業界初!端末さえあれば基本料金無料
国内外どこでも好きな時に使えるお手軽WiFi

ルクセンブルクの国旗

ルクセンブルク旅行で使える!グローバルなWiFiならTrip WiFi

ルクセンブルクの観光地【ルクセンブルク郡エリア】

ルクセンブルク郡エリア

ノートルダム大聖堂の写真

ノートルダム大聖堂
Notre Dame Cathedral

ルクセンブルクを代表する尖塔が印象的なカトリック大聖堂です。

続きを読む

この大聖堂では、2012年10月20日にジャン前大公とベルギー王女ジョセフィーヌ・シャルロット王女の婚礼が行われた場所としても有名です。大聖堂内部には天にも届きそうな見事なステンドグラスが、圧倒的な存在感を放っています!また地下室には、王室の金庫室やヨハン盲目王(ボヘミア公)と歴代の大公家の遺骨が収められています。

憲法広場の写真

憲法広場
Place de la Constitution

続きを読む

憲法広場は、旧市街地の入口にある広場で、ここからは、アドルフ橋やペトリュス渓谷の素晴らしい景色を一望できます。中央には、第一次世界大戦の戦没者慰霊碑があり、上部には金色の女神像があります。この像は、1940年にナチスによって撤去されましたが、1945年に戻され、今ではルクセンブルクの自由とレジスタンスの象徴になっています。

ギョーム広場の写真

ギョーム広場
Place Guillaume II

続きを読む

ギョーム広場は旧市街の中心部にあり、一角にはツーリストインフォメーション、市庁舎、ギョーム2世公のブロンズ騎馬像もあります。水曜と土曜の朝には、新鮮な野菜・果物・魚・チーズ・花などの市場が出て活気があります。周辺にはカフェやレストランなどのお店がたくさんあり、市民の憩いの広場となっています。広場にはベンチもあるので観光に疲れたらここで一休みしてください☆

サン・ジャン教会の写真

サン・ジャン教会
Neimenster

続きを読む

細長い尖塔が特徴的で、遠くからでも確認することができます。フランス革命以前はベネディクト派の修道院として使用されていて、女子刑務所も兼ねていました。教会内部には礼拝堂があり、その他バロック様式の調度品や1710年製のオルガン、14世紀の黒い聖母像などがあります。

ボックの砲台の写真

ボックの砲台の写真

ボックの砲台
Casemates du Bock

続きを読む

18世紀にオーストリア軍がボックと呼ばれる断崖絶壁の下に建造した地下要塞で自然の地形を利用した要塞都市と言われています。砲台の中はところどころ暗くて狭い通路が入り組んでいて、ダンジョン探検のようでワクワクします☆また、崖下に広がる旧市街の景色は圧巻です!

アドルフ橋の写真

アドルフ橋
Pont Adolphe

1900年~1903年にフランス人ポール・セジョルネとルクセンブルク人のアベール・ロダンジによってペトリュス渓谷に架けられた、大きな石のアーチが特徴の美しい橋です。

続きを読む

ルクセンブルクの旧市街と新市街を結ぶ重要な橋です。2017年に修復工事を終えたばかりのこの橋は、別名ニューブリッジという愛称で呼ばれており、ルクセンブルクのシンボル的存在です。全長153m、高さ42m、4車線の道路があり、左右には歩行者用の歩道があります。アドルフ橋は独立の象徴でもあり、ルクセンブルクでもっとも広く知られている観光名所のひとつです。街のポストカードや観光パンフレットにも頻繁に登場しています。

ルクセンブルク市庁舎の写真

ルクセンブルク市庁舎
Luxembourg City Hall

続きを読む

以前は、フランシスコ会の修道院でしたが、フランス革命時にフランス軍に占領され別の地へ移転しました。その後、残された修道院の基礎部分を使用して、左右対称な窓が美しい市庁舎が建てられました。正面入り口の階段の両端に構える2体のライオンのブロンズ像は、ルクセンブルク大公国の象徴です。残念ながら市庁舎へは特別なイベント時のみにしか入場ができませんが、外観だけでも見る価値はありますよ♪

その他の観光地

  • シェマン・ドゥラコルニッシュ通りメルホールビスタ(ルクセンブルク市)

ルクセンブルクのグルメ

ボーネルシュルップの写真

ボーネルシュルップ

サヤインゲン、ジャガイモ、メットヴルストのスープです。ポトフのようなシンプルな料理でルクセンブルクの国民食となっています。優しい味付けなので日本人にも合いますよ☆

