業界初!端末さえあれば基本料金無料
国内外どこでも好きな時に使えるお手軽WiFi

インドネシアの国旗

インドネシア旅行で使える!グローバルなWiFiならTrip WiFi

インドネシアの観光地【ジャワ島エリア】

【ジャワ島エリア】

ボロブドゥール寺院遺跡の写真

ボロブドゥール寺院遺跡の写真

ボロブドゥール寺院遺跡の写真

世界遺産

ボロブドゥール寺院遺跡
Borobudur Temple Compounds

大規模な大乗仏教の寺院跡であり、カンボジアの「アンコールワット」、ミャンマーの「パガン」ととにも世界三大仏教遺跡に数えられています。世界最大級の石造遺跡として、ユネスコ世界遺産に指定されました。

続きを読む

ボロブドゥール寺院遺跡は今から1千年以上前に建立されたといわれていて、遺跡面積はおよそ1.5万㎡、高さは33mに及びます。200万個以上の石を積み重ねて作られた巨大な建物で、その外側には500以上もの石像が設置されています。寺院の上部には、釣鐘状に「ストゥーパ」と呼ばれる仏塔が配置され、ボロブドゥール寺院遺跡の大きな特徴となっています。ボロブドゥールで外せないのは「仏像に触ると幸せになれる」と言われているストゥーパ。
『クント・ビモ』 と呼ばれている仏像が納められていて、ストゥーパの穴から手を伸ばし、「女性は仏像の右足小指、男性は仏像の右手小指に触れると願いが叶い、幸せになれる。」といわれています。
インドネシア屈指のパワースポットであり、運気向上を願ってぜひとも訪れたい場所です☆

プランバナン寺院の写真

世界遺産

プランバナン寺院
Prambanan Temple

プランバナン寺院はインドネシア最大級のヒンズー教寺院で、ジャワ建築の最高傑作としてユネスコ世界遺産に指定されています。ボロブドゥールと双璧をなすジャワ島の宗教遺跡です。

続きを読む

9世紀頃に中部ジャワを支配していたマタラム朝のピカタン王によって建設されたと考えられています。プランバナン寺院は6つの祠堂を中心に成り立っており、最も中心に位置するシヴァ堂は、高さ47mの偉容を誇ります。また、寺院の周りの壁には、ここでしか見ることのできない貴重なレリーフや、インドの古代叙事詩を物語った彫刻などが残っています。ボロブドゥール寺院遺跡とセットで観光するのがオススメです☆

ラグナン動物園の写真

ラグナン動物園の写真

ラグナン動物園の写真

ラグナン動物園
Ragunan Zoo

続きを読む

ここにはインドネシアで有名な恐竜の生き残りとも言われているコモド·ドラゴンを含めゾウやキリン、トラなど動物園ではお馴染みの動物など、約300種類が飼育されています。敷地面積140ヘクタールもあるという館内は熱帯雨林の森のようで、大都市ジャカルタではあまり感じることのできない自然豊かなインドネシアを実感させられます。園内には専用バスも走っているので、乗車しながらゆっくり動物を見ることができます。

イジェン火山の写真

イジェン火山
Ijen volcano

イジェン火山は、赤い炎ではなく、青い炎が燃え上がる、世界でも珍しい現象で有名です。現地では、これをブルーファイアーと呼んでいます。

続きを読む

青く輝いて見えるのは、実際には硫黄ガスが燃焼する際に発生する光で、硫黄ガスの一部が液状に凝縮し、燃え続けながら山の斜面を落ちてゆく様子が青い溶岩のように見えるのだそうです。この世のものとは思えない異様な光景ですが、まるで映画でも見ているかのようなとても幻想的な様子を見ることができます。イジェン火山に登り、ブルーファイアーを見るには、経験のある現地のガイドが必須です。滑りやすい岩場を歩き、ガスマスクとゴーグルの着用が必要になりますので十分な注意が必要です。現地でのレンタルもありますが、ブルーファイアーを近くで観たい場合はガスマスクは日本での購入をお勧めします。危険な場所ではありますが、苦労した甲斐あっての青い炎を観た感動は大きいです★ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

