業界初!端末さえあれば基本料金無料
国内外どこでも好きな時に使えるお手軽WiFi

ミャンマーの国旗

ミャンマーで使える海外WiFiならレンタルと比較して安いTrip WiFi

ミャンマーのWiFi事情(フリーWiFiなどの設備状況など)

公共の無料Wi-Fiは空港のみと思っておいた方が良いでしょう。ミャンマー市内のホテルやレストラン、カフェ等でWi-Fiを提供しているところはありますが、バガン、インレー、ゴールデンロック、バゴーなどの観光地であってもWi-Fiを提供しているお店は限られます。観光客向けに「Wi-Fi」のロゴを掲げているレストランでも、実際は使えないことも。ホテルのWi-Fiも、部屋の位置によっては速度が遅かったり不安定な事も多いのが現状です。どうしてもネット環境が必要な場合は、Wi-Fiルーターをレンタルするか現地SIMを購入することをオススメします。Wi-Fiルーターがあれば4G回線の電波があるエリアでは比較的快適にインターネットを使う事ができます。日本国内でレンタルしていけば言葉の心配もなく、ミャンマーの空港に着いてすぐに使うことができるので便利です。また、Wi-Fiルーターは充電が切れるとWi-Fiが使えなくなってしまうので、停電が頻繁に起こるミャンマーでは、充電できる時に必ず充電しておくようにしましょう。

ミャンマーで使える海外用ポケットWiFi

ブランドキャンペーン・商品情報

宅配送料0円
クラウドSIM
搭載
海外マルチ
キャリア

空港受取
手数料0円
宅配送料0円

安心パック割引
オプション充実 大容量プラン実施 早割最大20%OFF
※1ヵ月前の予約

空港受取
手数料0円
宅配送料0円
直前申し込みOK!

空港受取
手数料0円
宅配送料0円
商品手配手数料0円

レンタル携帯電話料金10日間無料キャンペーン実施中。

空港受取
手数料0円
宅配送料0円
無料返却パック付

早割10%OFF
※1ヵ月前の予約

空港受取
手数料0円
宅配送料0円
無料返却パック付

早割10%OFF
※1ヵ月前の予約

現地でのWiFi使用料金プラン

1GB:1,000円

1GB:1,880円

1GB:1,570円

1GB:1,850円

無制限:1,250円

500MB:880円

500MB:1,180円

7日間
⇒1,000円

7日間
⇒13,160円

7日間
⇒10,990円

7日間
⇒12,950円

7日間
⇒8,750円

7日間
⇒6,160円

7日間
⇒8,260円

アジアエリア内での周遊料金

0円/7日

周遊可能国

  • 中国
  • 韓国
  • 香港
  • パキスタン
  • スリランカ
  • カザフスタン
  • イスラエル
  • バーレーン
  • サウジアラビア

1,880円/日

1,980円/日

1,580円/日

1,990円/日
※3Gプランのみ

880円/日
※500MBプランのみ

1,180円/日
※500MBプランのみ

ミャンマーでおすすめのWiFi

ミャンマーへ行く際、ポケットWiFiをレンタルする人は多いと思いますが、海外でネットを使う手段の一つとしておすすめしたいのが
「クラウドSIM搭載のポケットWiFi」を購入することです。


「クラウドSIM」とは、今話題になっているWiFiサービスで、SIMカードが不要で全世界100カ国以上で使用することが可能となっています。


比較表でご紹介しているTrip WiFiなら、クラウドSIMなので回線の自動最適化で、国内以外の海外のどこでも快適に利用することができます。


「電波の受信強度」「通信の安定性」「使用データ量」などのあらゆる条件をふまえたうえで、その場所・時間帯・利用状況における最適な回線を自動割当してくれます。


初回に端末を購入する必要があるので、初期費用が高いと思う方もいるかもしれません。


しかし、他社の海外WiFiで日毎にWiFi利用料がかかることや、手続きの煩わしさ、一度購入してしまえば海外だけに止まらずに国内でも利用できるという点をみれば、とても魅力的なWiFiではないでしょうか?

