業界初!端末さえあれば基本料金無料
国内外どこでも好きな時に使えるお手軽WiFi

お役立ちコラム

【業界最安値】最も安いポケットWiFiを徹底解説!

公開日:2020/11/15

ポケットWiFi

スマートフォンだけではなく、パソコンやタブレットなどのインターネット機器を使う人が増え、さらにはSNSなどの普及によりWiFiの存在はとても大きくなりました。

ビジネスの場面だけではなく、日常生活の連絡手段や情報集めに娯楽など、どんな場面でもインターネットは欠かすことができません。

さて、そんなインターネットを利用するためには、WiFi環境を手に入れることが必須の条件となります。

WiFi環境を手に入れるための手段として、固定回線とポケットWiFiの利用が挙げられます。

最近では、工事も不要で手軽にインターネットへ繋ぐことのできるポケットWiFiが人気を集めています。

しかし、一口にポケットWiFiといっても、色々な製品がありすぎて、いまいちどの製品が良いかわからないと感じている方も多いでしょう。

海外で利用するのか、国内で利用するのかなど、使用頻度や使用目的によっておすすめの製品も変わります。

一見安いように思えるものでも、長期的な利用を考えればコストパフォーマンスに不満を覚えることも。

そのため、ポケットWiFiを選ぶ際は、ライフスタイルを再考し、なおかつポケットWiFiという製品を理解したうえで選択する必要があります。

そこで今回は、知っているようで知らないポケットWiFiについてご説明させていただいた後、今記事おすすめの最も安いポケットWiFiをご紹介させていただきます!

ポケットWiFiとは?固定回線との違い

普段から、インターネットやスマートフォンを利用している方であれば、「ポケットWiFi」という言葉自体は耳にしたことがあるかと思います。

ですが、ポケットWiFiという製品に対し、しっかりとした理解や知識を持っている方は少ないのではないでしょうか?

中には、「よくわかっていないけど、今更ポケットWiFiが何なのかなんて人に聞けない」と思っている方がいらっしゃるかもしれません。

そこで、最も安いポケットWiFiをご紹介する前に、予備知識として「ポケットWiFi」という製品についてご説明させていただきます。

ポケットWiFiとはどんな製品?

ポケットWiFiとは、端末を持ち運ぶことで、どこでも自由にインターネットを楽しむことができる通信端末のことを指します。

ちなみに、「ポケットWiFi」はワイモバイル株式会社の登録商標です。

そのため、一般名として「モバイルWiFiルーター」と呼ぶほうが適切ではありますが、通称・俗称としての「ポケットWiFi」は半ば通名詞化しつつあります。

上記内容から、この記事では「ポケットWiFi」と文言を統一してご説明させていただきます。

ポケットWiFiは、一般的に通信キャリア(au・docomo・softbankなど)が提供するデータ通信サービスを中継し、スマートフォン、タブレット型端末、ノートPCといったモバイル機器をインターネットに接続します。

モバイル端末を、屋内や出先などの場所を関係なく通信可能とし、複数の機器を同時にネットワークに接続することも可能です。

※最大接続台数は、ポケットWiFiの製品によって異なります

ポケットWiFiと固定回線の違い

ポケットWiFiと一般的な固定回線との違いについて、下図でご説明していきます。

ポケットWiFi 固定回線
快適度 利用場所 エリア内なら
どこでも利用可
自宅のみ
回線速度 速い 非常に速い
速度制限 使いすぎると有り なし 
料金 月額費用 約3,000円~約4,000円 約6000円
初期費用 事務手数料 工事費用+事務手数料
手続き 回線工事 不要 ほとんどの場合必要
設定手順 簡単  難しい
(モデム/ルーター/プロバイダ)
利用開始期間 即日 数週間
利用設備 不要 必要
(モデム/ルーター/LANケーブル)

