業界初!端末さえあれば基本料金無料
国内外どこでも好きな時に使えるお手軽WiFi

お役立ちコラム

中国のWiFi事情は?おすすめの海外用ポケットWiFi

公開日:2020/11/16

アジア

世界遺産登録数世界一位を誇る国、「中国」。

日本から比較的近い距離にあり、海外とはいえとても親近感がありますよね。

横浜や神戸には中華街がありますし、最近では中国コスメなども人気を集めています。

また、中国人にとっても日本は観光地として人気があるため、日本の至る所で中国人の方を見かけます。

海外旅行以外にも、ビジネスで中国を訪れるという方もいるでしょう。

そんな魅力的な中国の見どころは沢山ありますが、特に中国の歴史的建造物と近代的な建物が混在しているところが、旅行者を魅了します。

日々進化を遂げる摩天楼が特徴の繁華街、中国の長い歴史が感じられる寺院や庭園が集まるエリアは圧巻です。

中華街などでは味わえない、本格的な繁華街には圧倒されますね。

また、中国と日本の時差は僅か1時間ほどです。

そのため、海外旅行に行き慣れていない方でも問題なく観光を満喫できるでしょう。

飛行機のフライト時間も2時間30分〜3時間30分ほどなので、忙しい方でも気軽に楽しめる人気の旅行先となっています。

そんな魅力的な中国旅行で欠かせないのが、WiFi・インターネット環境です。

フリーWiFiスポットと、場所を選ばないポケットWiFiでは、どちらが便利なのでしょうか?

インターネット利用が欠かせない旅先だからこそ、中国のインターネット事情を事前に確認して最適な通信環境で旅を楽しみましょう。

中国のWiFi事情とフリーWiFi

中国に限らず、海外旅行中は観光地へのルート検索やSNSを使うために、スマートフォンのWIFI接続は必須となります。

そんな中国のインターネット事情については、日本や他のアジアと比較しても通信速度やネットワークカバー率は問題ありません。

2019年末には、第5世代移動通信システムの展開を開始しています。

しかし、中国でインターネットを利用する際には注意してほしいことがあります。

それが、中国独特の「インターネット規制」というものです。

中国では、政府によって検閲(通信内容の監視)が行なわれているのですが、この状況が年々強化されています。

具体的には、

  • Googleサービス(Gmail、Map、検索機能)
  • LINE
  • SNS
  • YouTube

などが規制されるという内容です。

これらに加えて、2017年からはYahoo! 検索もインターネット規制対象に加わりました。

日本では、当たり前のように使用しているサービスだと思うので、完全に利用できなくなってしまうとせっかくの楽しい旅行も台無しですよね。

ただし、完全に利用できないというわけではなく、これらサービスは「VPN」を使用することで、閲覧と利用ができるようになります。

VPN とは何なのか

VPNとは、「Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)」という単語の略称で、「仮想専用線」と訳されます。

第三者による通信内容の閲覧を防ぎ、安全に通信を行なうための技術です。

中国では、インターネットを使った通信内容は国によって検閲(通信内容の監視)されているため、国外のウェブサイトなどの閲覧がブロックされています。

しかし、VPNで仮想のプライベートネットワーク化をすることで、通信内容を保護することができるようになります。

VPNの利用方法は様々で、スマートフォンやタブレットには専用のアプリが存在します。

VPNのアプリには無料のものから、有料サービスのものがありますが、安全性が気になる場合は有料のアプリケーションをダウンロードするほうがいいでしょう。

無料版を使うにしても、有料版を使うにしても、中国・上海へ渡航する前にダウンロードをして、設定を済ませておくことが大切です。

特に、Android端末をご利用の場合は、中国国内からはGoogle Play ストア の接続ができなくなるので注意が必要です。

中国でWiFiを使用する方法!

