業界初!端末さえあれば基本料金無料
国内外どこでも好きな時に使えるお手軽WiFi

ザンビアの国旗

ザンビア旅行で使える!グローバルなWiFiならTrip WiFi

ザンビアの観光地【南部州エリア】

【南部州エリア】

ビクトリアの滝の写真

ビクトリアの滝の写真

世界遺産

ビクトリアの滝
Victoria Falls

北米のナイアガラの滝、南米のイグアスの滝と並ぶ世界三大瀑布のひとつとされています。

続きを読む

滝の水量は時期によって異なり、2月から5月までが増水期、9月から1月が渇水期です。増水期には毎分5億リットルもの水が勢いよく流れ落ちるため、水煙は高さ150mにもおよび前が見えなくなってしまいます。轟音が響き渡り、あまりの迫力から現地では古来から「モシ・オ・トゥニャ(雷鳴の轟く水煙)」と呼ばれています。渇水期は滝壺におりられるほど水が減るので、この2つの時期を外した時期に訪れるのがおすすめです。また、滝の上には、デビルスプールと呼ばれる天然のプールがあり、断崖絶壁のすぐそばまで行けますが、一歩間違えると100m下の滝壺へ落下!ということになるので、勇気のある方はチャレンジしてみてください。

ロウワーザンベジ国立公園の写真

ロウワーザンベジ国立公園の写真

ロウワーザンベジ国立公園の写真

ロウワーザンベジ国立公園
Lower Zambezi National Park

続きを読む

主にゾウをはじめとるする草食系の動物たち、鳥類、ライオン、インパラなどの動物が生息していて、車ではなく川からボートやカヌーで水のサファリを楽しむことができるのも魅力のひとつです。動物の種類は他の公園に比べて少ないものの、ワニやカバ等の動物を間近に見ながら水上散歩を楽しむカヌーサファリを体験できます。また、サンセットクルーズも人気アトラクションの1つで、雄大なザンベジ川に沈む夕日は想像を絶する美しさです♡

リビングストンの写真

リビングストン
Livingstone

ビクトリアの滝とをつなぐ「ロイヤル・リビングストン・エクスプレス」は、ザンビアの雄大な自然の景色と真っ赤な夕日を眺めながら、豪華なディナーを楽しめる92人乗りの蒸気機関車です。

続きを読む

水曜日と土曜日の週2回運行されており、モシ・オ・ツンヤ公園内を走る列車の車窓からは様々な種類の動物を見ることができ、橋の上から見るビクトリアの滝はこの列車の旅のハイライトです!。別名「アフリカのオリエンタルエクスプレス」と言われるほど内装は豪華で、ディナーの味とサービスは5つ星ホテル級と言われています。世界三大瀑布の一つで世界遺産のヴィクトリアの滝を眺めながら、豪華列車でゆったりと過ごされてみてはいかがでしょうか♡

その他の観光地

  • サウスルアングア国立公園
  • リビングストン国立博物館
  • タンガニーカ湖
  • カフエ国立公園
  • カピシャ温泉

ザンビアのグルメ

シマ(Nshima)の写真

シマ
Nshima

ザンビアの主食で、「メイズ」と呼ばれる白とうもろこしの粉を練って作られるおだんご状の固粥です。朝食にはこのシマを水や乳で薄め、砂糖を少し入れて食べます。レストランでシマを注文すると鶏肉や牛肉、焼き魚(川魚)と、つけ合わせとしてキャベツとトマトを煮込んだもの、赤インゲン豆や高菜の一種を煮たものがついてきます。ちなみにザンビアでは女性は、シマが作れないとお嫁にいけない、と言われているそうです!

その他のグルメ

  • ムサール
  • シレンバ
  • ドンガベジ・チキン・カレー

ザンビアの
お土産・ショッピング

ビールの写真

ビール

ザンビアの自国産ビールがモシ(MOSI)です。日本の発泡酒のような軽めの味わいで飲みやすいビールです。ちなみに、「モシ」はヴィクトリアフォールズの別名「モシ・オ・トゥニャ(雷鳴轟く水煙)」が由来と言われており、ビールのパッケージにもヴィクトリアフォールズの絵が描かれています☆

チテンゲの写真

チテンゲの写真

チテンゲ

チテンゲは、ザンビアの女性にとって欠かせない布。巻きスカートにしたり、伝統衣装の生地にしたり、頭にターバンのように巻いたり、色々な使い方ができます。また抱っこ・おんぶひもとしても使われます。卸売店では、用途に合わせた長さでも買うことができますが、チテンゲの基本は幅1m長さ2mで、大きな模様が鮮やかな配色で描かれているものが多く、ザンビアの女性が着用するととても見栄えがします♡

その他のグルメ

  • ムクワの木を使った工芸品
  • コーヒー
  • 民芸品

ザンビアの行事

クオンボカ祭り

西部州の州都モング市で行なわれている祭りで、この地には、今も王制を維持するロジ族が暮らしています。ロジ族の王様が暮らす宮殿(夏の宮殿)は雨季の大雨で水没してしまうため、王様一族は雨季の始まる前に高い場所にある別の宮殿(冬の宮殿)にボートに乗って移動します。この大移動が「クンボカ祭り」として毎年盛大に行われているのです。大規模な祭りなため、ザンビア各地から観光客が押し寄せます。

ザンビアの基本情報

ザンビアの国旗

ザンビア共和国 Republic of Zambia

直行便なし
※ヨーロッパや中東主要都市で乗り継ぎ

約30時間~

ザンビアとの時差は-7時間

首都

ルサカ

最大都市

ルサカ

人口

約1,735万人

通貨

1ザンビア・クワチャ=約5.93円(2020年7月現在)

言語

英語

ザンビアのWiFi事情(フリーWiFiなどの設備状況など)

ザンビアでもフリーWiFiスポットは多く設置されるようになってきていますが、快適に利用することが出来るかと言うと、電波が弱い、速度が遅いことが多く、快適に利用することはできないのが現状です。「フリーWiFi」という表記のある場所でも実際には接続することができなかったり、速度が遅すぎて使い物にならないということもよくあります。ホテルではWiFi設置はされていますが、無料ではなく有料である場合もあります。ビジネスで訪れる方、常にインターネット環境が必要な方は、日本からのWiFiレンタルをおすすめします!

ザンビアでのWiFi利用料金

 TripWiFi有名WIFIレンタル会社B社国内有名キャリアA社
料金・日数 1GB 1,200円/7日間 400MB 1,580円/1日×7日間 約24.4MB 1,980円/1日×7日間
合計 1,200円 11,060円 13,860円

ザンビア旅行のベストシーズン

年間平均気温は約20度前後となっており、1年を通して過ごしやすい気候です。11~3月の夏が雨季なので、乾季が始まった頃の4~6月がベストシーズンです!

※横にスクロールできます

ルサカ

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(最高) 26 26 29 26 24 23 23 25 29 30 29 26
平均気温(最低) 17 17 16 16 12 11 9 11 14 19 18 17

リビングストン

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(最高) 30 30 30 30 28 26 26 28 33 34 33 30
平均気温(最低) 19 19 18 15 10 7 6 9 14 18 19 19

Page Top