上記表から得られる、ポケットWiFiの魅力は以下の3つです。

  • 利用時の快適さ
  • 使用料金が安い
  • 利用手続きが楽

それぞれ、細かく見ていきましょう。

利便性が高い

固定回線は、回線を引いている自宅のみでしかWiFiを利用することができません。

ですが、ポケットWiFiであれば、持ち運ぶことで外出先でも場所を選ぶことなくインターネットへ接続することが可能になります。

インターネット検索や連絡ツール、SNS利用など、一般的な利用であれば、通信速度も申し分ありません。

端末の大きさや重さもスマートフォンと変わらないものが多く、持ち物の邪魔にもなりにくいでしょう。

フリーWiFiが整っていない場所や、電波の繋がりにくい場所でも活躍してくれます。

各費用が安い

インターネット開通の際には、工事費用が必ずかかります。

また、工事費用だけではなく、自宅で工事の立ち会いを行なわなければならないといった手間もかかります。

一方、ポケットWiFiであれば、手元に届いた後簡単な設定を行なうだけでインターネットへ接続することができるので、工事費用も工事の立ち合いも必要ありません。

事務手数料という初期費用がかかる場合が大半ですが、それでも固定回線に比べればかなり安い費用で抑えられます。

また、ポケットWiFiの受け取り日や時間も指定することができるので、ライフスタイルに合わせてインターネットが開通できるというのも嬉しいポイントですよね。

月額使用料金も、固定回線と比べればかなり安い金額で利用することが可能です。

手続きが早い

  1. 工事依頼
  2. 日程確保
  3. 回線工事
  4. 利用設定

固定回線であれば、上記の工程が必須となります。

そのため、インターネット申し込みからWiFiが利用できるまでには数週間が必要になると考えておきましょう。

しかし、ポケットWiFiであれば、工事が不要なので端末が手元に届いたらすぐにインターネットを利用することができます。

ポケットWiFiのレンタル先や購入先によっては、即日発送を行なっている会社もあるので、申し込み先によっては翌日にはWiFiへ繋ぐことが可能です。

ポケットWiFiの設定に関しても、3分ほどあれば終了する簡単な設定がほとんどなので、インターネットに詳しくない方でも安心して設定していただけます。

ポケットWiFiのメリットとデメリット

ポケットWiFiとはどんな製品で、固定回線とはどう違うのかはご理解できたでしょうか?