中国で主要とされるフリーWiFiスポットは、

  • 空港
  • 飲食店
  • ホテル
  • ショッピングセンター

などが挙げられます。

しかし、フリーWIFIスポットは屋内であることが多く、屋外でインターネットを使いたい場合はフリーWIFIに頼ることができません。

道を歩きながら地図を検索することや、誰かと連絡を取りたい時は不便に感じることも多いでしょう。

また、フリーWiFiスポットは、誰でもアクセスできるという点からセキュリティ面にも不安が残ります。

中国で不便なくインターネットを利用するなら、屋内や屋外など、場所を問わずにインターネットに繋ぐことができる「ポケットWiFi」がおすすめです。

自分専用のポケットWiFiですから、個人情報などが盗まれる危険性もなくセキュリティ面も安心です。

接続方法も簡単で、中国に到着したらWiFiの電源を入れてスマートフォンに繋ぐだけです。

ポケットWiFiを1台持っていれば、同時に数台でインターネットを利用することができます。

※WiFi端末によって接続台数の上限が変わります

中国で利用できるWiFiには、「TripWiFi」や「グローバルWiFi」、「イモトのWiFi」をはじめとした沢山のブランドがあります。

中国で利用可能なWiFi比較表

中国で使える海外用ポケットWiFi
TripWiFi イモトのWiFi グローバルWiFi Wi-Ho! JAL ABC チャイナデータ アジアン
データ
ワールド
データ
ブランドキャンペーン・商品情報
宅配送料0円
クラウドSIM搭載
海外マルチキャリア
空港受取手数料0円
宅配送料0円

安心パック割引
オプション充実
大容量プラン実施
早割最大20%OFF
※1ヵ月前の予約
空港受取手数料0円
宅配送料0円

直前申し込みOK!
空港受取手数料0円
宅配送料0円
商品手配手数料0円
レンタル
携帯電話料金10日間
無料キャンペーン実施中。
空港受取手数料0円
宅配送料0円
無料返却パック付

早割10%OFF
※1ヵ月前の予約
空港受取手数料0円
宅配送料0円
無料返却パック付

早割10%OFF
※1ヵ月前の予約
空港受取手数料0円
宅配送料0円
無料返却パック付

早割10%OFF
※1ヵ月前の予約
現地でのWiFi使用料金プラン
1GB:500円 1GB:
1,580円
1GB:
1,570円
1GB:
1,570円
無制限:
1,250円
500MB:
780円
500MB:
880円
500MB:
1,180円
7日間
⇒500円
7日間
⇒11,060円
7日間
⇒10,990円
7日間
⇒8,260円
7日間
⇒8,750円
7日間
⇒5,460円
7日間
⇒6,160円
7日間
⇒8,260円
アジアエリア内での周遊料金
0円/7日

▼周遊可能国
韓国
香港
台湾
インドネシア
ベトナム
マレーシア
1,880円/日 1,980円/日 1,580円/日 1,990円/日
※3Gプランのみ
880円/日
※500MBプランのみ
1,180円/日
※500MBプランのみ
700円/7日

▼周遊可能国
シンガポール
マカオ
タイ
フィリピン
カンボジア
ラオス
1,880円/日
1,980円/日 1,580円/日 1,990円/日
※3Gプランのみ
880円/日
※500MBプランのみ
1,180円/日
※500MBプランのみ
1,000円/7日

▼周遊可能国
ミャンマー
パキスタン
スリランカ
カザフスタン
イスラエル
バーレーン
サウジアラビア
1,880円/日 1,980円/日 1,580円/日 1,990円/日
※3Gプランのみ
880円/日
※500MBプランのみ
1,180円/日
※500MBプランのみ
1,400円/7日