メットヴルストの写真

メットヴルスト

つけ込んだり燻製にしたりして保存処理をほどこした脂身の少ない豚挽肉(メット)で作る、スパイスの強いペースト状のソーセージです。クリスマスマーケットや屋台などで食べることができます。

プレッツェルの写真

プレッツェル

ルクセンブルクには「プレッツェルの日」があるくらいとても人気のあるお菓子です。昔は、バレンタインデーのお返しとして、女性がプレッツェルを男性に送る日だったため、この時期になるとスーパーにはいろいろな種類のプレッツェルが登場します♪

その他のグルメ

  • パテ・オ・リースリング
  • クニーデレン
  • ジュッド・マット・ガーデボウネン
  • クェッチェンタルト
  • クネル

ルクセンブルクの
お土産・ショッピング

ルクセンブルクマスタードの写真

ルクセンブルクマスタード

意外に思いますが、ルクセンブルクではマスタードの消費量が世界上位なんです。ルクセンブルクのマスタードはチューブ入りと瓶入りのものがあり、チューブ入りのものがお土産には最適です。フレーバーにも種類があり、レモン味のものや卵入りなどがあります。

ワインの写真

ワイン

ルクセンブルクはモーゼルワインの産地としてとっても有名です。ドイツ、フランス、ルクセンブルクに流れているモーゼル川は42キロにも渡り、ルクセンブルクには、ブドウ畑が続いています。ルクセンブルクの白ワインは、フルーティで酸味のあるすっきりしとした味わいが特徴です。日本で購入すると高価なルクセンブルクワインも本場ではリーズブルな値段にて購入できるのでワイン好きの方や自分へのお土産におすすめです。

チョコレートの写真

チョコレート

スーパーや街のお土産屋さんでも数多くのチョコレートが販売されていますが、特におすすめなのが王室御用達の高級感あふれる「オーバーワイス」というチョコレートです。見た目が高級なので、お土産にも最適です。自分へのご褒美チョコとして購入するのもおすすめですよ♡

その他のお土産・ショッピング

  • villeroy & boch 製品
  • チーズ

ルクセンブルクの行事

Buergbrennen「焚火」
(3月)

クリスマスツリーなどの木材や藁を集め、その中心に十字架を置き、丘の上で燃やすことで、冬を追い出し春を迎えるという意味があります。行事中は食べ物や飲み物の屋台が並んで賑わい、夜に焚火やたいまつ行列などが開催されます。

プレッツェルの日曜日
(四旬節の第三日曜日)

男性が想いを寄せる女性にプレッツェルを贈り、女性が復活祭の日曜日にチョコレートの卵を贈り返すというものです。ただし、女性が相手の男性からの申し出を断る場合、空のかごを手渡します。ただし、うるう年にはこの風習が逆になり、女性が想いを寄せる男性にプレッツェルを渡します。

ルクセンブルクの基本情報

ルクセンブルクの国旗

ルクセンブルク大公国 Grand Duchy of Luxembourg

直行便なし

※ヨーロッパ主要都市での乗り継ぎ

約13時間~

ルクセンブルクとの時差は-7時間

首都

ルクセンブルク市

最大都市

ルクセンブルク市

人口

約613,894人

通貨

1ユーロ(€)=120.07円(2020年6月)

言語

フランス語、ドイツ語、ルクセンブルク語

ルクセンブルクのWiFi事情(フリーWiFiなどの設備状況など)

ルクセンブルクの都市部ではほとんどの場所でフリーWiFiの利用が可能ですので特に不便を感じることはないでしょう。セキュリティ面が不安な方や、通信速度が気になる方は日本からのWiFiレンタルをおすすめします!

ルクセンブルクでのWiFi利用料金

  TripWiFi 有名WIFIレンタル会社B社 国内有名キャリアA社
料金・日数 1GB 1,300円/7日間 1GB 1,880円/1日×7日間 約24.4MB 1,980円/1日×7日間
合計 1,300円 13,160円 13,860円

ルクセンブルク旅行のベストシーズン

乾燥していて過ごしやすい5月~10月がおすすめです!

※横にスクロールできます

ルクセンブルク

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(最高) 2 4 8 12 17 20 22 21 18 13 7 3
平均気温(最低) -2 -2 1 3 7 10 12 12 9 6 1 -1

Page Top