次に、ポケットWiFiのメリットデメリットをご紹介いたします。

固定回線と見比べた際、どのようなメリットとデメリットが浮かんでくるのでしょうか。

インターネット利用時の快適度

メリット デメリット

・ 家でも外でもインターネットが使用可能
・ 一般的な利用であれば速度も申し分ない


・ 使いすぎると通信制限がかかる
・ 固定通信より回線が安定しない

インターネット利用時の快適さという点から、ポケットWiFiと固定回線を比較したメリットとデメリットを書き出してみました。

ポケットWiFiは固定回線と違って、外出先でもインターネットを使用することが可能です。

ビジネスでPCを持ち歩く方や出張が多いという方であれば、出張先や宿泊先のホテルに固定回線がない場合でも利用できるという点は大きなメリットですよね。

また、契約するポケットWiFiによっては、新幹線の中や地下街、地下鉄の中でも使えるようになっています。

インターネット検索や連絡ツール、SNS利用など、一般的な利用であれば、外出先での速度も申し分ありません。

しかし、デメリットとして挙げているように、回線環境は固定回線のほうが安定しています。

また、回線速度も固定回線のほうがさらに早い場合が多いです。

オンラインゲームなど、安定して高速通信ができないとラグが出てしまうものを使うというのであれば固定回線が最適でしょう。

しかし、前述しているように、一般的な利用であれば固定回線レベルの速度は必要ありません。

次に、通信制限といったデメリットですが、ポケットWiFiを提供している会社によってその条件は異なります。

通信制限には大きく「短期速度制限※1「月間制限※2の2つがあります。

※1 短期速度制限

⇒ 3日で◯◯GBなど、各社によって決まっているデータ容量を超えたときの制限のこと。

※2 月間速度制限

⇒ 契約時に決めた月間データ容量を超えてしまったときの制限のこと。

どちらも、128kbpsというほぼ使い物にならないレベルの速度制限を受けてしまいます。

どちらの速度制限制度を適用しているのか、契約前に確認しておきましょう。

事務手数料や固定費などの料金

メリット デメリット
・ 月額料金が安い
・ 工事費用がかからない

30GBや50GBの大容量プランでは、
固定回線より料金が高くなる場合もある

一般的な固定回線を利用するには、ケーブルを自宅へと引き込まないといけないので、工事費用が発生します。

サービスにもよりますが、だいたい20,000円〜40,000円程度の工事費がかかり、一括で支払うか2~3年かけて分割で支払っていくことになります。

しかし、ポケットWiFiであれば、事務手数料のみで工事などは不要で簡単な端末の設定のみでインターネットを使用することができます。

また、月額料金についても、大容量プランなどを選ばない限りは、3,000円~4,000円で利用できるでしょう。

毎月6,000円ほどかかる固定回線よりも、安い金額でWiFiを利用することが可能です。

しかし、デメリットでも挙げているように、毎月30GBや50GBを使用するとなると、大体6,000円前後だといわれている固定回線よりも料金が高くなってしまう場合があります。

普段の通信容量を把握したうえで、ポケットWiFiにするのか固定回線にするのかを選ばなければなりません。

インターネット利用までの手順

メリット デメリット
・ 回線工事が不要で即日利用可能
・ インターネット利用設定が簡単
・ 利用する際の配線や設備が不要
なし

ポケットWiFiと固定回線を比較した際の、利用開始までの手順についてのデメリットはないといえるでしょう。

ポケットWiFiは、スマートフォンとほぼ同じサイズの端末一台だけなので、工事をしなくても手元に届いたその日にインターネットが使えるようになります。

また、設定も非常に簡単で、簡易の説明書を読めば誰でもすぐに設定することが可能です。

ポケットWiFiのレンタル先や購入先によっては、即日発送を行なっているため、そうした会社にポケットWiFiを申し込めば、すぐにポケットWiFiを利用することができるでしょう。

また、配線や設備が不要という点も、ポケットWiFiを選ぶうえで大切なポイントです。

ポケットWiFiは、無線でインターネットに繋ぐことができるため、配線がなく家の中もスッキリします。

配線や設備の周りは埃やゴミも溜まりやすく掃除のときも大変ですから、手間が省けるという点も加味すればとても大きなメリットになるのではないでしょうか?

最も安いポケットWiFiはどこの製品か

ここまで読んでいただければ、ポケットWiFiという製品について、そして固定回線との違いを知っていただけたかと思います。

固定回線よりもポケットWiFiのほうが利便性も高く、購入を検討したいと思う方も増えたかもしれませんね。

しかし、一口にポケットWiFiといっても、レンタルで利用するのか端末を購入するのかによって金額の見方が変わってきます。

一般的にはレンタルで利用される方が多いかと思いますが、人によっては端末を購入するほうが安い金額でWiFiを利用できる場合もあるでしょう。

その点もふまえ、ポケットWiFiを提供している主要な各社の料金をそれぞれご紹介していきます。

ポケットWiFi提供の主要会社

現在、ポケットWiFiサービスを提供している主要会社は以下の5社です。

  • docomo
  • au
  • SoftBank
  • Y!mobile
  • UQ WiMAX

ポケットWiFiをレンタルで契約する場合、機種よりもサービス提供会社で選ぶことが大切です。

なぜなら、サービス提供会社によって「速度制限」や「料金設定」など、サービス内容に大きな差が出てしまうからです。

それでは、各社の月額料金や月間通信量を見ていきましょう。

通信会社 月額料金 月間通信量
docomo 6,980円 60GB
5,980円 7GB
au 4,880円 無制限
Softbank 7,480円 50GB
Y!mobile 4,380円 無制限
3,696円 7GB
UQ WiMAX 3,880円 無制限