▼周遊可能国
インド
アラブ首長国連邦
カタール
ヨルダン
バングラデシュ
モンゴル
ネパール
1,880円/日
1,980円/日 1,580円/日 1,990円/日
※3Gプランのみ
880円/日
※500MBプランのみ
1,180円/日
※500MBプランのみ
WiFiの受取方法と申込期限
自宅宅配 自宅宅配 自宅宅配 自宅宅配 自宅宅配 自宅宅配 自宅宅配 自宅宅配
成田空港
【申込期限】
出発前日16時
成田空港
【申込期限】
出発前日15時
成田空港
【申込期限】
出発前日正午
成田空港
【申込期限】
出発前日18時
成田空港
【申込期限】
出発前日16時
成田空港
【申込期限】
出発前日16時
成田空港
【申込期限】
出発前日16時
羽田空港
【申込期限】
出発前日16時
羽田空港
【申込期限】
出発前日15時
羽田空港
【申込期限】
出発前日正午
羽田空港
【申込期限】
出発前日18時
羽田空港
【申込期限】
出発前日16時
羽田空港
【申込期限】
出発前日16時
羽田空港
【申込期限】
出発前日16時
関西国際空港
【申込期限】
出発2日前16時
関西国際空港
【申込期限】
出発前日
AM6時
関西国際空港
【申込期限】
出発2日前正午
関西国際空港
【申込期限】
出発2日前18時
関西国際空港
【申込期限】
出発3日前14時
関西国際空港
【申込期限】
出発3日前14時
関西国際空港
【申込期限】
出発3日前14時
中部国際空港
【申込期限】
出発2日前16時
中部国際空港
【申込期限】
出発2日前15時
中部国際空港
【申込期限】
出発2日前正午
中部国際空港
【申込期限】
出発3日前14時
中部国際空港
【申込期限】
出発3日前14時
中部国際空港
【申込期限】
出発3日前14時
伊丹空港
【申込期限】
出発2日前15時
福岡空港
【申込期限】
出発3日前16時
福岡空港
【申込期限】
出発2日前15時
福岡空港
【申込期限】
出発3日前正午
新千歳空港
【申込期限】
出発3日前16時
新千歳空港
【申込期限】
出発3日前15時
新千歳空港
【申込期限】
出発3日前正午
WiFiの受取・返却手数料
受取料金
宅配:0円
※レンタルではなく端末を購入して利用するため宅配のみで空港取扱はありません。
空港:0円
宅配:0円
空港:0円
宅配:0円
空港:0円
宅配:0円
空港:0円
宅配:要確認
※宅配受取の場合は、当日からレンタル料が発生します。
空港:0円
宅配:0円
※羽田空港での受け取りの場合、別途500円の費用がかかります。
空港:0円
宅配:0円
※羽田空港での受け取りの場合、別途500円の費用がかかります。
空港:0円
宅配:0円
※羽田空港での受け取りの場合、別途500円の費用がかかります。
返却料金
※レンタルではなく端末を購入して利用するため返却などの手続きは必要ありません。 空港:0円
宅配:実費
空港:0円
宅配:実費
空港:0円
宅配:実費
空港:0円
宅配:対応無
空港:対応無
宅配:0円
空港:対応無
宅配:0円
空港:対応無
宅配:0円
付属品・WiFiオプション
【付属品】
Type C充電用ケーブルPIN
※充電器の付属がないため、USB電源アダプターを用意する
必要あり。
【予備バッテリー】
エネループ
220円/日

