業界初!端末さえあれば基本料金無料
国内外どこでも好きな時に使えるお手軽WiFi

ニカラグアの国旗

ニカラグアで使える海外WiFiならレンタルと比較して安いTrip WiFi

ニカラグアのWiFi事情(フリーWiFiなどの設備状況など)

ニカラグアでは、空港や一部のレストランやカフェ、ホテルなどでフリーWiFiが利用可能です。
ただし個人情報などの入力が必要だったり、現地電話番号でのSMS認証が必要なこともあります。
またパスワードを聞かなければならなかったり、速度が遅いこともよくあるので、セキュリティ面が心配な人や常にインターネット環境が必要な人は、日本からWi-Fiルーター等を持っていくことをおすすめします。

ニカラグアで使える海外WiFiブランド

ブランドキャンペーン・商品情報

宅配送料0円
クラウドSIM搭載
海外マルチキャリア

空港受取手数料0円
宅配送料0円

空港受取手数料0円
宅配送料0円
直前申し込みOK!

レンタル携帯電話料金10日間無料
キャンペーン実施中。

空港受取手数料0円
宅配送料0円
無料返却パック付

早割10%OFF
※1ヵ月前の予約

現地でのWiFi使用料金プラン

1GB:2,500円

400MB:1,580円
※3Gプランのみ

300MB: 1,770円
※3Gプランのみ

無制限:1,990円/日
※3Gプランのみ

500MB:1,180円

7日間
⇒2,500円

7日間
⇒11,060円

7日間
⇒12,390円

7日間
⇒13,930円

7日間
⇒8,260円

アメリカエリア内での周遊料金

0円/7日

周遊可能国

  • ドミニカ共和国
  • グアテマラ
  • エルサルバドル

1,880円/3日
※400MB
プランのみ

2,180円/日〜

1,990円/日
※3Gプランのみ

1,180円/日
※500MB
プランのみ

ニカラグアでおすすめのWiFi

ニカラグアへ行く際、ポケットWiFiをレンタルする人は多いと思いますが、海外でネットを使う手段の一つとしておすすめしたいのが
「クラウドSIM搭載のポケットWiFi」を購入することです。


「クラウドSIM」とは、今話題になっているWiFiサービスで、SIMカードが不要で全世界100カ国以上で使用することが可能となっています。


比較表でご紹介しているTrip WiFiなら、クラウドSIMなので回線の自動最適化で、国内以外の海外のどこでも快適に利用することができます。


「電波の受信強度」「通信の安定性」「使用データ量」などのあらゆる条件をふまえたうえで、その場所・時間帯・利用状況における最適な回線を自動割当してくれます。


初回に端末を購入する必要があるので、初期費用が高いと思う方もいるかもしれません。


しかし、他社の海外WiFiで日毎にWiFi利用料がかかることや、手続きの煩わしさ、一度購入してしまえば海外だけに止まらずに国内でも利用できるという点をみれば、とても魅力的なWiFiではないでしょうか?

ニカラグアでの利用可能都市

Trip WiFiが利用できる、ニカラグアのメインエリアは以下の通りです。

  • マナグア
  • レオン
  • ティピタパ
  • マサヤ
  • チナンデガ
  • サンディーノシティ
  • エステリ
  • マタガルパ
  • グラナダ
  • etc

※ニカラグアに属する島や標高が高い山以外であればご利用が可能ですが、ご利用になりたい都市が上記項目になく事前に確認したい場合はお問い合わせをいただけますようよろしくお願いいたします。

メールでのお問い合わせ

チャットでのお問い合わせ

端末申し込みから利用開始までの手順について

1お申込み・決済

まずはTrip WiFiの公式サイトへアクセスしお申込みを完了させてください。
各項目に従って必要情報を入力するだけなので、そこまで手間はかからないでしょう。
お支払方法はクレジットカード決済のみとなっています。
取扱いカードは比較表にも記載させていただいておりますが、 「VISA」「Mastercard」「JCB」「AmericanExpress」「DinersClub」となっています。

お申込み・決済

2宅配で端末を受取

TripWiFiは、レンタルではなく端末の購入なので、空港などでの受け取りは行なっておりません。
ご自宅や、指定した場所へ宅配でお届けいたします。
送料は無料で、当日15時までのご注文で当日発送をしています。
スピーディな対応を行なっていますが、宅配業者側での遅れなどを考慮して、
出発日までには余裕をもった注文を行ないましょう。