その他の観光地

  • インドネシア国立博物館

インドネシアの観光地【バリ島エリア】

バリ島の地図

タナロット寺院の写真

タナロット寺院
Tanah Lot Temple

タナロットとは、バリ語で「海の中の土地」という意味です。16世紀にこの地を旅したジャワの高僧ニラルダの提唱によって建立されたと言われています。

続きを読む

海上の岩の島の上に建てられており、潮の満潮時にはまるで海に浮かんでいるような光景を鑑賞することができます。バリ島南西部のウルワツ寺院とともに、サンセットの美しい寺院として知られています。バリ島では、年間を通してサンセットの時間はだいたい18時~18時半の間です。美しいサンセットを鑑賞したい場合は、17時頃には現地に到着しておくことをおすすめします!また、タナロット寺院までは公共交通機関はないので、チャータータクシー、またはツアーへの参加が必須です。チャータータクシーで向かう場合は必ず往復で手配してくださいね!

クタ・ビーチの写真

クタ・ビーチの写真

クタ・ビーチ
Kuta Beach

波が穏やかで1年中サーフィンを楽しめる気候なため、絶好の波を求めて世界中からサーファーが集まるサーフィンスポットです。バリ島観光でも人気の高いビーチです。

続きを読む

1年中サーフィンを楽しめるエリアは少なく、クタビーチはバリ島サーフィン発祥の地とされています。周辺にはレンタルショップやサーフィンスクールもあり、日本人スタッフが常駐しているので初心者の方でも安心してサーフィンに挑むことができますよ☆また、「パンタイ・クタ」と呼ばれるクタビーチ通りは、クタの繁華街からすぐそばに位置し、観光客で常に賑わっている場所です。地元オリジナルの衣料品店やレストランもあります。バリ島を訪れた際はぜひとも立ち寄ってほしいスポットです♪

キンタマーニ高原の写真

キンタマーニ高原の写真

キンタマーニ高原
Kintamani Highland

キンタマーニ高原は、バリ島北部に位置する標高1,500mの高原地帯です。南国にありながら涼しい気候で、バリ島きっての高原リゾート地として知られています。

続きを読む

キンタマーニ高原には「バリの水がめ」と呼ばれるバトゥール湖があり、世界遺産にも登録されています。「川や泉を生み出した女神の住み家」といわれており、パワースポットとしても人気の観光地となっています。
その他標高1717mのバトゥール山は、現在も火山活動が続いている活火山で有毒ガスが発生しています。バトゥール山に登る際はガイドさんとの観光をおすすめします。また、バトゥール山の周辺にはティルタ(聖なる水)と呼ばれている天然温泉が湧いています。バリ島の温泉(スパ)は全て水着着用ですので、キンタマーニ高原でスパを利用する際は水着を忘れずに持っていって下さいね☆

ウブドの写真

ウブドの写真

ウブド
Ubud

観光地としても人気が集まるウブドは、丘陵に階段状になっているライステラス(細長い水田)の風景と渓谷が絵のように美しいことで有名な場所です。

続きを読む

この美しい景観に魅力を感じ、多くの芸術家が住みはじめ作品を展示する美術館まで建てられました。
ライステラスだけではなく、バリ舞踊、バリ絵画、ガムラン民謡が盛んな芸術の街としても知られています。
ウブドの町のシンボルであるウブド王宮では毎日19:30~21:00にバリ舞踏の公演も行われています。芸術の街であるウブドで行われるバリ舞踏は、ホテルのディナーショーなどでみるものとはレベルも迫力も全く違います!曜日によって舞踏団や公園内容が異なるので予めチェックしていくことをおすすめします♪