エネスマート275円/日

エネハイパー396円/日
【予備バッテリー】
モバイル充電器
220円〜/日

ACコンセント付超大容量
550円/日
【予備バッテリー】
通常:
220円/日

薄型:
275円/日
大容量:330円/日
【予備バッテリー】
213円/日
【予備バッテリー】
100円/日
【予備バッテリー】
100円/日
【予備バッテリー】
100円/日
WiFi補償制度
1年保証付き
※修理・交換無料
安心補償ベーシック
200円/日
※弁償率:50%
安心補償ベーシック
200円/日
※弁償率:50%
安心補償ベーシック
200円/日
※弁償率:50%
安心パック
220円/日
※弁償率80%
安心補償ミニ
220円/日
※弁償率80%
安心補償
210円/日
※弁償率70%
補償ゴールド
200円/日
※弁償率:50%
補償ゴールド
200円/日
※弁償率:50%
補償ゴールド
200円/日
※弁償率:50%
安心パックフル330円/日
※弁償率:100%
※一部オプションは補償対象外。
安心補償フル
330円/日
※弁償率:100%
※一部オプションは補償対象外。
安心保証
330円/日
※弁償率:100%
※一部オプションは補償対象外。
安心パック+
550円/日
※弁償率:100%
安心補償MAX
550円/日
※弁償率:100%
保証プレミアム550円/日
※弁償率:100%
補償プレミアム500円/日
※弁償率:100%
補償プレミアム500円/日
※弁償率:100%
補償プレミアム500円/日
※弁償率:100%
WiFiサポート・トラブル連絡先
▼電話問合せ050-5358-5834

▼ 受付時間
平日:
10時~18時

休日:
10時~18時
▼電話問合せ0120-800-540

▼ 受付時間
平日:
9時~20時

休日:
10時~19時
▼電話問合せ0120-510-670

▼ 受付時間
365日24時間
▼電話問合せ0120-388-212

▼ 受付時間
平日:
9時~18時
※土日祝休み
▼電話問合せ03-3545-1143

▼ 受付時間
平日:
10時~18時

休日:
10時~17時
▼電話問合せ03-3265-1058

▼受付時間
平日:
11時~17時

休日:
11時~16時
▼電話問合せ03-3265-1058

▼受付時間
平日:
11時~17時

休日:
11時~16時
▼電話問合せ03-3265-1058

▼受付時間
平日:
11時~17時

休日:
11時~16時
▼メール問合せ
info@tripwifi.jp
▼メール問合せ
info@imotonowifi.jp
▼メール問合せ
contact@wi-ho.net
▼メール問合せ
info@globalmobile.co.jp
▼メール問合せ
info@globalmobile.co.jp
▼メール問合せ
info@globalmobile.co.jp
▼LINE ID
@global_wifi

▼Skype ID
@vm-info
▼渡航先からの問合せ
+81-50-5358-5834
▼渡航先からの問合せ
+81-3-5766-2721
▼渡航先からの問合せ
+81-50-5840-9686
▼渡航先からの問合せ
+81-3-3239-2233
▼渡航先からの問合せ
+81-3-3545-1143
▼渡航先からの問合せ
+81-3-3265-1058
▼渡航先からの問合せ
+81-3-3265-1058
▼渡航先からの問合せ
+81-3-3265-1058
WiFiレンタル・購入の決済方法
AmazonPay
コンビニ後払い
コンビニ後払い
請求書支払い
楽天Pay
AmazonPay
コンビニ後払い
現金
電子マネー
AmazonPay
請求書支払い
AmazonPay
請求書支払い
AmazonPay
請求書支払い
ViSA
Mastercard
JCB
American
Express
DinersClub
ViSA
Mastercard
JCB
American
Express
DinersClub
ViSA
Mastercard
JCB
American
Express
DinersClub
ViSA
Mastercard
JCB
American
Express
DinersClub
ViSA
Mastercard
JCB
American
Express
DinersClub
ViSA
Mastercard
JCB
American
Express
DinersClub
ViSA
Mastercard
JCB
American
Express
DinersClub
ViSA
Mastercard
JCB
American
Express
DinersClub