ミャンマーでの利用可能都市

Trip WiFiが利用できる、ミャンマーのメインエリアは以下の通りです。

  • ヤンゴン
  • マンダレー
  • ネピドー
  • バガン
  • etc

※ミャンマーに属する島や標高が高い山以外であればご利用が可能ですが、ご利用になりたい都市が上記項目になく事前に確認したい場合はお問い合わせをいただけますようよろしくお願いいたします。

メールでのお問い合わせ

チャットでのお問い合わせ

端末申し込みから利用開始までの手順について

1お申込み・決済

まずはTrip WiFiの公式サイトへアクセスしお申込みを完了させてください。
各項目に従って必要情報を入力するだけなので、そこまで手間はかからないでしょう。
お支払方法はクレジットカード決済のみとなっています。
取扱いカードは比較表にも記載させていただいておりますが、 「VISA」「Mastercard」「JCB」「AmericanExpress」「DinersClub」となっています。

お申込み・決済

2宅配で端末を受取

TripWiFiは、レンタルではなく端末の購入なので、空港などでの受け取りは行なっておりません。
ご自宅や、指定した場所へ宅配でお届けいたします。
送料は無料で、当日15時までのご注文で当日発送をしています。
スピーディな対応を行なっていますが、宅配業者側での遅れなどを考慮して、
出発日までには余裕をもった注文を行ないましょう。

宅配で端末を受取

3アプリインストール

  1. TripWiFiを箱から出す
    1. TripWiFiの電源を入れてください。
      (電源ボタン3秒間長押し)
    2. ※電源が入ってすぐの動作が遅い場合があります。最大10分程度かかります。



  2. アプリのダウンロード
    1. Trip WiFiのホーム画面にあるQRコードをスマートフォンでスキャンして「Trip WiFiアプリ」をダウンロードしてください。
    2. ※QRコードをスキャンしてもアプリがダウンロードできない場合は、アプリストア「TripWiFiアプリ」を検索してダウンロードしてください。




    3. アプリを開いて「携帯電話番号」または「メールアドレス」を登録してください。

    4. 携帯電話で登録した場合は、SMSに届く認証番号を入力してください。
      メールアドレスで登録した場合は、メールアドレスに届くリンクをクリックして、アカウントをアクティベートしてください。
    5. ※リンクや認証コードのメッセージが届かない場合
      メールアドレスで登録する場合、まずメールの受信トレイや削除済みアイテムなどにメールが届いていないか、またメールボックスの利用可能容量を超えていないかどうかをご確認ください。
      携帯電話のSMSで登録する場合、迷惑メッセージを受信しない機能が設定されていないかどうか、またスマートフォンにて、海外ローミングサービス中の場合はSMSを受信できる環境になっているかどうかをご確認ください。



  3. スマホにTrip WiFiを登録する
    1. TripWiFiアプリにログインして「TripWiFiを登録する」をクリックしてください。

    2. 液晶画面にあるQRコードを、スマートフォンでスキャンすると登録完了です。
    3. ※注意
      Trip WiFiを2台以上お持ちの場合、同一のTrip WiFiアカウントを設定することはできません。
      (1アカウントでの利用は1台まで)
      Trip WiFiを切り替える場合は、まず使用中のTrip WiFiからアカウントを削除し、切り替えたいTrip WiFiでアカウントにログインし直してください。
      切り替え後には、Trip WiFiの再起動が必要です。
      複数のTrip WiFiを同時に使用する場合は、それぞれに対応しているアカウントで別々にログインする必要があります。