モンキー・フォレストの写真

モンキー・フォレスト
Monkey Forest

ウブド南部にあるテガルパダンという村に設けられた自然保護区で、約700頭の野生のサル(カニクイザルの仲間)が生息しています。

続きを読む

モンキー・フォレストの入口付近には、サルにあげるためのバナナが販売されているので、ここでバナナを購入して入場しましょう。中ではサルにバナナをあげたり、写真を撮ったりできます。観光客になれているサルたちは、人間を恐れずに近寄ってきてくれますが、中には肩に乗ってきたり、メガネや帽子など持ち物を取ろうとするいたずら好きのサルもいます。しかし森の中にはこうしたサルたちのいたずらを制してくれる地元スタッフがいるので安心してくださいね♪

「アヤナ リゾート&スパ バリ」のロックバーの写真

「アヤナ リゾート&スパ バリ」のロックバーの写真

「アヤナ リゾート&スパ バリ」のロックバーの写真

「アヤナ リゾート&スパ バリ」のロックバー
Rock Bar at AYANA Resort and Spa

続きを読む

海上14メートルに建つ、大人のお洒落な空間が広がっている絶景オープントップバーです。ロックバーへは、崖に沿って垂直に下るケーブルカーに乗って向かいます。毎日16時オープンですが、毎日16時半には行列ができるほどとても人気のあるバーで、宿泊者優先となるので宿泊をしていない場合はオープン前に並ぶか、ケーブルカーを使わずに約50m先にある長い階段を使うと希望の席に座れるかもしれません。潮風が心地よく、好天に恵まれればインド洋に沈む美しい夕日を眺めながらロマンチックなひと時を過ごせます。

タマンアユン寺院の写真

タマンアユン寺院の写真

世界遺産

タマンアユン寺院
Taman Ayun Temple

17世紀、バリ島にはいくつもの王国があり、このあたりはムングウィ王国という国が栄えていました。その国を守る鎮護寺として1637年に「タマン・アユン寺院」が建立されました。

続きを読む

タマンアユンとは「美しい公園」という意味を持ち、その名の通りバリ島内でもっとも美しい寺院の1つと評価されている庭園寺院です。建てられた当初は、「タマン・アフユン寺院」と呼ばれており、「望みが叶う公園」という意味があります。どちらの名前も、素敵な意味ですよね。実はここ、恋愛成就のパワースポットとしても人気があり、地元の人も大切な人と参拝にくるほどなんです♡カップルで訪れると絆が深まると言われていて縁結びの祈願にもオススメですよ!
また、タマン・アユン寺院は敷地が二重の水路で囲まれた珍しい観光スポットでもあり、現在も周辺の地域の棚田に流す用の水を管理している施設として働いています。バリ島の人々にとってタマンアユン寺院はとても神聖な場所です。正装をする必要はありませんが、短パンやミニスカートなどの素足を出した格好では入場することができませんので服装には注意が必要です!

その他の観光地

  • テガララン ライステラス

インドネシアの観光地【スマトラ島エリア】

【スマトラ島エリア】

トバ湖の写真

トバ湖
Lake Toba

続きを読む

世界最大のカルデラ湖(火山活動によってできた大きな凹地のこと)で長さ100km、幅は約30km、最大水深530mで、面積は1,130㎢にも及びます。これはなんと琵琶湖の1.8倍もあるそうで、大規模噴火により形成され、約1000kmにもわたり火山灰が空を覆い尽くしたと言われています!アトラクションはあまりありませんが、ゆっくりとした時間が流れていて、のんびりリラックスできる場所です☆

グヌン・レウセル国立公園の写真

グヌン・レウセル国立公園の写真

グヌン・レウセル国立公園の写真

世界遺産

グヌン・レウセル国立公園
Gunung Leuser National Park

希少動物であるスマトラトラやスマトラサイ、スマトラゾウなどを含む5,000種以上の動物、300種以上の鳥類を保護しています。オラウータンの生息地としても有名です!

