのアラビア海沿いの西南部では、気温差は年間通して少なく、日中は30℃前後、高温多湿です。

※横にスクロールできます

デリー

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(最高) 21 24 30 36 40 39 35 34 34 33 28 23
平均気温(最低) 31 31 33 33 33 32 30 30 30 33 34 32

ムンバイ

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(最高) 31 31 33 33 33 32 30 30 30 33 34 32
平均気温(最低) 17 18 21 24 26 26 25 25 24 23 21 18

近隣の人気周遊エリア

アジア

Page Top