  4. Trip WiFiを再起動
    1. 初回のみ、ペアリングした後はTrip WiFiを再起動する必要があります。
      電源ボタンを3秒長押しして、再起動を行なってください。

  5. WiFiへの接続
    1. TripWiFiの電源を入れます。
      スマートフォンのWiFi設定をオンにして「TripWiFi×××」を選択し、パスワードを入力するとインターネットに接続できます。

    ※パスワードは端末の液晶画面に表示されています。

アプリインストール

4WiFiへの接続

TripWiFiのアプリのトップページから、ご利用になりたいプランを選択してください。
国内プランではGB量によって金額が変わるのみで、国内エリアによって金額が変動することはありません。
しかし、海外では利用したいエリアによって金額が変わりますので目的地の料金を確認して購入してください。
公式サイトのご利用料金から各料金プランをご確認していただけます。
プランが購入できれば、後は電源を入れるだけでインターネットが利用できます。
また、万が一チャージしたGBを使い切ってしまった場合も、自動的に課金されることもないので安心して利用することができます。
Trip WiFiのご利用方法を動画でも説明しておりますので、さらに細かく詳細を知りたい方はこちらからご覧くださいね。

チャージしてご利用開始

よくあるご質問

Q

ミャンマーで利用できるエリアはどこですか?

A

ミャンマーに属する島や標高が高い山以外であればご利用が可能です。詳しくは利用料金ページをご覧ください。

Q

ミャンマーで利用する為にはいつまでに入金が必要ですか?

A

アプリから前払で事前にチャージしていただく必要がございます。詳しくはデータ購入画面でご確認ください。

Q

初めてミャンマーで利用する際、事前申請や設定は必要ですか?

A

事前申請や設定は必要ございません。プラン購入後、現地で電源を入れるだけでご利用いただけます。

Q

別途購入したSIMを利用することはできますか?

A

SIMカードスロットから SIMカードを挿入し、選択すればご利用いただけます。(Nano-SIMのみ)

Q

ミャンマーでWiFiに関するトラブルが発生した場合はどうしたらいいですか?

A

日本語対応のカスタマーセンターにてサポートをさせていただきます。詳しくは、アプリ内の会社概要をご覧ください。

サポートについて

Trip WiFiは海外からでも安心のサポート体制!
日本語対応のカスタマーセンターにて、Trip WiFiをご利用いただいているお客様のサポートをさせていただきます。
海外でトラブルが発生した場合でも気軽にお問い合せください。

渡航前・帰国後のお問い合わせ

050-5358-5834

受付時間  平日:10時?20時  土日祝:10時?20時

渡航中のお問い合わせ

+815-05358-5834

受付時間  平日:10時?20時  土日祝:10時?20時

ミャンマーでのWiFi活用方法

気になるWiFiの活用方法は、快適な旅を送るための方法と同じです。
現地で気になるお店やメニューを調べることも、翻訳アプリを使うときにも、
ホテルや観光スポットまでの地図を利用する際にもインターネットは欠かせませんよね。

現地の無料WiFiのみだと、通信の不安定さやセキュリティ面でも不安があります。

さらに、無料WiFiは屋内で提供していることが多いので、いざ屋外で調べ物をしたいと思ってもインターネットを使うことができません。

そんな時にもWiFiがあれば、「いつでも」「どこでも」「何にでも」活用していただけます。

さらにTrip WiFiは、アプリでのチャージ制を採用しているため、「使いたい時に」「使いたい分だけ」計画的にGBを購入して利用することができます。

無駄なく、安全性も高く、快適にインターネットへ接続し、あなたの旅行をサポートしてくれます。
また、1台のルーターを複数人で共有できるので、友人や家族、恋人などと一緒に使用できるというのも大きな魅力です。

Trip WiFiと一緒に、ミャンマーでも日本と変わらない快適な1日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

1GBで出来ること

YouTube

500分(8時間20分)の視聴が可能

Yahoo(トップページ)

4,339回の閲覧が可能

Gmail(文字のみ)

204,800通の送信が可能

Gmail(500万画素撮影の画像添付)