続きを読む

クリンチ・スブラット国立公園、ブキット・バリサン・スランタン国立公園とともに、「スマトラの熱帯雨林遺産」という名称で、2004年ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されています。時期にもよりますが、世界最大の花「ラフレシア」を見ることができるかもしれません。ラフレシアは、花が咲いてから3日で枯れてしまうので、見ることができたらラッキーです☆

インドネシアの観光地【カリマンタン島エリア】

カリマンタン島の地図

ロックバンタンの水上マーケットの写真

ロックバンタンの水上マーケットの写真

ロックバンタンの水上マーケット

インドネシアのバンジャルマシンのマルタプラ川で行われている市場です。

続きを読む

カリマンタン島南カリマンタン州の州都バンジャルマシンは、別名「東洋のベニス」や「川の都市」とも呼ばれている街です。最大の見どころはなんといっても水上マーケット!500年以上も前から続く歴史ある水上マーケットであり、伝統的なボートに乗って川の上で果物や野菜などの食材などを中心に販売しています。早朝が一番活気があって面白い時間帯なので、観光の際はぜひ早起きして出かけてみてください☆

インドネシアのグルメ

ナシ・ゴレンの写真

ナシ・ゴレンの写真

ナシ・ゴレンの写真

ナシ・ゴレン
nasi goreng

日本のレストランでもよく見かけるメニューですね。「ナシ」はご飯、「ゴレン」は炒めるという意味があります。ご飯にチキン、エビ、野菜などを入れて炒めたもので、スパイシーな料理の代表格です。甘辛くスパイシーな味と焼き飯に添えられた野菜や目玉焼きなど彩豊かで、インドネシアで大人気です。

サテの写真

サテ
sate

屋台などでよく売られている「サテ」はインドネシアのジャワ島発祥で、東南アジア諸国で広く食べられている串焼き料理です。日本で言う焼き鳥のような食べ物です。
使われるお肉は鶏だけでなく牛肉や山羊肉などさまざまで、甘辛いピーナッツソースやケチャップマニスという甘く濃度のある醤油のような風味のソースをつけて食べるのが定番です。ケチャップマニスは焼き鳥のたれと似たような味をしているので日本人にも親しみやすい味ですよ♪

ミー・ゴレンの写真

ミー・ゴレンの写真

ミー・ゴレン
Mi goreng

インドネシア語で「ミー」は麺、「ゴレン」は炒めるを意味します。インドネシア風の焼そばです。インスタント食品(袋麺)でも販売されているぐらいとても人気のある国民食なんです。野菜の他に鶏肉やエビが入っていて、味も美味しく食べ応えもある一品です。

ナシ・チャンプルの写真

ナシ・チャンプル
nasi campur

ご飯とおかずがワンプレートになっているものナシ・チャンプルと呼びます。「ナシ」はご飯、「チャンプル」は混ぜるという意味です。ナシ・チャンプル屋さんにもいろいろなタイプのお店がありますが、基本的には魚や野菜、肉や卵などを使った幾つかのおかずが陳列されており、その中から好きなものを選びます。おかずの種類が豊富なので色々な種類を頼みたくなりますが、一盛りがかなり多いのでお腹と相談しながら注文してくださいね!

バクソの写真

バクソの写真

バクソ
bakso

バクソとは肉団子スープのことです。一般的なのは鶏肉ですが、牛肉、豚肉、魚から出来ているものもあります。日本でいうつみれを硬くしたような食感です。スープは透き通っていてあっさりとした味わいですが、インドネシアの人達はこれにサンバルという唐辛子のソースとケチャップマニスという甘い醤油をたっぷりかけて食べます。完全に味が変わってしまいそうですが興味のある方はぜひチャレンジしてみてください(笑)

イカン・バカールの写真

イカン・バカール
ikan bakar

インドネシア語で「イカン」は魚、「バカール」は焼くという意味で、直訳すると焼き魚という意味になりますが、魚介類全般の炭焼料理の総称にも使われています。スパイスをふんだんに使い、火に通すのが一般的な調理方法でインドネシア人にとってとても大切な料理であり、大切な日や正月に食べるご馳走です。地域によって味付けやソースがことなり、調理方法もさまざまです。