宅配で端末を受取

3アプリインストール

  1. TripWiFiを箱から出す
    1. TripWiFiの電源を入れてください。
      (電源ボタン3秒間長押し)
    2. ※電源が入ってすぐの動作が遅い場合があります。最大10分程度かかります。



  2. アプリのダウンロード
    1. Trip WiFiのホーム画面にあるQRコードをスマートフォンでスキャンして「Trip WiFiアプリ」をダウンロードしてください。
    2. ※QRコードをスキャンしてもアプリがダウンロードできない場合は、アプリストア「TripWiFiアプリ」を検索してダウンロードしてください。




    3. アプリを開いて「携帯電話番号」または「メールアドレス」を登録してください。

    4. 携帯電話で登録した場合は、SMSに届く認証番号を入力してください。
      メールアドレスで登録した場合は、メールアドレスに届くリンクをクリックして、アカウントをアクティベートしてください。
    5. ※リンクや認証コードのメッセージが届かない場合
      メールアドレスで登録する場合、まずメールの受信トレイや削除済みアイテムなどにメールが届いていないか、またメールボックスの利用可能容量を超えていないかどうかをご確認ください。
      携帯電話のSMSで登録する場合、迷惑メッセージを受信しない機能が設定されていないかどうか、またスマートフォンにて、海外ローミングサービス中の場合はSMSを受信できる環境になっているかどうかをご確認ください。



  3. スマホにTrip WiFiを登録する
    1. TripWiFiアプリにログインして「TripWiFiを登録する」をクリックしてください。

    2. 液晶画面にあるQRコードを、スマートフォンでスキャンすると登録完了です。
    3. ※注意
      Trip WiFiを2台以上お持ちの場合、同一のTrip WiFiアカウントを設定することはできません。
      (1アカウントでの利用は1台まで)
      Trip WiFiを切り替える場合は、まず使用中のTrip WiFiからアカウントを削除し、切り替えたいTrip WiFiでアカウントにログインし直してください。
      切り替え後には、Trip WiFiの再起動が必要です。
      複数のTrip WiFiを同時に使用する場合は、それぞれに対応しているアカウントで別々にログインする必要があります。



  4. Trip WiFiを再起動
    1. 初回のみ、ペアリングした後はTrip WiFiを再起動する必要があります。
      電源ボタンを3秒長押しして、再起動を行なってください。

  5. WiFiへの接続
    1. TripWiFiの電源を入れます。
      スマートフォンのWiFi設定をオンにして「TripWiFi×××」を選択し、パスワードを入力するとインターネットに接続できます。

    ※パスワードは端末の液晶画面に表示されています。

アプリインストール

4WiFiへの接続

TripWiFiのアプリのトップページから、ご利用になりたいプランを選択してください。
国内プランではGB量によって金額が変わるのみで、国内エリアによって金額が変動することはありません。
しかし、海外では利用したいエリアによって金額が変わりますので目的地の料金を確認して購入してください。
公式サイトのご利用料金から各料金プランをご確認していただけます。
プランが購入できれば、後は電源を入れるだけでインターネットが利用できます。
また、万が一チャージしたGBを使い切ってしまった場合も、自動的に課金されることもないので安心して利用することができます。
Trip WiFiのご利用方法を動画でも説明しておりますので、さらに細かく詳細を知りたい方はこちらからご覧くださいね。

チャージしてご利用開始

よくあるご質問

Q

ニカラグアで利用できるエリアはどこですか?

A

ニカラグアに属する島や標高が高い山以外であればご利用が可能です。詳しくは利用料金ページをご覧ください。

Q

ニカラグアで利用する為にはいつまでに入金が必要ですか?

A

アプリから前払で事前にチャージしていただく必要がございます。詳しくはデータ購入画面でご確認ください。

Q

初めてニカラグアで利用する際、事前申請や設定は必要ですか?

A

事前申請や設定は必要ございません。プラン購入後、現地で電源を入れるだけでご利用いただけます。

Q

別途購入したSIMを利用することはできますか?

A

SIMカードスロットから SIMカードを挿入し、選択すればご利用いただけます。(Nano-SIMのみ)

Q

ニカラグアでWiFiに関するトラブルが発生した場合はどうしたらいいですか?