上記表の中だと、無制限で月額3,880円で利用できるUQ WiMAXが一番魅力的にみえるかと思います。

しかし、無制限はとても魅力的に見えますが、実際に使用するGB数は実際に使用するGB数は7GB程度だといわれています。

※引用元:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/(総務省情報通信統計 2020年3月分)

そして、ポケットWiFiのレンタルで大切なのは月額料金だけではありません。

一番の落とし穴が、契約期間の縛りや解約料金です。

ご紹介している主要会社でポケットWiFiを契約すると、契約期間のなかで端末代の支払い+GBプラン料金を支払うことになります。

申し出がない場合は自動で契約が更新されたり、契約解約月以外では解約料金がかかったりすることがあります。

では、主要会社の月間契約期間と、契約期間中の解約料金をみてみましょう。

通信会社 契約期間 解約料金
docomo 2年 9,500円
Softbank 2年 9,500円
Softbank 2年 10,000円
Y!mobile 3年 9,500円~
UQ WiMAX 3年 9,000円~

auのポケットWiFiはレンタルではなく購入するものなので、解約時に返却する必要はありません。

また、Y!mobileやWiMAXは、プランによっては解約料金がさらに高額になります。

ポケットWiFiを契約する際に行なっているキャンペーンも、途中で解約してしまうとキャンペーンが適用されなくなるため、当初予定していた端末代より割高に感じてしまうこともあるでしょう。

ホームページの料金表では詳細が記載されていないことも多いので、契約する際にはしっかりとプラン内容を確認する必要があります。

レンタルよりも断然安いポケットWiFi

契約縛りがあったり、解約金が高かったりなど、調べれば調べるほど難しいポケットWiFi。

公式ホームページで細かい料金を確認しようにも、詳細が書かれていないことが多いです。

一見わかりやすいように見えても、実は複雑な料金設定になっていることも多いので、知らず知らずの間に損をしてしまうことがあるかもしれません。

現在は、格安SIMの普及もあり、ポケットWiFiを一緒に契約したいと思っている方も多いと思うので、もっとわかりやすいプランがあれば一番いいですよね。

そこで、最も安いポケットWiFiであり、わかりやすい料金プランのポケットWiFiとして紹介させていただきたいのが、「Trip WiFi」です。

基本料金が無料で使えるWiFi

Trip WiFiとは、公式ホームページから端末を19,580円でご購入いただいた後、「使いたい場所」で「使いたい時」に「使いたいGBだけ」をアプリでチャージしてインターネットが利用できる、業界初のポケットWiFiです。

国内利用では、以下の3つのプランからGBを購入していただけます。

  • 1GB:500円
  • 3GB:980円
  • 7GB:1,980円

Trip WiFiを使用しないときは料金がかからないので、レンタルWiFiのように月額固定費や解約料金が発生することはありません。

万が一、チャージしたGBを使い切ってしまった場合も、自動的に課金されることもないので安心して利用することができます。

また、国内だけにとどまらず海外でもマルチキャリアで利用できるのがTrip WiFiの魅力です。

海外旅行や、海外出張に行くたびにレンタルWiFiを契約する手間も省けますし、必要なGBだけ購入できるので無駄なお金をかけなくて済みます。

失敗しないポケットWiFiの選び方とは

ポケットWiFiの選び方として大事なのが、機種よりもサービス提供会社で選ぶことです。

なぜなら、サービス提供会社によって「速度制限」や「料金設定」など、サービス内容に大きな差が出てしまうからです。

保証がついていない提供会社もあるので、万が一端末の故障や不具合が起こったときの対処が大変です。

ポケットWiFiを選ぶ場合は、以下の6つの軸で検討しましょう。

ポケットWiFiで大事な6つ軸

実質速度 実際の速度 各社、最高速度は〇〇Mbpsなどと記載されていが、
実際の速度はどれくらいか?
データ容量 使用容量 月額〇〇GBまでのプランなのか?
無制限プランなのか?
速度制限 速度制限の条件 月間データ容量を超えた場合の速度制限は?
短期間で使いすぎた場合の速度制限は?
月額料金 実際の月額料金 契約できるデータ量に関して料金は安いか?
割引やキャンペーンなどはあるのか?
対応エリア 利用できるエリアの広さ 対応しているエリアはどれくらい広いか?
特定のエリアのみかマルチキャリアか?
契約条件 契約期間 契約期間の縛りがあるのか?
解約した場合の解約金はいくらか?