341通の送信が可能

Google Map

約1399回の閲覧が可能

LINE(文字送信のみ)

約50万回の送信が可能

音声通話

55時間30分の通話が可能

※上記はあくまでも目安です。

ミャンマーの国旗

ミャンマー連邦共和国 Republic of the Union of Myanmar

成田からのみ直行便あり

往路:7時間30分

復路:6時間35分

ミャンマーとの時差は-2.5時間

首都

ネピドー(Naypyidaw)

最大都市

ヤンゴン

人口

約5,142万人

通貨

1チャット=0.076円(2020年4月現在)※ミネラルウォーター500ml=250チャット(17円)ぐらい

言語

ミャンマー語

水かけ祭り(新年を祝う)

水をかけあうことで、1年分の汚れを落とし 身を清めて新しい年を 迎えられるとされています。

火の祭り(満月の夜を祝う)

最大の聖地である シュエダゴン・パヤ-には多くの 信者が集まり、 ローソクに火を灯して祈りを捧げます。

ファウンドーウー祭り

長い舟に男性が何十人も乗り、 伝統の片足漕ぎでレースを行う姿は 圧巻です!

カインステート-デー

毎年11月に豊作を祈って行われるカイン族のお祭りです。

シュエダゴン・パゴダの写真

シュエダゴン・パゴダの写真

シュエダゴン・パゴダの写真

シュエダゴン・パゴダ
Shwedagon Pagoda

「シュエ」は黄金、「パゴダ」は仏塔のことを意味します

続きを読む

その名の通り、金色の輝くパゴダは黄金のプレート8688枚で装飾されています。
また、ダイヤモンド5451個、ルビー1383個など合計7000粒近い宝石もちりばめられていて、パゴダ頂上の76カラットのダイヤモンドが埋め込まれている風見鶏も見ものですよ!

また、敷地内にある「曜日コーナー」では、自分の生まれた曜日に参拝するのが習慣となっています。ちなみにミャンマーでは、曜日は7日ではなく「八曜日」となっており、水曜日は午前と午後にわかれています。訪れる前に自分の生まれた曜日をチェックしておくと、旅がさらに楽しくなりますよ♥

チャウッターヂー・パゴダの写真

チャウッターヂー・パゴダ
Chauk Hta Gyee Pagoda

優雅な微笑みが印象的な巨大寝釈迦仏!

続きを読む

全長70m、高さ17m。ミャンマー国内でも屈指の大きさです。
実はこの寝釈迦仏、一度作り直されているんです。
もともとは1907年に作られたものですが、最初の寝釈迦仏はインド人職人の手によって作られ、ミャンマー的ではなかったので、戦後ミャンマー的な寝釈迦仏に作り直されています。初代の寝釈迦仏の写真も展示されているので探してみてくださいね♪

また、足裏には108の仏教宇宙観図が描かれており圧巻です!

ゴールデンロックの写真

ゴールデンロックの写真

ゴールデンロック
Golden Rock

落ちそうで落ちない不思議な金の石

続きを読む

ゴールデンロックとは、その見た目通り、金色の大きな石。
標高1,101メートルの山頂に位置し、高さ6.7m、周囲は25.6mあります。
その石の上には約11mの仏塔。
実はゴールデンロックは愛称であり、本当の名前は「チャイティーヨー・パゴダ」と言います。