A

日本語対応のカスタマーセンターにてサポートをさせていただきます。詳しくは、アプリ内の会社概要をご覧ください。

サポートについて

Trip WiFiは海外からでも安心のサポート体制!
日本語対応のカスタマーセンターにて、Trip WiFiをご利用いただいているお客様のサポートをさせていただきます。
海外でトラブルが発生した場合でも気軽にお問い合せください。

渡航前・帰国後のお問い合わせ

050-5358-5834

受付時間  平日:10時?20時  土日祝:10時?20時

渡航中のお問い合わせ

+815-05358-5834

受付時間  平日:10時?20時  土日祝:10時?20時

ニカラグアでのWiFi活用方法

気になるWiFiの活用方法は、快適な旅を送るための方法と同じです。
現地で気になるお店やメニューを調べることも、翻訳アプリを使うときにも、
ホテルや観光スポットまでの地図を利用する際にもインターネットは欠かせませんよね。

現地の無料WiFiのみだと、通信の不安定さやセキュリティ面でも不安があります。

さらに、無料WiFiは屋内で提供していることが多いので、いざ屋外で調べ物をしたいと思ってもインターネットを使うことができません。

そんな時にもWiFiがあれば、「いつでも」「どこでも」「何にでも」活用していただけます。

さらにTrip WiFiは、アプリでのチャージ制を採用しているため、「使いたい時に」「使いたい分だけ」計画的にGBを購入して利用することができます。

無駄なく、安全性も高く、快適にインターネットへ接続し、あなたの旅行をサポートしてくれます。
また、1台のルーターを複数人で共有できるので、友人や家族、恋人などと一緒に使用できるというのも大きな魅力です。

Trip WiFiと一緒に、ニカラグアでも日本と変わらない快適な1日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

1GBで出来ること

YouTube

500分(8時間20分)の視聴が可能

Yahoo(トップページ)

4,339回の閲覧が可能

Gmail(文字のみ)

204,800通の送信が可能

Gmail(500万画素撮影の画像添付)

341通の送信が可能

Google Map

約1399回の閲覧が可能

LINE(文字送信のみ)

約50万回の送信が可能

音声通話

55時間30分の通話が可能

※上記はあくまでも目安です。

ニカラグアの基本情報

ニカラグアの国旗

ニカラグア共和国 Republic of Nicaragua

直行便なし
※アメリカ、メキシコにて乗り換え

約18~20時間

ニカラグアとの時差は-15時間

首都

マナグア

最大都市

マナグア

人口

647万人

通貨

1ニカラグア・コルドバ(NIO)= 3.17円(2020年7月現在)※ミネラルウォーター500ml=25~30NIO(79~95円)ぐらい

言語

スペイン語

ニカラグアの行事

独立記念日(9月15日)

中米5ヶ国(他グアテマラ、ホンジュラス、コスタリカ、エルサルバドル)は1821年9月15日、300年にわたるスペインの植民地より独立しました。
ニカラグアの独立記念日はパレードなどが行われ盛大に祝われます!

ニカラグアの観光地【マナグアエリア】

【マナグアエリア】

旧マナグア大聖堂の写真

旧マナグア大聖堂
Antigua Catedral de Managua

ニカラグアの首都マナグアに位置するネオクラシカル様式の大聖堂。
残念ながら1973年12月23日の地震で被災し、今日に至るまで再建はされていない状態です。

続きを読む

旧マナグア大聖堂がある旧市街から南に3kmほど離れた場所にある新市街に、1993年メトロポリタン大聖堂が建てられました。
白いミニドームが63個も並んだ屋根があり、ユニークな外観はフォトジェニックです♪

その他の観光地

  • マサヤ火山国立公園

ニカラグアの観光地【グラナダエリア】

グラナダの地図

ラ・メルセー教会の写真

ラ・メルセー教会
Iglesia de La Merced

ニカラグアの首都マナグアから車で約1時間のところに位置する古都グラナダ。
街の中心グラナダ中央公園から歩いてすぐのところにラ・メルセ―教会はあります☆

続きを読む

1534年に建てられ、その後1783年に現在のバロック様式に再建されています。
外観からは想像がつかないほど、内部は淡いエメラルドグリーンの天井の色合いや床の模様が美しい教会です!
搭鐘に上ると赤茶色の屋根が広がる街並みを一望できますよ♪