中国用WiFiの選び方とプラン

中国で快適なインターネット利用を望む場合は、上記でご紹介したような海外用のポケットWiFiを持参することがおすすめです。

ポケットWiFiには、レンタルする場合と端末を購入する場合がありますが、レンタル WiFiの場合は手続きが多いだけではなく、規約なども発生します。

キャンセルの際に発生する「キャンセルチャージ」や、ルーターの受け取りの際に発生する「デポジット」が規約として挙げられます。

そこで、ポケットWiFiの中でも特におすすめなのが「クラウドSIM搭載」のポケットWiFiです。

今話題になっているWiFiサービスで、なんとSIMカードが不要で全世界100カ国以上で使用することができます。

クラウドSIM搭載のポケットWiFiを購入する必要がありますが、現地に到着したら電源を入れるだけでインターネットに接続することができます。

中国から帰ってきた後でも、国内や別の海外旅行先でも利用することができます。

旅行へ行くたびに手続きをする必要もないですし、レンタル代やキャンセルチャージが発生することもありません。

比較表でも記載していますが、レンタルWiFiよりも低価格で利用することができるのも魅力の一つ。

最初こそ端末代はかかってしまいますが、長期的な利便性やコストパフォーマンスを考えれば、素晴らしい製品ではないでしょうか。

Trip WiFiの申込みと利用手順

Trip WiFiは、事前に端末を購入する必要があります。

端末を19,580円でご購入後に、利用したいエリアでGBを購入します。

クラウドSIM搭載のポケットWiFiでもあるため、イモトのWiFiやグローバルWiFiなどのレンタルWiFiよりも手順が少なく、データプランの詳細もわかりやすいのが特徴です。

▼STEP1:Trip WiFiのお申込み

旅行日程が決まったら、公式サイトへアクセスしお申込みを完了させてください。

各項目に従って必要情報を入力するだけなので、そこまで手間はかからないでしょう。

お支払方法は、クレジットカード決済のみとなっています。

取扱いカードは比較表にも記載させていただいておりますが、「VISA」「Mastercard」「JCB」「AmericanExpress」「DinersClub」となっています。

▼STEP2:宅配で端末を受け取り

TripWiFiは、レンタルではなく端末を購入して利用するWiFiです。

そのため、空港などでの受け取りは行なっておりません。

ご自宅や、指定した場所へTrip WiFiをお届けいたします。

全国の配達手数料は無料、当日15時までのご注文で当日発送をしています。

しかし、trip WiFiに限ったことではありませんが、宅配業者側で遅れが生じる可能性もあります。

遅くても翌日配送を行なうことが殆どですが、出発日までには余裕をもった注文を行なうことをおすすめいたします。

▼STEP3:アプリのインストール

  1. TripWiFiを箱から出す

  1. TripWiFiの電源を入れてください。

   (電源ボタン3秒間長押し)

※電源が入ってすぐの動作が遅い場合があります。最大10分程度かかります。

  1. アプリのダウンロード
  1. Trip WiFiのホーム画面にあるQRコードをスマートフォンでスキャンして「Trip WiFiアプリ」をダウンロードしてください。

※QRコードをスキャンしてもアプリがダウンロードできない場合は、アプリストア「TripWiFiアプリ」を検索してダウンロードしてください。

  1. アプリを開いて「携帯電話番号」または「メールアドレス」を登録してください。
  2. 携帯電話で登録した場合は、SMSに届く認証番号を入力してください。

メールアドレスで登録した場合は、メールアドレスに届くリンクをクリックして、アカウントをアクティベートしてください。

※リンクや認証コードのメッセージが届かない場合
メールアドレスで登録する場合、まずメールの受信トレイや削除済みアイテムなどにメールが届いていないか、またメールボックスの利用可能容量を超えていないかどうかをご確認ください。
携帯電話のSMSで登録する場合、迷惑メッセージを受信しない機能が設定されていないかどうか、またスマートフォンにて、海外ローミングサービス中の場合はSMSを受信できる環境になっているかどうかをご確認ください。

  1. スマホにTrip WiFiを登録する
  1. TripWiFiアプリにログインして「TripWiFiを登録する」をクリックしてください。
  2. 液晶画面にあるQRコードを、スマートフォンでスキャンすると登録完了です。

※注意
Trip WiFiを2台以上お持ちの場合、同一のTrip WiFiアカウントを設定することはできません。
(1アカウントでの利用は1台まで)
Trip WiFiを切り替える場合は、まず使用中のTrip WiFiからアカウントを削除し、切り替えたいTrip WiFiでアカウントにログインし直してください。
切り替え後には、Trip WiFiの再起動が必要です。
複数のTrip WiFiを同時に使用する場合は、それぞれに対応しているアカウントで別々にログインする必要があります。