今にも落ちそうな状態ですが、なんと数度の大地震の際にも落ちなかったそうです・・

ただし、信仰上の理由から女性はゴールデン・ロックに触れることはできないのが残念・・

ハッピーワールドの写真

ハッピーワールドの写真

ハッピーワールド
HAPPY WORLD

見たことのあるキャラクター達が勢揃い

続きを読む

入場チケットはなんと200チャット(2020年3月現在)、約15円!!!
アトラクションやゲームをする際は別途料金がかかりますが・・

場所はシュエダゴン・パゴダのすぐ近くにあるので迷うことなく見つかります。
入場料も激安なので一度足を運んでみてはいかがでしょう♪

世界遺産

ピュー古代都市群

※ヤンゴンから車で5時間ほど

バガンの写真

バガンの写真

バガンの写真

世界遺産

バガン
Bagan

カンボジアのアンコール・ワット、インドネシアのボロブドゥールとともに、
世界三大仏教遺跡のひとつと称されています。

続きを読む

イラワジ川中流域の東岸、約40kmにも渡り広がる平野に、バガン遺跡群が存在します。
数千ものパゴダ(仏塔)や寺院が点在して立ち並ぶ姿が、とても魅力的です。
バガンとは、広くこの遺跡群の存在する地域を指し、ミャンマー屈指の仏教聖地です。
その一部の城壁に囲まれたオールドバガンは、考古学保護区にも指定されています。

バガンは世界三大仏教遺跡に数えられていますが、仏塔の多さはバガンが群を抜いていて、
数は、3000を超えるといわれています!

オウリウム・パレスホテルの敷地内にあるバガンビューイングタワー、高さ60mの展望台からは
360度の眺望が満喫出来るので日の出や夕日は勿論、日中もバガンの全景を眺められる
お薦めの展望スポットです♥

馬車をチャーター!の写真

馬車をチャーター!

続きを読む

広大なバガンを回るには、移動手段が必要です。
レンタサイクルやタクシーなどもありますが、馬車を1日チャーターして、のんびりと楽しむというのはいかがでしょう?

宿で予約してもらうこともできますし、通りで客待ちしている馬車と直接交渉することもできますよ♪

シュエズィーゴン・パゴダの写真

シュエズィーゴン・パゴダ
Shwezigon Pagoda

「シュエ」は「黄金」、「ズィーゴン」は「勝利・栄光・祝福の地」を意味します

続きを読む

ビルマ型パゴダの元祖と言える形で、アノーヤター王が建設を開始し、息子のチャンスィッター王の時代に完成しました。伝説ではアノーヤター王が放った白いゾウが最初にしゃがみこんだ場所を祝福の地とし、ブッダの額骨と歯4本を納めたと言われています。

また、シュエズィーゴン・パゴダには強い霊力を持つとされる「ナッ神」が37種類あります。
病を治すナッ神、親子のナッ神、商売繁盛のナッ神など37種類すべて見ることをおすすめします♪

タビニュ寺院の写真

タビニュ寺院
Thatbyinnyu Temple

バガンで最も高いと言われるタビニュ寺院ですが、

続きを読む

高さ61メートル説と、65メートル説の両方があります。パガンの旧城壁内にあります。パガン朝第4代国王であるアラウンスィードゥーによって12世紀前半に建立されました。

タビニュ寺院のすぐ近くにある僧院の敷地には、太平洋戦争で命を落とした日本人のために建てられた戦没者慰霊碑や、日本人グループが建てた鎮魂碑もあります。

ウーベイン橋の写真

ウーベイン橋の写真

ウーベイン橋の写真

ウーベイン橋
U Bein Bridge

ウー・ベインとは、インワからアマラプラへと遷都されたときの、市長の名前なんです

続きを読む

アマラプラの東にひろがるタウンタマン湖を渡るため、彼は全長約1.2kmのこの橋を架けました。
世界最長の木造の橋で、なんと橋が造られてから160年も経っているんです!

また、ここは夕日スポットとしても人気が高いので夕暮れになるとたくさんの方で賑わっています。

マンダレー王宮の写真

マンダレー王宮の写真

マンダレー王宮
Mandalay Palace

ミャンマー最後の王朝となったコンバウン朝の旧王宮

続きを読む

日本の皇居もそうですが、マンダレー王宮も王宮の周りをお堀が囲っています。
なんとこのお堀、1辺が2.5キロメートルもあるんです
王宮の入り口は東西南北で4箇所ありますが、外国人観光客が入れるのは現在東門のみですので注意してくださいね!