上記6つの軸をもとに、ポケットWiFiを提供する主要会社とTrip WiFiを比較してみます。

端末 利用料金 通信量 対応エリア 契約期間 解約料金
A社 5,980円 7GB 特定のみ 2年 9,500円
B社 3,696円 7GB 特定のみ 3年 9,500円~
TripWiFi 1,980円 7GB docomo
au
Softbank
Rakuten
なし 0円

こうして比較してみると、大きく異なるのが一目瞭然です。

7GBでの月額料金、対応エリアや契約期間で見てみるとTrip WiFiが群を抜いて魅力的ではありますが、「データ容量の無制限」に惹かれるという人も多い
のではないでしょうか?

月に5GB、7GBなどデータ容量が制限されるプランだと、速度制限がかかってストレスを感じるかもしれない。

といった心配のもと、できれば無制限プランにしたいという方も多いかもしれません。

しかし、総務省が調査したデータでは、平均の月額使用データ量は7GB程度だといわれています。

※引用元:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/(総務省情報通信統計 2020年3月分)

1GBで利用できるサービス内容参考例

毎月、どのくらいのGBを利用しているかを把握している方は多くありません。

なんとなく無制限や大容量プランを選んでいる方も多いと思うので、実際に1GBで何ができるのかを以下でご紹介させていただきます。

ウェブサイト閲覧:3,200回

モバイル版のYahoo!トップページであれば、約3,200回開くことができます。

ここで例に出しているYahoo!トップページは、Googleの検索トップページと違って画像やコンテンツも多く、データ量が多くなっています。

そのため、テキスト中心のサイトであれば、3,200回よりも多くのページ数見ることができるでしょう。

反対に、画像やコンテンツが多いサイトを開く場合はこれよりも少なくなります。

メールの送受信:66,700回

メールを送る際、テキストのみであれば通信にほとんどデータ容量を使いません。

300文字以内であれば、月に約66,700回送受信することができるといわれています。

メールに画像を添付したい場合は、約1,000回の送信で1GBに到達します。

※画像の容量によって多少変動します

LINE:500,000回の送受信

今や連絡ツールとして当たり前になったLINEですが、メールと同様で、テキストのみであれば通信にほとんどデータ容量を使いません。

そのため、画像を大量に送受信したり、長時間の通話を多くしたりしなければ、データ容量を気にしなくても問題ないでしょう。

しかし、画像を送受信すると、画像のデータ容量だけ送受信できる回数が減ってしまいます。

また、LINE通話の場合は、1GBで55時間30分の通話ができます。

YouTube:低画質動画500分

YouTubeに使うデータ容量は、YouTube動画の画質に左右されます。

低画質であれば、約500分動画を視聴できますが、標準画質は約250分と半分になってしまいます。

また、HD画質であれば約100分、フルHDであれば約50分で1GBに到達するでしょう。

Twitter:テキスト数万回〜

Twitterは、タイムラインに動画や画像がどれだけあるかによって、閲覧に必要なデータ容量が変わります。

テキストのみのツイートを投稿するだけであれば、数万回は投稿することが可能です。

他人のツイートを見るときの必要なデータ容量は、どれだけの画像や動画を含むかで変わってきます。

データ使用量を抑えるためにも、設定から動画の自動再生をオフにすることをおすすめします。

ポケットWiFiを使用する際の注意点!