ルンピアの写真

ルンピア

インドネシア風の春巻きのことです。外側はカラッと揚げられていて、中には鶏肉や野菜がたっぷり入っています。サンバル(唐辛子のソース)やケチャップマニス(甘口醤油)につけて食べます。日本の春巻きと同じような味で、インドネシアの人達はおやつ感覚で食べます。ワルン(食堂)や道端で売られていてお値段も20円から30円程とお手頃なため、とても人気のある食べ物です。中には揚げない「生ルンピア」もあるので、ぜひこちらも試してみてください♡

ダダールグルンの写真

ダダールグルンの写真

ダダールグルン
Dadar Gulung

ダダールは「卵、オムレツ、薄い生地」、グルンは「くるむ、つつむ」という意味です。バナナやココナッツをくるんだ、クレープのことをいいます。ホテルや、観光客向けのオシャレなワルン(食堂)などで、気軽に食べることができます。また、食後だけではなく、小腹がすいたときにも丁度よいサイズ感で、お味も日本人の口によく合います♪ちなみに写真の緑色のダダールグルンは「パンダン」と呼ばれる植物によって色付けされています。

ランブータンの写真

ランブータン
Rambutan

インドネシア語で「ランブット=髪の毛」に由来しているそうで、皮がケバケバの毛で覆われています。独特の殻の中に半透明の果実が入ったフルーツです。旬は1月で、ジャカルタの街中でもゴロゴロ実っています。味はナタデココやライチによく似ていますが、ライチより甘酸っぱく、クセもないので食べやすい味です。真ん中には大きな種があります。

テンペの写真

テンペの写真

テンペ
tempe

インドネシア発祥の伝統食でバナナの葉で包んだ大豆をテンペ菌で発酵させて作ります。日本の納豆と似にていますが納豆のようなにおいやねばりはありません。テンペを炒めた「テンペゴレン」が定番の食べ方ですが、臭みなどもなく淡白で食べやすい味なので、一口大に切って、揚げ物、炒め物、煮込み料理などさまざまな料理に使われています。
食感が肉に似にていて肉の代わりにもなるため、宗教上、肉を食べない人にもたんぱく質がとれる食材として家庭料理にかかせないのです。

その他のグルメ

  • オンデ・オンデ
  • エス・ブア

インドネシアの
お土産・ショッピング

コピルアックの写真

コピルアックの写真

コピルアック
Kopi Luwak

実はジャコウネコの糞から取れるコーヒーで、一風変わったエキゾチックな香りと酸味が人気なんです。
世界一高級とされていて、日本だと1杯4,000〜5,000円する高級コーヒーなのですが、そんなコピルアック、インドネシアではかなり安価で手に入ります。「コピルアック」の『インスタントコーヒー』は、300円程度で販売しているのでばらまきお土産にもおすすめですよ☆話の種としても盛り上がるので、お土産に持ち帰ってみてはいかがでしょうか♪

バティック雑貨の写真

バティック雑貨の写真

バティック雑貨の写真

バティック雑貨

マレーシアまたはインドネシアでよく見られる、ろうけつ染め(模様部分を蝋で防染し染色する伝統的な染色法)布地のことで、特にジャワ島で有名です。インドネシアの無形文化遺産にも指定されていて、古代の王宮文化が起源という、歴史ある工芸品なのです。ポーチやクッションカバー、巾着などの雑貨は特に女性へのお土産に人気!高級なものからばらまき用まで用途に合わせて購入できるおすすめの雑貨土産です♪

カシューナッツの写真

カシューナッツ

中でもバリ島東部で生産、加工されたカシューナッツのみを使用し、作られる「EAST BALI CASHEWS」というブランドのカシューナッツが大人気で、シーソルト味やカカオ味、こどもに喜ばれそうなキャラメルポップコーン入りのカシューナッツもあります。チリクランチやガーリックペッパーといったお酒のおつまみによく合いそうな種類のカシューナッツまであります!日本では手に入らない種類のカシューナッツもあるのでぜひお土産におすすめです♡