クドードォ・パゴダの写真

クドードォ・パゴダの写真

クドードォ・パゴダ
Kuthodaw Pagoda

空中写真で見ればきれいな正方形の区画に白い仏塔が並んでいます

続きを読む

ミャンマーの観光スポットとしては、まだそれほど名の知られていないクドードォパゴダ。

金色の門を入り屋根付きの広い通路を進むと、両側にはたくさんの白い仏塔が建ち並んでいます。
地元の若者たちの間で写真映えするスポットとして人気が出ており、最近ではウェディングフォトを撮るスポットにもなっているんですよ♡

インレー湖の写真

インレー湖の写真

インレー湖
Inle Lake

インダー族が暮らすインレー湖

続きを読む

ミャンマーのシャン高原にある巨大な湖。その中には大きな水上村が形成され、たくさんの住民が暮らしています。現地のインダー族が行う独特なスタイルの漁をする姿も見られ、インレー湖では見逃せない名物となっています♪

ファウンドーウー・パゴダの写真

ファウンドーウー・パゴダ
Phaungdawoo Pagoda

続きを読む

インレー湖の上に立っている寺院です。金箔を貼りすぎて丸くなった仏像が5体あります。昔、5基の仏像を乗せて湖を移動しているとき、1基が水中に落ちてしまい、いくら探しても見つかりませんでした。ところが水中に落ちてなくなった1基のパゴダが元あった場所近くの湖岸に現れたことからこの5基の仏像には不思議な力があると信じられています。

また、毎年9、10月に『ファウンドーウー祭り』、別名カラウェーフェスティバルとも呼ばれ、仏像を船に乗せてインレー湖周辺の村々をまわりお祈りをささげます。お祭りは18日間にもわたり、様々なイベントが行われます。

カックー遺跡の写真

カックー遺跡
Kakku Pagodas

なんと2478塔もの仏塔が建ち並んでいるのです!

続きを読む

インレー湖からの場合、所要時間は1時間半~2時間程度かかりますが、圧倒的な数の仏塔が並ぶその姿は一見の価値があります!カックー遺跡までは、パオ族が暮らすいくつかの村を通り過ぎます。パオ族の暮らしを垣間見ることができるので、移動中も退屈しませんよ。タクシーをチャーターするのが一般的です♪

モヒンガーの写真

モヒンガー
mohinga

ミャンマー人のソウルフード!

続きを読む

ナマズの出汁でつくったスープに米で出来た麺を入れたものです。
臭みもほとんどなく、さっぱりとした味わいで、トッピングに揚げたナッツやニンニク、パクチーなどを
お好みで入れます♪

ぜひ一度ローカルなお店で試してみてください!!

ミャンマービールの写真

ミャンマービールの写真

ミャンマービール

続きを読む

過去にモンド・セレクションも受賞し、国際的な認証も得ています。

さっぱりで飲みやすく、ほのかな甘みの混じった味で、ビールが少し苦手・・という人にもチャレンジしやすいビールです。

お土産にもとても人気なんですよ♪

ラペットゥの写真

ラペットゥ
Laphet Thoke

「お茶の葉(ラッペ)を混ぜた(トゥ)」という意味を持つ、ミャンマーの代表的なお茶の葉サラダ

続きを読む

ミャンマーでは発酵したお茶の葉を日常的に食べる習慣があります。
ピーナッツや揚げニンニク、干しエビ、ゴマ、豆、唐辛子などを混ぜて、塩をふりかけ、ピーナッツオイルで和えて食べます。

スーパーに専用の陳列棚があったり、レストランはもちろん空港の売店でも必ず売っている程、とても人気な料理なんです!