最後に、ポケットWiFiを使用する際の注意点をお伝えいたします。

主に、以下の4つのポイントに注意してポケットWiFiを使用しましょう。

  • 持ち運びについて
  • 通信回線について
  • 対応エリアについて
  • 利用時間、充電時間

注意点①:持ち運びについて

ポケットWiFiは、スマートフォンとほぼ同じサイズの小型端末です。

自宅だけではなく、外出先で使用したい場合は持ち運ぶ必要があります。

コンパクトサイズで軽量ではあるものの、手荷物が増えてしまうという点に注意しておきましょう。

また、持ち運んで使うものなので、置き忘れなどで紛失してしまう可能性もあります。

国内でならまだしも、海外で紛失してしまうと大変なので、十分に注意して利用しましょう。

注意点②:通信回線について

ポケットWiFiで用意する通信回線は、固定回線よりも地域や場所、天候によって不安定になる可能性があります。

なぜなら、WiFiの電波を無線で接続しているからです。

ポケットWiFiで使われる電波は、基地局からの電波を受信する際の距離や、端末との間にある障害物の影響を受けやすくなっています。

そのため、山に囲まれている環境や、郊外で基地局が遠い場合には電波が弱くなり、通信が不安定になりやすいということも頭にいれておきましょう。

注意点③:対応エリアについて

ポケットWiFiを契約、購入したキャリアや製品によって、それぞれ対応しているエリアが異なります。

Trip WiFiは、国内でも海外でもマルチキャリアなので対応エリアの把握は必要ありませんが、その他のポケットWiFiでは対応エリアに差があります。

ポケットWiFiを持ち運びたい場所が、対応エリアなのかを事前に確認しておく必要があります。

確認したエリアが対応していないときは、ポケットWiFiは電波が受信できず接続できません。

注意点④:利用時間と充電時間

ポケットWiFiは、バッテリーを使って駆動しているので充電が必要です。

特に、外出先に持ち運んで利用する際には、一度の充電で利用できる時間はどれくらいなのか、そして充電完了するまでには何時間必要なのかを確認しておきましょう。

大容量のバッテリーを搭載したモデルも多く登場していますが、高速通信を行なうと通常より早く充電を消耗するため注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

月々の料金比較や、大容量や無制限という点のみでポケットWiFiを申し込んでしまうと、実際使用していく際に多くの方は。ギャップを感じることが多いと思います。

そこで今回は、ポケットWiFiとは何なのか、メリットやデメリット、料金比較以外にも注意する点など、ポケットWiFiに関係する情報を沢山お伝えさせていただきました。

情報量が多く、ここまで読むのも大変だったかと思います。

ですが、事前にこれらの情報を知っているのと知っていないのとでは、実際に申し込む際に重視したいポイントや、使用するときのイメージが湧いてこないでしょう。

そして、ポケットWiFiを申し込む際は、月間の通信使用量、料金プラン、利用目的など、自分自身を知ることから始めてください。

自分自身を知ることができれば、あなたにとって最適で、ライフスタイルに合うポケットWiFiが必ず見つかるはずです。

そして、そんな最適なポケットWiFiが、レンタルより安いTrip WiFiでありますように。

お役立ちコラム TOP

Page Top

ご利用の流れ

アプリをインストールしてデータをチャージ。現地に着いたら電源をONにして利用開始!

  • ご購入

    ご購入

    当サイトからWiFi端末を購入。

    WiFi端末を購入する

  • 端末をお届け

    端末をお届け

    ご購入手続き後、
    WiFi端末が到着します。

  • アプリのインストール

    アプリのインストール

    WiFi端末のQRコードから
    専用アプリをインストール。

    AppStore

    GooglePlay

  • チャージしてご利用開始

    チャージしてご利用開始

    アプリで使用する国や容量を
    選択してチャージすれば完了。
    すぐに通信可能です。

基本料無料で世界中で利用可能。
どこでも好きな時に使えるWiFiを今すぐ購入!

Trip WiFi 購入はこちらから 19,580円(税込)

以下のクレジットカード及び決済サービスでご購入いただけます。

  • visa
  • mastercard
  • jcb
  • american express
  • diners club

Contact

お問い合わせ

Trip WiFiについて、まずはお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

チャットでのお問い合わせ

© 2020 GIMMIT, Inc.