アタの写真

アタ

アタとはインドネシアに自生しているシダ科の植物のことです。葉を取り、茎の部分を乾燥させて使います。一つ一つ手編みで作られており、網目がとても細かいためひとつの製品を編むだけで数日かかることもあります。また、アタの栽培は難しいため、自生しているものを採取して作りますが、最近ではこのアタが不足していて、どんどん希少な材料になってしまっています。
アタは耐久性にも優れ、100年は使える、と言われています。日本の浴衣や和装にもよく合うかごバックや、日常使いもできるランチョンマットやコースター、収納にも使えるボックスやバスケットなどさまざまな種類のアタ製品があります。細かいアタで編まれたものは最高級で通常の4倍程度の値が付くものもありますが、1000円代で購入できるものもあるのでぜひチェックしてみてください☆

その他のお土産・ショッピング

  • モンゴチョコレート
  • エリップスのヘアオイル

インドネシアの行事

ニュピ(3月)

「静寂の日」ともいわれ、当日の朝6時から翌朝6時までバリ島全体が外出禁止となり、電気や火の使用も禁じられます。外国人や観光客にも適用され、ホテルからの外出もできません。空港は閉鎖され、全ての交通機関がストップし、レストランやショップは全面休業します。島中真っ暗になりますが天候に恵まれれば夜空にはプラネタリウム並の星が瞬き、天の川も見られるかもしれません。

オゴオゴ(ニュピの前日)

来襲した悪霊ブト・カロを追い祓う日です。村の集会所にはたくさんのお供え物や生贄が捧げられ、僧侶によるお祓いの儀式が行われます。夕方になると各家庭で松明を手に、鍋底などをガンガン打ち鳴らしながら敷地内の悪霊を追い出します。夜には追い出された悪霊が憑依した巨大なハリボテ人形やお供え物を担ぎ練り歩きます。

インドネシアの基本情報

インドネシアの国旗

インドネシア共和国 Republic of Indonesia

成田・羽田・関西・名古屋から直行便あり

約7時間~8時間

インドネシアとの時差は-2時間

首都

ジャカルタ

最大都市

ジャカルタ

人口

約2億6,189万人

通貨

1ルピ ア(Rp.)=0.007683円(2020年6月現在)※ミネラルウォーター500ml=5,000Rp.(40円)ぐらい

言語

インドネシア語

インドネシアのWiFi事情(フリーWiFiなどの設備状況など)

インドネシアの都市部のショッピングモールやカフェ、レストランではフリーWi-Fiを設置しているところが多いです。しかしネットワークの状況が悪く、つながらないこともよくあり、通信速度も非常に遅いです。また、カフェやレストラン等では客が多いと使えないこともよくあるので注意してください。
比較的簡単にスマホやPCから接続できますが、接続時にはパスワードの入力を求められることが多いので、お店のスタッフにパスワードを教えてもらいましょう。口頭ではわかりづらいことがあるので、紙に書いて教えてもらうのが確実ですよ!

インドネシアでのWiFi利用料金

 TripWiFi有名WIFIレンタル会社B社国内有名キャリアA社
料金・日数 1GB 500円/7日間 1GB 1,880円/1日×7日間 約24.4MB 1,980円/1日×7日間
合計 500円 13,160円 13,860円

インドネシア旅行のベストシーズン

インドネシアには、乾季と雨季があります。観光を満喫したいならば、乾季である4月~10月がベストシーズンです!

※横にスクロールできます

ジャカルタ

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(最高) 30 30 31 32 32 32 32 32 32 32 32 31
平均気温(最低) 24 24 24 24 24 24 23 23 23 24 24 24

バリ島

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(最高) 33 33 34 34 33 31 30 30 31 34 33 33
平均気温(最低) 24 24 24 25 24 24 23 23 23 24 24 24

Page Top