ヒン(ミャンマーカレー)の写真

ヒン(ミャンマーカレー)

続きを読む

実はミャンマーの家庭では一番多く食べられていると言うほどポピュラーな料理なんです。

日本のカレーとは異なり、タマネギやニンニクを大量の油で炒め、そこに豚肉(鶏肉、牛肉、マトン、山羊、卵、豆)などの具材を加え、そのまま煮詰めて水分を飛ばす「油戻し煮」という調理法で作られています。ほとんど辛さもなくお子様でも食べることができますよ♪

ミャンマーの少しぱさぱさとしたお米に油がからまってとてもおいしいです。

ヤンゴン・ダウンタウンの19番通りの写真

ヤンゴン・ダウンタウンの19番通り

続きを読む

肉や魚、肉団子など、いろんな食材を串にさして、ショーケースや台に並べてあります。自分で好きなものを選んでお店の人に焼いてもらいます♪串焼きだけでなく、お酒の種類もかなり豊富なので旅締めくくりに生ビール片手に串焼きというのはいかがでしょうか。

その他のグルメ

  • シャン・カオスエ
  • タミンジョー
  • チェー・オー

タナカの写真

タナカの写真

タナカの写真

タナカ
Thanaka

日焼け止め、にきびの防止、お肌全般に万能に効果のある天然化粧品です

続きを読む

決して日本の苗字である「田中」ではありません(笑)

原料である「タナカの木」が名前の由来です。
「Thana」の意味は『汚れ』、「Kha」の意味は『清潔』だそうです!

90%以上が天然由来の成分、そして製法が手作りなので、世界中の女性が注目している化粧品なのです。
なんとタナカの木からタナカ石鹸を作る際には『2ヶ月』も期間がかかるんですよ~

そしてタナカの効果には、
・ニキビなどの吹き出物、虫刺されの治してくれる
・毛穴の引き締め
・オイリー肌を防いでくれる
・日焼け予防
があるんです♪お土産にもとても人気が高いので一度試してみてはいかがでしょう♪

マリオネットの操り人形の写真

マリオネットの操り人形の写真

マリオネットの操り人形

続きを読む

ミャンマーの操り人形は「ヨウッテー」と呼ばれ、操り人形劇は「ヨウッテー・ポエー」と呼ばれます。ヨウッテーは「糸操り」、ポエーは「祭り」を意味するそうです。
現在はミャンマー内に数か所の劇場しかなく、操り人形劇を見ることのできるレストラン等もあります。お土産用の人形は装飾用に小さく作られ全長(頭~足先まで)約30cmぐらいが主なものです。

その他のグルメ

  • ドライマンゴー
  • ミャンマードライジン
  • ジャックフルーツチップ
  • はちみつ
  • 曜日キーホルダー(ミャンマーでは生まれた曜日が重要とされている)
  • ミャンマーのイメージ写真

  • ミャンマーのイメージ写真

  • ミャンマーのイメージ写真

  • ミャンマーのイメージ写真

  • ミャンマーのイメージ写真

  • ミャンマーのイメージ写真

  • ミャンマーのイメージ写真

  • ミャンマーのイメージ写真

  • ミャンマーのイメージ写真

  • ミャンマーのイメージ写真

  • ミャンマーのイメージ写真

  • ミャンマーのイメージ写真

  • ミャンマーのイメージ写真

ミャンマー旅行のベストシーズン

3つのシーズンがあり、乾季・雨季・暑季に分かれているミャンマー、気温が下がり天気のよい12~2月がおすすめ!
※3~4月は酷暑期で、気温が40度を超える日があり、日中は行動できません。5~10月までは、雨期となりスコールが降るので雨具が必要に!

※横にスクロールできます

ヤンゴン

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(最高) 31 34 36 37 33 30 29 29 30 31 31 31
平均気温(最低) 18 19 21 24 25 25 24 24 24 25 22 19

バガン

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(最高) 27 31 35 37 36 33 33 33 32 31 29 27
平均気温(最低) 13 15 20 25 26 26 26 25 25 23 20 15

近隣の人気周遊エリア

アジア

Page Top