  1. Trip WiFiを再起動
  1. 初回のみ、ペアリングした後はTrip WiFiを再起動する必要があります。

電源ボタンを3秒長押しして、再起動を行なってください。

  1. WiFiへの接続

  1. TripWiFiの電源を入れます。

スマートフォンのWiFi設定をオンにして「TripWiFi×××」を選択し、パスワードを入力するとインターネットに接続できます。

※パスワードは端末の液晶画面に表示されています。

▼STEP4:エリアを選択して利用

TripWiFiのアプリのトップページから、下にスクロールしていくと「海外プラン」という項目があります。

こちらの項目から、中国エリアを選択しましょう。

Trip WiFi 利用料金

中国では、「1GB500円」でWiFiを利用することができます。

チャージしたGBを使い切ってしまった場合も、自動的に課金されることはありません。

追加したい場合も、簡単にアプリから追加していただけます。

また、一ヵ国だけではなく他の国も周遊する際、同じエリア内であれば追加料金はかかりません。

※細かいエリア料金については、こちらからご覧ください

プラン購入後は、中国で電源を入れるだけでインターネットが利用できます。

すべて日本にいる間に設定が完了するので、中国に到着した後に面倒な手続きが発生することはありません。

Trip WiFiのご利用方法を動画でも説明しておりますので、さらに細かく詳細を知りたい方はこちらからご視聴ください。

Trip WiFi の Q&A

Q

VPN接続は可能ですか?

A

可能でございます。中国本土でご利用されるプランはすべてVPN接続が初期設定されております。

Q

中国で利用できるエリアはどこですか?

A

中国に属する島や標高が高い山以外であればご利用が可能です。詳しくは利用料金ページをご覧ください。

Q

中国で利用する為にはいつまでに入金が必要ですか?

A

アプリから前払で事前にチャージしていただく必要がございます。詳しくはデータ購入画面でご確認ください。

Q

初めて中国で利用する際、事前申請や設定は必要ですか?

A

事前申請や設定は必要ございません。プラン購入後、現地で電源を入れるだけでご利用いただけます。

Q

別途購入したSIMを利用することはできますか?

A

SIMカードスロットから SIMカードを挿入し、選択すればご利用いただけます。(Nano-SIMのみ)

Q

中国でWiFiに関するトラブルが発生した場合はどうしたらいいですか?

A

日本語対応のカスタマーセンターにてサポートをさせていただきます。詳しくは、アプリ内の会社概要をご覧ください。

1GBで出来ること

YouTube

500分(8時間20分)の視聴が可能

Yahoo(トップページ)

4,339回の閲覧が可能

Gmail(文字のみ)

204,800通の送信が可能

Gmail(500万画素撮影の画像添付)

341通の送信が可能

Google Map

約1399回の閲覧が可能

LINE(文字送信のみ)

約50万回の送信が可能

音声通話

55時間30分の通話が可能

※上記はあくまでも目安です

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • 上海
  • 大連
  • 武陵源
  • 大足石刻
  • 万里の長城
  • 天安門(北京)
  • 故宮(北京)
  • 頤和園(北京)
  • 拙政園(蘇州)
  • 武侯祠(成都)

など、魅力的な観光スポットで溢れている「中国」。

そんな中国では、日本にいる時と同じように何不自由なく過ごしたいですよね。

海外WiFiと一言に言っても沢山のブランドがあり、人によってインターネットの利用方法も変わります。

貴方に合ったインターネット利用方法、中国で快適に過ごすために必要なWiFiはわかりましたでしょうか?

今記事でご紹介した、中国のWiFi事情や、おすすめのポケットWiFiが、最適なポケットWiFiを選ぶ手助けとなっていれば幸いです。

アジア周辺WiFi利用人気国

スタッフおすすめエリア

お役立ちコラム TOP

お役立ちコラム

Page Top