グラナダ大聖堂の写真

グラナダ大聖堂
Catedral de Granada

ラ・メルセ―教会から歩いてすぐ、グラナダ中央公園の北に建つグラナダ大聖堂。
明るい黄色と白が印象的な建物です♪

続きを読む

16世紀に建てられ、1856年にはニカラグアの大統領にも就任した米国の指揮官ウィリアム・ウォーカー率いるアメリカ人傭兵団の放火などで破壊され、1915年に再建されました。
内部にはパイプオルガンがあり、週末の夕方には大聖堂の中でミサが行われ多くの人が集まります。
夜にはライトアップもされますよ☆

グアダルーペ教会の写真

グアダルーペ教会
Guadalupe Church

ラ・メルセー教会からグラナダ大聖堂を通り、ニカラグア湖のほうへ向かうと、グアダルーペ教会へ辿り着きます♪

続きを読む

1626年に建設された歴史ある教会ですが、1857年米国の指揮官ウィリアム・ウォーカーが最後に立てこもった教会で、ウォーカーはこの教会にも火を放ち、礼拝堂は燃えてしまいました。ファサードは当時のまま残っており、歴史を感じことができる教会です!

その他の観光地

  • オメテペ島
  • コーン諸島
  • アポヨ湖
  • ニカラグア湖

ニカラグアの観光地【レオンエリア】

【レオンエリア】

レオン大聖堂

世界遺産

レオン大聖堂
Basilica Catedral de la Asuncion

1821年にニカラグアはスペインから独立、レオンは中米連邦から独立した1839年から1858年にかけて首都となったニカラグア第2の都市です。

続きを読む

レオン大聖堂は1747年から建設が始まり、完成までには約100年かかりましたが、2011年世界遺産に登録されました。
中米では最大の規模であり、カトリックの教会として現在でも熱心な信者による礼拝が行われています。
レオン大聖堂の前にはレオンの町の由来でもあり、街を象徴する二体のライオン象があり暖かく出迎えてくれます♪

レオン・ビエホ遺跡群の写真

世界遺産

レオン・ビエホ遺跡群
Ruins of León Viejo

レオン・ビエホは「レオン旧市街」という意味で、アメリカ大陸で最も古いスペイン植民都市の一つです。

続きを読む

1524年に建設されましたが、火山の噴火や地震で破壊され、火山灰に埋もれた遺跡は1960年代に再発見されました。
発掘調査が進み、植民地時代の建物などが見つかり、2000年ニカラグア初の世界遺産として登録されました。

ニカラグアのグルメ

ビステクの写真

ビステク
Bistec

ニカラグアと言えばニカラグア牛は欠かせません!
ビステクは中米カリブのスペイン語圏ではとてもポピュラーな薄い牛肉のステーキです。
最初は大きさに驚きますが、柔らかくてジューシーなのでペロリと食べられてしまいますよ♪

ピニャ・コラーダの写真

ピニャ・コラーダ
Piña Colada

カリブ海生まれのピニャコラーダはラム酒とココナッツミルク、裏ごしパイナップルジュースのカクテルです☆
ジュースのように甘くて飲みやすいので注意が必要ですが、トロピカルな雰囲気にぴったりですね!

ビゴロンの写真

ビゴロン
vigorón

グラナダの名物でニカラグアを代表する伝統料理のひとつであるビゴロン☆
バナナの葉の上にユッカ芋、豚肉や豚皮をのせ刻みキャベツをのせたものです。

その他のグルメ

  • ガジョピント(豆ごはん)
  • ナカタマル
  • ビゴロン
  • ケシージョ(チーズ)
  • トレス・レチェス(ケーキ)
  • カヘタ・デ・ココ(お菓子)

ニカラグアの
お土産・ショッピング

織物の写真

織物

マサヤの民芸市場は、ニカラグア中の民芸品が集まり、雑貨や民芸品が好きな人におすすめしたいスポットです!
ランチョンマッや色々な種類のバック、ポーチ、アクセサリーなどカラフルでかわいい織物製品は要チェックです♡

その他のお土産・ショッピング

  • グラナダ中央市場
  • コーヒー豆
  • ラム酒
  • 伝統織物品
  • 葉巻

ニカラグア旅行のベストシーズン

首都マナグア周辺は年間を通して高温多湿の熱帯性気候です。
乾季の11月~4月は湿度が下がるため比較的過ごしやすく観光におすすめです♪

※横にスクロールできます

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(最高) 31 32 33 33 33 31 30 31 30 30 31 30
平均気温(最低) 21 21 22 23 24 23 23 23 23 22 22 21

近隣の人気周遊エリア

アメリカ・中南米

Page Top